--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年12月12日

どじょう顔

ロクソの1匹は目が上の方についており、バッタのような顔をしていますが、やはり2匹いるデビッドサンジーのうち1匹、雌のデビこちゃんも雄のデビおくんに比べると目が上の方についています。


でも、デビこちゃんの場合はバッタというよりどじょうっぽい顔に見えます。
なんか鼻筋が通ってるというか・・・えーと、馬面???
そういえばいつの間にか10円ハゲは治っておりました(*^^*)よかったネ


ところで私はどじょうが大好きです。
飼ったことはありませんが、これまで何度も熱帯魚屋さんの水槽前で飼おうかどうしようか悩んだことがあります。
ヒドジョウ、スジシマドジョウ、クーリーローチ・・・何に魅かれるって、あの顔なんですよね。
目がクリクリしててとにかく顔がカワイイ
コリとは同じ底者同士で、しかもどじょうは夜行性なのであまり相性がよろしくないかもしれないとずっと我慢しています。


でも、思い返してみれば私は子供の頃、どじょうが大嫌いだったんですよね~
というのも通っていた小学校では夏休みの登校日に「どじょうつかみ」(たしかそんなネーミング)なるイベントがありまして。
教室で先生の話を一時間ぐらい聞いてる間に校庭では消防車が来て水をぶちまけ、さらにそこに大量のどじょうをぶちまけスタンバイをしているわけです。


先生の話が終わるとみんなで校庭にでて裸足になり、炎天下の中どじょうを手掴みで捕まえるという一大イベント。
これがもう、ほんっと嫌でしてねぇ・・・
ただでさえ夏休みに学校へ行くのが億劫なのに裸足になって素手でどじょうを捕まえるのが気持ち悪くて気持ち悪くて。
先生たちにしてみたら、せっかくの夏休みに登校するのだからせめて楽しいイベントで盛り上げよう!的なことだったのかもしれませんが。
私にとっては迷惑この上ない意味不明なイベントだったわけです。


そんなわけでどじょうに罪はなく(むしろ可哀想)、いつの間にか「どじょうつかみが嫌い=どじょう嫌い」になってしまっていたのですね。
あの校庭にぶちまけられたどじょうたち、私が迷惑してる以上にずっとずっと迷惑だっただろうな・・・
なんか、ごめんね?デビこちゃん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。