--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月09日

ヒラマキガイの成長

稚魚に餌をあげ始めたときに、一匹だけ小さめのヒラマキガイを産卵ボックスの中に入れました。
貝殻の直径が1cm未満の若い貝。
アルテミア100をモリモリ食べてあっという間に大きくなっちゃいました
貝って個体識別が出来ないから、どれくらいのスピードで大きくなってるのかよくわからなかったけど・・・
ボックスにいるのは一匹だけなので、その成長っぷりがよーく分かりました!
ひと月で貝殻の直径は倍ぐらいに
繁殖力も強いけど、成長速度も早いのねー
なるほど・・・水槽のゴキブリと嫌われるわけだ


ところで貝の長ーいウンコを稚魚ちゃんが銜えてガルルーとひきちぎってムシャムシャ食べてるシーンを見てしまった
あ、お食事中の方、ほんとゴメンなさい
貝のウンコってほとんど無機質に近くて、水質の悪化につながることが少ないような話を聞いたことがあるのですが・・・
そんな栄養なさそうなモン喰ってどうするのよ、稚魚ちゃん


乗っかって移動したり、ビックリしたときに隠れたり、ウンコを非常食にしたり・・・
人間には嫌われ者のスネールですが、稚魚ちゃんにとってはなかなかいいヤツみたいです。

おまけ写真

赤虫絨毯にウットリするコンディス先生
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。