--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月04日

水合わせの教訓・・・?

ヘロヘロだったレセックスにビクビクだったザンガマと、ドキドキの導入劇と打って変わって、スーパーエクエスは元気いっぱいでとっても気楽でした。

温度合わせ中

だいたいのコリは緊張して、固まっちゃうことが多いのですがSエクエスたちは早く出たいと言わんばかりに袋の中でもなかなか元気に活発な姿を見せてくれました!
元気いっぱいはいいのですが、なぜか回りをウロつく皇帝。
鰭も開いて、ビニール越しに威嚇でもしてるんでしょうか

そして今度は水合わせ。
プラケの中にタッパーを入れて、タッパーで水合わせします。


タッパーの水がいっぱいになったら、傾けてプラケに水を流すだけ。
万が一コリが一緒に流れちゃってもプラケに入るだけなので困ることはありません。

・・・だったんですが・・・・
水をザバっと流したら、コリがビヨーンとプラケの外側まで跳ねてしまいました
水の外に出た魚って、苦しそうにピチピチ跳ねるイメージだったんですが、コリってフリーズしちゃってピクリともしないんですね
慌ててタッパーに戻して、怪我もなく元気そうなので一安心。
ちなみに水合わせをガン見していた猫ですが、コリが飛び跳ねたときにビックリして逃げていきました気弱すぎっ
でも猫の目の前だったので、もし口に入れちゃったりしたらコリはもちろん猫も危なかったかも~・・・
うちの猫、気が弱くてよかった・・・・
いくらプラケがあるといっても油断してはいけないという、教訓になりました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。