--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月18日

脱走・稚魚ちゃん

稚魚の入ってるトリオの産卵ケースは、水をくみ上げるためにエアストーンが付いているのですが、このごろ水の吸い上げが弱くなってきたのでストーンを漂白剤に浸け置きすることにしました。


なのでその間は買い置きしてあるサテライト(L)から、吸水パイプを借りてきてケース内に水を送ることに・・・


ある日、稚魚ケースをボケっと見てたら一匹の稚魚がケースのすぐ側からピロピロ~っと水槽の底方面に泳いで行くのが目に入りました。
んんん?水槽に元々いた(多分孵化直後に落としちゃった子)かな?と思ったけど、それだったら浮上してくるとこも目に入ってもおかしくないハズ。
原因はすぐに分かりました。
サテライトの部品はサイズが合ってないので、水位が高いときはこの溝が水面ギリギリになっちゃっていたんです


どうやら勢いよく泳いだ拍子に、ここから水槽内に飛び出してしまった子だったようで
今まで、ジっとしてれば餌が降って来る産卵ボックス内と違ってこれからは自分で餌を探しにいかなければならない脱走稚魚ちゃん。
ちゃんと生きていけるのかしら?と随分と心配でした。
この事件(?)から約一週間、水槽掃除できちんと二匹いたので今の所頑張ってるようですが、元々いた水槽にいた稚魚に比べると体が小さいような?
というか最初から水槽にいた子、デカイし背中のデビラインがうっすら出て来てるし、なんか成長早いです
落としてしまった時には、もうダメだ・・・と覚悟した子が元気に育ってくれて嬉しいけど、毎日せっせと餌を与えてお世話してる子の方が成長が遅いというのはなんだか複雑な心境
うーん、水槽内の微生物なんかを食べてる方が栄養バランスがいいのかなぁ
脱走稚魚ちゃんの成長も早くなったらボックスから数匹放流しようかなぁ
産卵ボックスもいい加減なんか狭そうだし


そんなボックス内稚魚ですが、この前ケースを丸洗いするために稚魚をプラケに移して、上から写真を撮ってみました。


数えてみたところ23匹。
この前、26匹いると書いたのですが、その後に3匹死んじゃって1匹脱走したのでケースには22匹のはずなんですが???
ということはやっぱりあの時は数え間違えでほんとは27匹だったのね


その後何度も数えてるんだけど毎回数が違うのですよ
20匹しかいないこともあれば25匹いたりして・・・
やっぱり上から全員を写真に撮らないと正確な数を数えるのは無理みたいです
紅白歌合戦で赤と白の数える野鳥の会の皆さんはすごいなー!


いえ・・・マナー以前に私赤虫食べないんで・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。