--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月14日

第二の投薬

一週間、フレッシュリーフで薬浴したけどあまり効果は感じず・・・
結局グリーンFゴールド顆粒を使うことにしました。
こちらは水草は取り除かないとダメなんですが、あんまりにも溶けたり枯れたりして水の痛みが激しくなりそうだったら抜くことにして、とりあえずそのまま1/2換水をして飼育水槽に投薬しました。


水、まっ黄色になりました・・・


魚たちは相変わらず元気でしたが、投薬翌日に水面が泡泡になってしまいました。


間違って洗剤でも入れちゃったかと思う程の泡立ちっぷり・・・こ、怖い

それから2~3日たったころに、流木の表面を覆うように緑のベタっとした見た目の藻がいきなり出現!
ヌルヌルしてて気持ち悪かったです。

水草のほうは、まずハイグロが少しづつ葉を落としヘテランテラの色が悪くなり、ロタラはなんともないように見えて成長がストップしてるようです。
活着系も長期に渡れば影響が出てくるのかもしれません。
やっぱり使用の注意にしたがって水草を出さないとダメみたいですね。反省・・・


ひとまず一週間様子を見てみましたが、腹鰭のギザギザは良くなってるような気がします。
相変わらず尾鰭や背鰭に切れ込みが入ってる子もいるんですが、1~2日でくっつくタイプの浅い(?)切れ込みです。
一応薬の効果が出たんでしょうか??


薬の効果は約一週間なので、とりあえず本日1/2替水をして、少し様子見をしようと思ってます。
悪くなるときは、一気にくるので用心しなくては・・・
「第三の投薬」という記事を書くことになるのはなんとか避けたいものです


薬の連投で水槽バランスはもうガタガタだと思うので二次被害を出さないようにも気をつけないといけませんね。

餌は投薬後2日はなし、前回の薬浴も含め二週間控えめにしているので・・・


すっごいプレッシャー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。