--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月31日

GL630の被害状況

六月の初めにスーパーバイアニーニョのデビルウィングさんが水質悪化で餌が食べられなくなるほど元気がなくなり、そこから絶不調となってしまったGL630。
デビルウィングさんは元気になりましたが、今度はロイヤルファロウェラが餌を食べられなくなり、どんどん痩せてしまって二週間ほどで死んでしまいました。


水槽の調子が持ち直したと勘違いして、買ってきてしまったファロウェラも餌を食べるようになったので安心してたんですが、ある日突然死んでいた・・・
前日にはそれはもうモリモリと餌を食べてて、死んじゃうなんて思ってもみませんでしたよ


それからリネロリカリア・ランケオラータの片目がポップアイになっていて。
いつも水槽奥にいる子で、餌の時間は赤虫デリバリー(近くに赤虫を落とすだけ)をしていたので、あんまりじっくり姿が見れず、いつからなっていたのか・・・
さっぱり気がつきませんでした
尾ぐされ症状も出てきてしまったので薬浴に塩浴と試してみたものの力及ばず。
本来はかなり丈夫な魚らしいので発見が早かったら助けてあげられたのかも・・・


それから不死身なんじゃないか!?とも思っていた頑丈なハステータスが、ちょっと体が白っぽくなった・・・?と思ったらあっという間に2匹立て続けに死んでしまいました。


どうやら相当ヤバい状態だったみたいです、この水槽
この6月~7月の約一月半で居なくなった(遺体が発見できなかった)アスピパウキも入れて、なんと6匹も死なせてしまいました


色々いじくったのが悪かったのか、それともやらなかったらもっとヒドいことになっていたのか、結局よく分かってなかったりします
ただ見た目では調子を取り戻したように見えても油断してはいけない!ということは身に滲みましたよ・・・
残ってる子たちも見た目に分かんないだけで実は調子を落としているんじゃないかと結構ビクビクしてます。


特にロリカリアなんて餌の時以外はほとんどジっとしたままだし、元気なのかそうでないのかサッパリわからない
食欲はみんなあるんですけど、ファロウェラもランケも死ぬ前日までガッツリ食べていたので、食欲があるからといって安心もできないのですよね


ちなみにデブデブだったマスクドロリカリアとピットブルプレコはちょっとだけ痩せました。
なぜかというと水質悪化が怖くて餌をちょっと控えているから


相変わらずデビルウィングさんに追いかけられてビュービュー逃げまくっているバイアニーニョ3匹の体力が無くなるのも怖いので完全に餌切りはしてないのですが。
オトは今回の騒動でも全然変わった様子は見えませんでしたねー
ピットブルもケサーピントイも相変わらず威張ってるし、ネグロはコードにへばりついたままちっとも出て来ないし。


あ、ちなみにテトラオーロは相変わらずで毎日仲良くど突き合いをしながら暮らしてます。
少し変わったことといえばプラチナテトラオーロのプラチナ感が一層なくなってきたことぐらいでしょうか!?
ただリボン状のヒレは伸びてきてギラギラだった時より美しくなったような気もします。これは好みの問題でもあるんですけど
あ、そうだ!あとここにはピグちゃんもいましたねー


ハスの数が減って2匹になってしまってから、よく一緒に行動してるのを見る機会が増えました。
今まで遠慮してたんでしょうか・・・?
それともこの水槽が何やらおかしな状態なので不安を紛らわすためにハスと一緒にいるんでしょうかねぇ??
とにかく、もうしばらくは油断しないように要注意観察でいきたいと思います
スポンサーサイト
2012年07月28日

ダリオのおやつ!?

