--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月05日

やっぱり長生きしてほしいなぁ


ハステータスが我が家にやってきたのは昨年4月の末。


~昨年5月のハス。ピチピチヤング~


ということは、その頃生後2~3ヶ月だったとしてそろそろ1歳くらいでしょうか?
小さなハステータスは大体寿命が一年くらいと言われているようで、我が家でもそろそろ覚悟をしないといけないかなぁなんて思ってます。



もちろんウチの子は魚もエビも貝も(わいちゃった小ちゃいのはアレだけど…)みんな可愛くて大切だけどやっぱり人生で初めて飼った熱帯魚であるハステータスには、特に思い入れが強かったりしちゃいます。



最近は以前より食欲も減って来たし泳ぎ回るのも少なくなってきたように感じます。
特に繁殖活動をしていた3匹は、他の子と比べて見た目が老いてきてるような…
あれだけ激しい行動をするのだから老いが早くなるのも当然なんですが、それなのに一匹も稚魚を残せなかったのは我ながら不甲斐ないなぁと反省…


~昨年8月。我が家で生まれたチビめだかも元気でした~


そんなわけでこのところハステータスが一匹でも食事にでてこないと心配で心配で仕方ないのです。
以前から奥の方で寝てる子は餌を入れても気がつかないで出てこないなんてことはしょっちゅうで、そのうち気がつくといつの間にか出て来てるパターンでした。

しかしこの頃は一匹でも出てこないと奥で死んでるんじゃないかと心配になり、ついつい目をこらして姿を確認しないと気が済まないのですね。


~こういう場所で斜めになってたりすとかなり焦る~


だいたい水草の根元かスポンジフィルターの下でこっちにお尻を向けて寝てるだけなんですが…

寿命が短いのは飼う前から分かってたことだから覚悟しないといけないけど、いざその時期が近づくと・・・なかなか覚悟がつかないものですね。


~長生きしてね~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。