--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月07日

プラチナのその後

細長い体をズルズルひきずりながら上目使いで底を這いつくばってる魚ばかりの陰気なアクロ45ですが、そんな水槽に華を添える存在のテトラオーロ。
一見地味なグレーですが、ライトが当たるとキラキラする体と雄は鰭がリボンのように伸びて、とっても美しい魚なのです。
写真がちっとも撮れないので、ブログではほとんど出番がないのですけど


そんなテトラオーロですが、昨年末あたりに調子を崩してあっという間に3匹がお亡くなりになってしまいました
底者たちは何ともないのにテトラばかり被害にあっていたので、テトラにとってよろしくない環境にあったんだとは思うのですが結局原因はわからぬまま、残った子たちは平気そうだったので、改めて5匹お迎えしたのはひと月前のこと・・・
新入りオーロは先住よりも少し小ぶりで、一匹だけいるプラチナテトラオーロと同じぐらいのサイズです。
若干心配のあったアクロでしたが、新旧共に毎日仲間同士で、どつき合いをしながら元気そうにしているので一先ず安心・・・かな?


プラチナテトラオーロといえば昨年8月にマスクドロリカリアと一緒にお迎えしたのですが、約半年たって体のピカピカ具合はどうなったかといいますと・・・
ピカピカ具合は薄くなったような気もするし、元からこんなだったような気もするし・・・ってな具合で実はあんまり、よく分かりません
普通のオーロに比べて体が白っぽいのですが、言われてみればそーかな?ってぐらいの違いって感じです。


真ん中に写ってる白っぽいのがプラチナなんですが、言われなきゃ気がつきませんよね
ハステータスも普通に混じってますが
動画も撮ってみました。プラチナはどこに居るか分かるかなー!?


後半にオトシンネグロさんが映ってますね
いつもは水中ポンプの裏やコード類に貼り付いてるばっかりで、ちっとも出てきやしないのに・・・・
実は映りたがりやなのか!?!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。