--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月08日

デビルウィングさん、危機一髪!



話は六月前半までさかのぼります。
五月の終わりに45cmから60cmへサイズアップしたばかりのGL630。
今まで何度となく水槽交換をやってきましたが、やはり交換直後は茶コケがドパっと生えたり多少水槽内のバランスが崩れるものですが、生体に影響がでるほど調子を崩すことはありませんでした。
が、しかし!
今回はサイズアップして一週間ぐらいたってからでしょうかね?
いつも元気に他のバイアニーニョをどつき回ってるデビルウィングさんが突然餌を食べなくなっちゃいまして・・・


水槽の隅っこでボンヤリしてたり、パイプに挟まってジっとしてたり(←死んでると思ったじゃないか!)。
そうかと思ったら、水面近くで鼻上げのような動作ずーっとしていたりして(でも水面に上げてるわけではない)わぁーデビルウィングさんが死んじゃうよー!と、慌てて原因を探ろうと持ってる試薬総動員で水質検査をしてみることに。
でも何か調子悪いなーと思って測っても、どうせ何も出ないんだよなー・・・で、結局原因は分からないんだよねー、なんてことを考えつつアンモニア・亜硝酸・硝酸塩・pHを測ってみたところ!
あらら!亜硝酸が検出されたではありませんかー
トリートメントでプラケとかの小さいとこに押し込めたりすると出ちゃうことはあっても(←余計魚に悪そう)水槽で検出されたことは一度もなかったのに・・・
アンモニアはでませんでしたが、pHは5以下(というかそれより下は測れない)で硝酸塩はモリモリ。
うーん、もしかしたら測る前はもっとひどいことになってたのか???
もともと清流に棲んでるバイアニーニョにとってはかなりキツかったかもしれません。


だってあのイヤシいデビルウィングさんが餌を食べられなくなるなんて!
とはいえ体も大きく頑丈だったおかげが、負担がかからなそうな程度にちょっとずつマメに水換えしてみたらあっという間に餌も食べるようになり、以前のように他の子を追いかけ回したりどついてみたりと、いつもの乱暴でイヤシいデビルウィングさんに戻ってくれてホっとしましたよ。
けど、その間にアスピドラス・パウキラディアータスの最後の一匹が居なくなっちゃいました
餌も食べてたし見た目に変わった様子は無かったんですが、そういえば以前はバイアニーニョを追いかけてよく一緒に泳ぎ回っていたのに居なくなる少し前はやってなかったなー・・・
水質悪化で調子を崩していたのかもしれません。
そしてやっぱり遺体はあがらず・・・・ううっ、悲しいっ


それにしてもハステータスは頑丈ですねー。あんなちっこい体してるのに!
私が最初に飼った熱帯魚はハステータスなんですが、まだ5月だったのにヒーターも入れず、7Lのプラ水槽を窓辺に置いていたので昼夜の寒暖の差はかなりあったんじゃないかと思います。
でも誰一人落ちる事なく何度も産卵してくれて(一匹も育てられなかったけど)。
大きいコリとの混泳でも、いじけることなく餌とりにあまり負けないんですよね。
生息地ではハステータスカラシン(←オーロよりも大きい!)と混棲してるそうですが、カラシン同士の小競り合いってなかなか激しかったりするのに、そんな中でも生活できちゃう細かいことをあまり気にしないハスの性格が、小さくても頑丈な体を育んでいるのでしょうかねー!?


話は反れてしまいましたが、そんなこんなで調子の悪かったGL630ですが、デビルウィングさんも元気になって、亜硝酸も検出されなくなりpHの急降下もなくなったのですっかり落ち着いたかなー?と思ったのですけどね・・・・


またもや別の問題が出て来てしまうのでありました
長くなってしまったので、その話はまた次回にでも!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。