--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月11日

オイアポクエンシス

今さらですが、コリの数も増えてきたところで改めて我が家のコリたちを紹介してみようかなーなんて。
やってきた順ということで、まず第一弾はシマシマ尾鰭がキュートなオイアポクエンシスから・・・


我が家に来たのは一昨年(2008年)の12月末。
そのひと月前にチビコリ水槽(ハステータス等)のヒーター故障で魚全滅という大事件が起こり失意のどん底にあった飼い主を救うべくやってきた(というか自分で買ってきたんだけど)2匹の救世主だったのでありました!
2匹は4cmちょっとで体も小さく、1匹はまだ背鰭の柄が子供っぽかったので若いコリなのだなぁという印象。

-その当時の二匹-

体が大きくなるにつれて背鰭の黒が大きくなるのではないかと・・・(多分)

その頃ラムズがうじゃうじゃいた水槽内にやってきた救世主は、隠れ家もあまりなくて仲間のコリも居らず、しかもリセット後ひと月のあまり水が安定してなさそうな水槽に放りこまれ、終始落ち着かない様子で毎日びゅんびゅん泳ぎまわってました。
なんとか落ち着いたかな?と思えるまでひと月近くかかったような気がします。
我が家にやってきてから、色々ありましたが(寄生虫とかダーターの尾齧りとか引越しとか)一年と三ヶ月半がたち、元気に過ごしてくれていることはほんとうにありがたいことです♪

が、しかーし!元気なのは嬉しいのですが、この子たち・・・ほとんど大きくなってないのですよね
1匹は最近少し胴が伸びてきたかな?って感じもするのですが、もう1匹はまったく大きくなりません。





多分2匹とも雄なので小柄なんだとは思いますが、子供模様の子は明らかに若い子だったし少しは成長すると思ったんだけどなぁ。
よく食べるし、食後はお腹ぽっこり(最近は食後じゃなくても丸い)してるので満足に食べれてないってことはないのですが。
そんなオイヤポたちですが、一番最初に我が家にやってきたわりに飼い主によそよそしいところがあり、少しさびしい・・・


他のコリに比べて、水槽の奥側にいることが多いしさ。
赤虫欲しさにピンセットには寄ってくるんですが、なかなか直接食べてくれないし、ドクターコリにも不参加です。
まあ、そこまでしてくれなくて当たり前って思えばいいんですけどね
一番最初に来た子というのはどうしても特別な思い入れがあるので、もっと慣れてくれてもいーのに、なんてついつい欲張ってしまいます。
オイヤポは崩壊前にいた、先代・先々代もちょっとよそよそしいイメージがあったんですよね。ううう、さみしい・・・
でも可愛いのよね

そんな最近の2匹といえば気が付くとしょっちゅうディフューザーからの水流をよいしょよいしょとのぼっております。
元々、よく2匹して水流のぼりをしていましたが、水槽のサイズアップをしてから一段とのぼるようになりました。


この動画では、先生やアクセルも一緒になってますが、大体はオイヤポ二匹で盛り上がってるパターンが多いです。
流される距離が増えて(?)楽しいんでしょうか???

というわけで新シリーズの我が家のコリ紹介。
次回はお待ちかねの(←?)みんなのアイドルコンディス先生です!お楽しみに~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。