活餌大好きなダリオが来てから、我が家の貝はみーんな触覚を齧られて無くなってしまったり短くなってしまってます


ゴールデンアップルは大きくて目立つせいか狙われる確立も高く、ガラスなんかを移動していると死肉を見つけたハイエナのごとく集まってくるダリオたち・・・


・・・狙ってます

実際に食べてるのかどうか分かりませんが、とにかく細長くてウニョウニョ動くものを狙ってしまうのは本能なのでしょうね
ちなみにゴールデンアップルが死んでしまうと、コリは貝の蓋(?)を外して中身を引っ張りだしてキレイに食べてしまいます
結構、嬉しそうに食べます・・・・


かっ、貝質っ!?!?
ってか、さっき赤虫たらふく食べたでしょーにっ
2012年07月26日

人工飼料を食べない面々

SPコリに守られ(でもマヌーにはど突かれてる)VIP待遇な新入りロングノーズのエリサエちゃん。


少しだけマシな写真撮れた・・・(ちょっと小さいけど

ところでこの子、今のところ人工飼料を食べません。
ダリオが来てからというもの、人工飼料の日でも補助的に赤虫をあげてるからたいした問題でもないのですけど・・・・


これでうちのコリで人工飼料を食べないのはコンディス先生とバイアニーニョの一番小さい子とエリサエの3匹になりました。
ジュタイも最初は食べなかったけどいつの間にか食べるようになったなぁ!

エリサエもバイアニーニョも我が家へきてまだ間もないので、まだ分かるとして3年半も飼ってるのに未だに食べないコンディス先生って・・・


いーんですけどね、別に・・・
もう諦めてるし
2012年07月23日

VIPですかっ!?

新入りのエリサエちゃん。
真ん中よりも後方にばっかりいるので、なかなか写真が撮れません。


遠いし何より手前にいるコリが邪魔です



あっ!こっち向いた!


しかし手前のコリが・・・・




・・・・・あのね



お!めずらしく手前に来てくれて(流木の下だけど)しかもこっち向いてる


って、ロクソとシムラータスが



邪魔するコリたちの隙をついて、もうちょっとアップで・・・!!


くうぅぅ~デビこちゃんがぁ~~



結局あっち向いちゃいました・・・


ってかロクソが完全に顔にかぶってるし



なんという強固な守りなんだ・・・・


優秀なSPがお付きなのですね
2012年07月20日

縄張り争い



赤いシマシマが色鮮やかなダリオsp.ですが、全員がいつもこんな色をしているわけではありません。
いつも色鮮やかなのは、一番強い♂のみ。ボスなんでしょうか??
(同じ個体だとは思うのですが100%の自信はなし
その他の♂は、ボヤーとした薄い色をしています。


餌の時や、ボスに闘いを挑む(?)時などに色が濃くなります。
闘いといってもフィンスプレディングで優劣を決める程度の可愛いものです
多分、繁殖期になって♀に求愛する時も濃くなるんでしょうけど、それらしい行動はまだ見てません。
ボスは水草スペースの前面下半分ぐらいが縄張りらしく、大体いつもこの場所で目をキョロキョロ動かしながら他のダリオが侵入しないようにパトロールしています。(ボーっとしてる時もあります


他のダリオが入ってくるともの凄い勢いで追い払うのですが(コリは別に入ってもいいらしい)、追い払いに行ってる隙に他のダリオがちゃっかりボスの定位置についてたりします


常に狙われるボスの定位置は、この水槽で一番いい場所なんでしょうか?
この場所の何がいいのか人間の私にはサッパリ分かりませんけど


こんな感じで毎日を過ごすダリオさんたち。
いやー、見てて実に面白いです!
コリには縄張り争いなんて無いから新鮮なんですよねー
唯一の乱暴者、マヌーは縄張りを守ってるというより気に食わないヤツとか単に目についたヤツをど突いてるだけっぽいんだもん


ケンカせずに平和なのはコリのいいところだけど、こういう縄張り争いを自分の水槽で毎日見れるってなかなか良いかも
なんかナレーションのないダーウィンが来た!を見てるような気分!?
争いと言っても一匹が執拗にいじめられたり殺し合いをするほど激しいものでもないのでわりかし安心して見てられるし!


テトラのように常に泳ぎ回ってるわけではなく、スススーと動いてピタっと止まったりするしカメラを怖がらないのですごく写真は撮りやすいです。
他の子は隠れてる事が多いので、縄張りに陣取ってるボスの写真ばっかりになっちゃいますけど


ボスが一番キレイな色だから、別にいいんですけどねー
でもたまには他の子も撮りたい・・・なんて思ってみたり・・・・

おまけの動画「ダリオさんたちの日常」

2012年07月18日

スロースタートなコリツアー!

