--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月12日

意地悪ケサーピントイ

EJ60にてピットブルを餓死寸前に追いやったスピロソーマと姿がよく似たパラオトシン・ケサーピントイ。


最初はグレーの体色だったのに緑がかってきて、ますますスピロソーマにソックリになってきました。 


というか、大きさ以外違いが全然分からない・・・
姿だけではなく性格が悪いところもソックリです。
ピットブルも同じようなタックル攻撃をするけど、コリタブを与えておけば隣に他の魚がいても大人しく齧っているんですが、ケサーピントイの場合はちょっと齧ったらすぐに他の場所に行って別のコリタブを齧ったり放り投げ(?)たり、それに飽きるとタックルしてきたり・・・


水槽内を縦横無尽に動きまくるので静かに食べたいロリカリアたちにとっては、たまったもんじゃありません
だけどマスクドロリカリアとピットブルは小物のタックルには動じないし、ロイファロやシミリマは案外気が強く体をブンブン振って逆に追い払ったりするので、さほど害はないようなんですが・・・


問題はリネロリカリア組。
小さくて細いので、簡単にすっと飛ばされちゃうんですよ
特にランケオラータは体が黒っぽくて目立つせいか、一番狙われやすくしょっちゅうガラス面に追いやられてます。


2匹とも餌に対する執着心がとても強くて、かなりお腹はふっくらしてきたのでしっかり食べてるようですがストレスが溜まって病気やら拒食になってしまうんじゃないかとちょっとヒヤヒヤです。
大きくなれば多少関係性も変わってくるかもしれないけど、この状態が続くようだとケサーピントイは元祖意地悪オトシン・スピロソーマのいるEJ60送りにしないといけなくなっちゃいます


気の強いもん同士で勝手にケンカするならまだいいけど、2匹がタッグを組んでコリのことをイジメ始めたらって思うと・・・・
恐ろしい~~~


君がでていくと、余計にややこしいことになりそうなので結構ですっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。