--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月01日

ビビリまくりのテトラオーロ


プラケに入ったオーロたちはとにかくビビリまくりで蓋に手をかけようとしただけで「ぎゃ~ころされるぅ~」と言わんばかりの大パニックぷり。
壁に激突するわジャンプするわで糞とりのスポイトを入れようものなら、あまりにビビリすぎて床で斜めになってグッタリしちゃったりして…


~傷だらけのプラケで写真が…~


このまま死んじゃったらどうしよう~なんて心配しましても数分後には5匹で普通に泳いでる…そしてプラケに近づくとまた大パニックという感じで。
餌を入れてもパニック状態になってると全然口にしなくなっちゃうので、とにかくパニックにならないようにそーっとそーっとものすご~い遅い動きで餌を入れるという作業はなかなか気をつかいました。


~この写真も数十枚撮った中でまだマトモなもの~


隠れ家を何か入れようかと思ったのですがパニックになったときに怪我しそうなのでなるべく外界が見えないように目隠しをしたりしてなんとか一週間。
前回テトラオーロの時はどうだったかなぁ?と考えてみたけど、その時は水あわせだけしてすぐに水槽に入れたのであんまり参考になりませんでした。

このままにしといたらストレスでプラケにいる間に弱ってしまうかもしれない、ということで一週はやいけど45-Pに入れることに。
45-Pなら温和な子ばかりだし、万が一先住オーロとぶつかっても水草の隠れ家があるので大丈夫だろうと。


~平和な風景~


水あわせはタッパに魚を移してタッパの水温が下がらないようプラケに浮かしながら固定して点滴方式にしています。
これだと多少水がこぼれても被害はでないし放っておけて楽なので我が家ではアカヒレでもエビでも皆同じ方式。

タッパーの中では相変わらずぐったりしてます。
そのうちだんだんタッパーにも慣れて泳ぎだしましたが、水を減らそうとするとまたパニック!はやいとこ広い場所で落ち着かせようといつもより早めでしたが水槽に放ったところ緊張で薄まってた尾びれのポイントもすぐに色が戻って隠れることもなく先住と一緒に元気に泳いでくれました♪よかった~



こっちに入った途端、水槽前で多少動いたって全然へっちゃら!嬉しいけどなんだ、このいきなりの変わり様は・・・
この頃休んでることが多くなったハステータスもつられて泳ぐ泳ぐ・・・
あの、もうあんまり若くないんだから無理しないで~



初日はこんな感じで先住オーロも新入りオーロもハステータスも入り混じって仲良く泳いでいましたが翌日になるとその風景は一変してしまいまして…
続きはまた明日に・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。