--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月17日

飼育一年、壁にぶつかる…


ハブロススのかわいいトコはなんといってもその動き。
一生懸命餌をさがすところとか、不器用そう泳ぎ方とか…




そしてやっぱりなんとなく仲間とつるんじゃうとこがカワイイですね。
一匹が前にでると他の子がつられて前にでて…
なんとなーく集まってなんとなーく解散する。カワイイ・・・・

不器用そうに泳ぐ姿を一度パリっと写真に収めたいんですが、じっとしててもいまいちピントが合いずらい色合いをしていまして…

ピントが合いづらいうえ、泳ぎが得意なハスと違って水中で静止してることがなく、偶然の一発も未だに撮れたことがありません。

ビュンビュン泳ぎまくってる♂オーロでも適当にパシャパシャ撮ってると、たまに偶然まともなのが撮れることもあるんだけどなぁ…


そんなハブロちゃんなんですが、動画には4匹しか映っていません。
実は先日1匹お亡くなりになってしまいました…
ハブロちゃんは「あれ?もしかして元気ない?」なんて思ったら、あっという間に逝ってしまう。。


今回は病気の症状が出て、ヒレに小さな穴と付け根のあたりが充血っぽくなってました。
前日まではモリモリ餌を食べてて注意して魚体を見てなかったので、すでになんらか体の症状は出てたのかも。気付かなくてごめんね・・・

しかも隔離にこれまた時間がかかってしまい、結構追いかけ回して体力を使わせてしまった…
なんとか隔離してグリーンF顆粒で薬浴を試みましたが、翌日には死亡。
具合悪いとこに私の不甲斐ない隔離→薬の刺激が追い打ちをかけてしまったような気がします。



熱帯魚飼育ではいかに病気を出さない良い環境作りをすることが大事というのが本当に身にしみます。
我が家の場合、底をメインに生活するハブロススばかり被害にあってるということは底砂に問題があるんだろうなと思うのですが。

一回全部洗った方が良いのか…でも、それって結構勇気がいるんですよね。
他の元気な子にもダメージ与えちゃいそうで…
一気に洗わず2~3週に分けて砂だけ吸い出してちょっとずつ洗ってみようかな?



なにもしなくてもいけないし、いじりすぎもいけない。いじって平気な度合いというのは飼育環境によって人それぞれ、水槽それぞれで。
こういうバランスの見極めが飼育初心者にとって非常に難しいとこなんですよね。



熱帯魚飼育を初めてそろそろ1年になりますが、これまで濾過器が壊れた!とか、ヒドラが出た!クサい藍藻が発生した!ヤゴがいた!など、悩ましいことは色々あったけど今回、私にとっての一番大きな壁かも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。