--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月31日

GL630の被害状況

六月の初めにスーパーバイアニーニョのデビルウィングさんが水質悪化で餌が食べられなくなるほど元気がなくなり、そこから絶不調となってしまったGL630。
デビルウィングさんは元気になりましたが、今度はロイヤルファロウェラが餌を食べられなくなり、どんどん痩せてしまって二週間ほどで死んでしまいました。


水槽の調子が持ち直したと勘違いして、買ってきてしまったファロウェラも餌を食べるようになったので安心してたんですが、ある日突然死んでいた・・・
前日にはそれはもうモリモリと餌を食べてて、死んじゃうなんて思ってもみませんでしたよ


それからリネロリカリア・ランケオラータの片目がポップアイになっていて。
いつも水槽奥にいる子で、餌の時間は赤虫デリバリー(近くに赤虫を落とすだけ)をしていたので、あんまりじっくり姿が見れず、いつからなっていたのか・・・
さっぱり気がつきませんでした
尾ぐされ症状も出てきてしまったので薬浴に塩浴と試してみたものの力及ばず。
本来はかなり丈夫な魚らしいので発見が早かったら助けてあげられたのかも・・・


それから不死身なんじゃないか!?とも思っていた頑丈なハステータスが、ちょっと体が白っぽくなった・・・?と思ったらあっという間に2匹立て続けに死んでしまいました。


どうやら相当ヤバい状態だったみたいです、この水槽
この6月~7月の約一月半で居なくなった(遺体が発見できなかった)アスピパウキも入れて、なんと6匹も死なせてしまいました


色々いじくったのが悪かったのか、それともやらなかったらもっとヒドいことになっていたのか、結局よく分かってなかったりします
ただ見た目では調子を取り戻したように見えても油断してはいけない!ということは身に滲みましたよ・・・
残ってる子たちも見た目に分かんないだけで実は調子を落としているんじゃないかと結構ビクビクしてます。


特にロリカリアなんて餌の時以外はほとんどジっとしたままだし、元気なのかそうでないのかサッパリわからない
食欲はみんなあるんですけど、ファロウェラもランケも死ぬ前日までガッツリ食べていたので、食欲があるからといって安心もできないのですよね


ちなみにデブデブだったマスクドロリカリアとピットブルプレコはちょっとだけ痩せました。
なぜかというと水質悪化が怖くて餌をちょっと控えているから


相変わらずデビルウィングさんに追いかけられてビュービュー逃げまくっているバイアニーニョ3匹の体力が無くなるのも怖いので完全に餌切りはしてないのですが。
オトは今回の騒動でも全然変わった様子は見えませんでしたねー
ピットブルもケサーピントイも相変わらず威張ってるし、ネグロはコードにへばりついたままちっとも出て来ないし。


あ、ちなみにテトラオーロは相変わらずで毎日仲良くど突き合いをしながら暮らしてます。
少し変わったことといえばプラチナテトラオーロのプラチナ感が一層なくなってきたことぐらいでしょうか!?
ただリボン状のヒレは伸びてきてギラギラだった時より美しくなったような気もします。これは好みの問題でもあるんですけど
あ、そうだ!あとここにはピグちゃんもいましたねー


ハスの数が減って2匹になってしまってから、よく一緒に行動してるのを見る機会が増えました。
今まで遠慮してたんでしょうか・・・?
それともこの水槽が何やらおかしな状態なので不安を紛らわすためにハスと一緒にいるんでしょうかねぇ??
とにかく、もうしばらくは油断しないように要注意観察でいきたいと思います
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。