--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月26日

水疱再再発!(でもすぐ治った)

ニューメガメタエに三度目の水疱が出来ちゃいました
場所はやっぱり背鰭の付け根。


一回目に出来た時はわりとすぐに治ったけど、二回目がひどくて背鰭に出来た二個の水疱が大きくなり繋がってしまい一個のデッカイ水ぶくれみたいになっちゃってかなり心配でした。
しかもお尻と尾鰭の間にもデッカイのが出来ていたので、餌を探す時にお尻の水疱が潰れてバイキンが入るんじゃないかと結構ヒヤヒヤしたものです。
でも本人は別に気にすることもなく元気に過ごしてくれてたのが救いでしたねぇ

そしてとうとう三回目。
最初は背鰭の付け根がポチっと白くなってたので、もしや・・・!と思ったらあれよあれよという間に米粒大まで。
ああ、また心配の日々が始まるのかとがっくりきていたのですが、前回は日に日に大きくなっていったのに比べて今回は、最初以外は目に見えて大きくなってる感じもしないまま一週間もしたらいつの間にか消えてました。(←大きくならないから油断してあんまり気にしてなかった)
何にせよ、無事に治ってよかった、よかった!


しかしこの水疱の正体は一体何なのでしょうね??

ちょっと前に尾腐れ騒動(実際には尾齧り騒動だった)が起きたときに、以前買った「魚の病気と治療」という本を引っ張り出して読んでみました。
で、その中にあったリンホシスチス病(←三回続けて言えるかと思って口に出したら一回目から言えなかった)というのが、ちょっとNMメタエの水疱に似てるような似てないような…
 リンホシスチス病とは→「Wikipedia - リンホシスチス病」

これかどうかはさておき、前回・前々回は夏前に出来たことといい、今回といい、きっかけは季節の変わり目??
メガメタちゃん、どう思う?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。