--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月21日

孵化までの五日間



回収した卵は水道水を入れたタッパーの中に入れて水槽に洗濯バサミでくくりつけておきました。
オトがタッパーに張り付くかな?と思ったけど全くの無関心で、そのかわりコリがしきりにタッパーを気にしてました




水温が低くなるにつれて、孵化までの時間が長くなるようなので23度設定だったヒーターを24度にしてみる・・・
一日1度あげて26度にしようと思ったんですが、一晩寝たらすっかり忘れてしまい結局24度以上にはしませんでした
エアレーションをした方がいいみたいですが、すでに水心SSPP3は分岐して水作と皇帝のいるサテライトにつないであるし、余ってるポンプもないので孵化するまでにチャームで買えばいいかと一先ずそのままに。
翌日、カビ防止の薬を買おうと思ってショップに行ったのですが売ってなかったので、これもまあそのまんまでいいや・・・
なんか幸先悪いなぁ・・・こんなことでいいのだろうか
しばらくすると白くなった卵にカビが生えて7個ほど撤収。
その後3個ほどカビたので10個いぐらい減りました。


全部無くなっちゃうんじゃないかとドキドキしましたが、無事な卵は真ん中あたりが黒くなって、たまにモソモソ中身が動くので、お腹で熟成されてた(かどうか知らんけど)卵でもちゃんと受精したんだー!と感動。
そしてついに5日目、稚魚が10匹ぐらい産まれてました
26度まで上げてたらもうちょっと早く孵っていたのかな??
その後も続々と産まれて5日目にほとんど孵り、残りも翌日に無事全員孵化。
途中、卵から尾鰭だけでて暴れてるカリメロ状態の稚魚がいたので、もしかしたら孵化の瞬間が見れるかな!?としばらく観察してたのですが、これがなかなか出てこない。
見ててもちっとも孵化しないので他のことをしてきてから、もう一度見に行ったらピクリとも動いてなかったのでもしかして力つきて死んじゃったのかな?と思ったら、さらにもうしばらく後に卵の殻だけ転がってたので無事孵ったみたいでした。
尾鰭が出てからそんなに時間かかるものなのかな?その子だけ?
なんか一時間ぐらいカリメロだった気がするけど・・・
もしかしてちょっと危なかったのかなー?
結局、孵化の瞬間は一回も見る事ができませんでしたが、無事に孵ってくれればそれで十分でございます



そんなわけで約40匹ぐらいの新しい生命が我が家に誕生したのでした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。