--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年01月23日

泳げない皇帝様

コリに無差別攻撃を仕掛けて、背鰭や尾鰭をボロボロにしてしまうため、産卵ボックスに隔離されている皇帝様。


冬になったら小型水槽を立ち上げて一人暮らしをさせようと思っていたのですが、12月に入ったあたりからでしょうか。
変な糞をするようになりまして・・・・
あんまり消化されてないような、見た感じに不健康な糞。
あんまり調子よくないのかもしれないので、元気になるまで(というか見た目は元気だったんですが)水槽の移動は控えることにして、消化の悪そうな赤虫をやめ、エサは冷凍ブラインと人工飼料にしていました。
しかしそれでも糞の調子はあまり変わらず。
そしてそんな折、ついに泳ぐことも出来なくなってしまいました
いつでも産卵ボックスの下にいて、エサはまだかとコチラをジーっと睨んでいます


ピンセットでブラインをあげると、一生懸命ピンセットまでは泳いで上がってくるのですが、口に入れると沈んでいってしまいます。
ここ最近ではどうも目がよく見えなくなってるようで、ピンセットを見失ってしまうような行動が目につくようになりました。
それでも食欲はあるし、コリが産卵ボックスに近づくとガルルーと威嚇したりもしているので全く見えないというより、近くの小さな物にピントが合わなくなってしまった、という感じがするのですよね。
これはそろそろお迎えが来ているのかもしれないなぁ・・・
最期ぐらいは狭い産卵ボックスなんかではなく、広い水槽に放ってあげたいとも思うのですが、立ち上げたばかりの小型水槽では水質に不安があるし、かといって泳げない皇帝様を急水流で底物がウヨウヨしてる、この水槽に放つのもどうかと思いまして


なんとか泳げるぐらいに復活してくれれば多少のことはコリに我慢してもらうことにして、最後ぐらいは広い場所で・・・なんてことも思うんですけどね。
でも、老化現象で泳げないのだとすれば復活は厳しいかなぁ???


ご、ごめん
老魚介護頑張るから皇帝様も頑張って少しでも長生きしてくださいまし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。