--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月19日

ネオンテトラ


45-Pにいる二匹のネオンテトラは昨年9月半ばに開催していたアクアイベントの熱帯魚すくいでもらってきた子です。



イベント会場に行った時に、最初に目につき「へぇ~熱帯魚すくいねぇ…一回500円?ふ~ん…」などと思ってまず会場を見て回ってました。

入り口でもらったチラシにスタンプラリーがあり、ためると何があるとかも読みもせず回るついでにスタンプを押してもらってました。

そして最後の方になってそういえば全部ためるのどうなるのかな?とよく読んでみると熱帯魚すくい1回無料サービスとの文字…。



なので見に行ってみると中にはグッピーやネオンテトラ、プラティやベタなど。
日陰といえどまだ残暑の厳しい暑い中で色んな人がジャボジャボ手を突っ込んで弱ってそうだなぁ、などと思いつつタダに魅かれてやっちゃいました。
すくえても貰わないで帰ろうと最初は思ったんです。

やってみたらこれがちっともすくえない!魚が小さいとポイが破れにくいと思ったんですがとにかく素早くて、紙の上に魚を乗せることすらできぬまま水圧でポイが破れてあっさり終了!

そしたら無料のスタンプラリーに関わらず、小さい熱帯魚(グッピーとか)二匹とベタを一匹好きなのを選んで下さいと言われ…思わず、「じゃ、じゃあネオンテトラを二匹…」と言ってしました。(ベタは大きいのでお断りしました)



まったくもって飼うつもりがなかったネオンテトラ…それもたった二匹。
1cmほどの幼魚でヒレもボロけててすぐにでも死んでしまうんじゃないかと思いましたがその輝かしい青と赤のラインは、ちょっと新鮮で嬉しくもありました。


~我が家にやってきた日~


何せ出身が熱帯魚すくいですから、とりあえずプラケに入れてボロけたヒレから細菌に感染しないよう薬浴を一週間ちょいして様子を見ましたが餌もよく食べるし非常に元気なので45-Pにめでたく合流しました。

現在、その食欲はとどまることを知らず、餌の時間は皆を蹴散らしコリタブをがっつき、それが終わると水流の少ない場所に休みに行くというメタボ街道まっしぐら、一匹はまるでマグロのような体型になり今では45-P一番の巨体に成長しています…


~メタボ体型~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。