--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年09月04日

餓死寸前!?!?

ラムズからコリタブを強奪するピットブルプレコ・・・






ところでピットちゃんが居るこの場所は産卵ボックスの中。
なぜこんなところにいるのかと言いますと・・・

かれこれひと月ぐらい前になりましょうか?
水槽の端っこで、体を斜めにしてガラスにもたれかかったピットブルプレコが目に入りました。
オトは色んな場所で変な格好をしているので「あははっ死んでるみたいな格好しちゃって~」なんて思いながら近づいてよく見てみたら!
なんと、お腹がベッコリへこんでいて、しかも妙に息が荒いではありませんか!?
えええ!?なんで!!?!?いきなりどーしちゃったの!?!?
他の魚には特に異常はないし、一体何起こったのかすぐには分かりませんでした。
しかしよくよく考えてみると、そういえばここ最近みんなが餌を食べていてもピットブルだけはガラスに引っ付いていることが多かったような・・・?


スピロソーマが攻撃してくるとガラスに避難していたので、もしやそのせいでほとんど餌を食べれてなかったのか・・・?
それでも何かしら食べるものは、あっただろうし、ここまでお腹がへっこんでるってことは、拒食状態になっちゃってるのかもしれない・・・
ぐったりしたその姿は、すでに瀕死状態に見え、これはもう絶対にヤバい!もうしばらくしたらピットちゃんは死んじゃうんだー!うわーん!!!と、悲しみにくれておりました。
そして水槽が消灯した後、こっそり布をめくって見てみると、変わり果てた姿のピットちゃんはナナの葉の付け根(?)辺りに挟まっていました。


ああ、やっぱりダメだったんだ・・・何もしてあげられなくてゴメンよ・・・と、思いながら遺体を引き上げるべくピンセットで尾鰭を掴もうとしたのですが、ギリギリでピンセットが届かず。
そこでナナが活着している流木を持ち上げてピットちゃんをピンセットでつまみあげました。
赤虫解凍用の計量カップに遺体を入れて庭に埋葬しようと思ったのですが、片手には流木、もう片手にはピットちゃん。
はて?これでどうやって計量カップに移せばいいのだ??
流木を下ろせばいいのですが下ではコリたちが所狭しと寝ていて、コリに上に流木を落とすのは気がひける・・・(ま、避けるんだろうけど)
ああ、そうか。ピットちゃんを一旦ここに置いておこう!


と、ここまで考えてる間ピンセットに挟まったピットブルは水から外に出ている状態だったんですね(だって遺体だったから・・・
そんでもっていざ蓋受けに置いたら、すべって皇帝の産卵ボックスの中にポチャンと落ちちゃったんです。
そしたら死んでたはずのピットちゃんが、ガラスにペタっとへばりついたではありませんか!?!?
ええええーーーー!?!?い、生きてたのーーー!?!?
てっきり死んでると思って結構水の外に出しちゃってたよっ
だって、ナナの葉に挟まってる時はエラ動いてないように見えたし・・・
あれは死んでるという思い込みがそう見せただけだったのか!?!?
とにかく慌てて空のペットボトルを切って産卵ボックスを仕切り、皇帝側とピットブル側に分けることに。


でもきっともうダメだろうな・・・ピンセットで摘んで水からあげるときもピクリともしなかったし、もう体力がないんだろうな・・・・
しかも水から出して悠長に悩んでいたのが、きっと追い打ちになって明日にはもう死んでる・・・うわーん!!!私が殺しちゃったよー!!!

そして翌日、逆さまになって死んでるピットちゃんの内蔵にラムズが食らいついてるに違いない・・・なんて事を考えながら布をめくってみたら・・・
ちゃんと生きてました
それでもお腹はベッコリだし、元気はなさそうだし、相変わらずヤバそうな気配はしていたのですが、冷凍ブライン(ベビー)は食べたので、一日二回のブライン攻撃で体力を回復してもらう作戦でいくことにしました。
そしたら、みるみるお腹も戻ってコリタブにもガツガツくいつくようになって・・・
二週間ぐらいで元の元気なピットちゃんに戻ってくれました
正直、まさか元気になるとは思わなかった・・・ホントよかったぁ~


多分、餌を食べようとするとスピロソーマに攻撃されてガラスに避難している間にコリたちに全部食べ尽くされてしまい、満足に食べることが出来ず痩せてしまって体力が無くなってる状態だったんじゃないかなー思います。
水槽に発生する何かだけじゃとても栄養素が足りなかったんですね
あのまま気がつかなかったら餓死してたかもしれないと思うとホントにゾっとします。


ただでさえ狭い産卵ボックスを、いつまでも半分に仕切ったままにはさすがに出来ないのですが(皇帝も怖いし・・・)水槽にそのまま放てば、またスピロソーマに虐めらて同じ事の繰り返しになる可能性があるので、アクロに引っ越していただくことにしました。
先住にネグロがいるけど、さすがにネグロに虐められる事はなかろう。
でも逆は怖いなー、体の大きさも全然違うしなー、なんて心配もしたけど今の所トラブルは一切おきてません。
というかネグロの存在に気がついていないのかもしれない・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。