この前の月曜日、本日はコリドラスらぶのちゃこさんとひらめのコリばか日記のひらめさんとわんコリのひろさんの4人でコリツアーに行ってきました
今回、行ったのはこちらの四店舗。


まずは一店舗目のアクアフォレストへ向かうために新宿駅でちゃこさんとひろさんと待ち合わせをしたんですが、ひろさん新宿で迷子にならないかなぁ??大丈夫かなぁ???と心配していたら、私が待ち合わせ場所にたどり着けなかったという・・・・人のこと心配してる場合じゃなかった・・・・
中央東口に行ったハズが着いた場所は南東口(←南なの!?東なの!?どっちなの!?!?)
むう・・・新宿駅・・・なんという難解な
結局中央東口が見つからず東口に待ち合わせ場所を変えてもらって合流したんですが、後で聞いてみたらなんとひろさんも最初に南東口に行ってしまったとか!?
私とひろさんの方向音痴度・・・どうやら同レベルらしい
階段を降りなければいけないところを二人とも登っちゃったんですね。
「あれは行っちゃうよね!?仕方ないよねー!」とわけのわからん理由で慰め合う方向音痴二人・・・
その方向音痴をアクアフォレストまで引き連れて行くちゃこさんは、さながら幼稚園の先生気分でしょうか!?
だけど私は知っている・・・ちゃこさんも土地勘があるだけで行き慣れない場所に行けば私らと同じぐらい方向音痴なのだっ
あ、言い訳すると私、普段アクアフォレスト行く時は新宿駅ではなく新宿三丁目駅から行くのですよ~!
だから新宿駅って全然知らないんです。普段行かないのです!ホントですっ!!
そんな感じでアクアフォレストに着いたのは私のせいで当然遅刻
ひらめさん「誰も来ないから場所間違えたかと思った~」って・・・
わ~ごごご、ごめんなさいっ

そして店内を見回ったのちに私は水草を二束購入しました。
GL630用に買ったのですが、あちらは只今薬浴中(←絶不調)なので、一先ず重りでくくってEJ60に突っ込んでおきます。


好奇心旺盛なダリオちゃんたち、水草をガシャガシャしてたら何?何?って感じで寄って来ました。
赤虫でも貰えると思ってんのかなー?可愛いのう・・・

その次に行ったのは市ヶ谷フィッシュセンター。
あんまり期待できないかも・・・とのことでしたが、これが意外にもなかなか楽しめまして
コリの数もずいぶん増えたとのでしたが、ここでもコリは誰も買わず。
ちゃこさんも何か買ってたけど、コリではありません。
ここで私が買ったのは・・・・


今まで買おうと思ったことがない、というか興味すらなかったエアープランツがなぜか無性に欲しくなり二株(って言うのか・・・?)お買い上げ。
どういう管理をすればいいのかもサッパリ分からないので、とりあえず水槽の上にでも置いとこ・・・


その後は市ヶ谷のマックでお昼ご飯を食べてから阿佐ヶ谷の石と泉へ。
ここのお店は見た事無いような変な珍しいお魚がいっぱいいるので眺めているのも楽しいです♪
眺めてるだけで私は今回は何も買いませんでした
ちゃこさんは何やら茶色くて地味ーなタティアを気にしていた様子ですが、我慢してましたねー!
うんうん、茶色で地味なのって魅かれるよねぇ・・・←基準変
ひろさんとひらめさんは魚を買ってましたが、コリではなく・・・
なんとコリツアーなのに、3店舗回ってだーれもコリを買ってない!
明日は雨かねぇなんて話をしながら電車に揺られ立川まで!
立川の駅ビルで一回お茶休憩を入れて出発です。

PD熱帯魚センターに向かうために、なんとモノレールに乗ります!
モノレール、ちょー嬉しい~!!!
しかも一番前の線路が見える席に座れた~楽しい~~
モノレールを降りたらテクテク歩くこと20分、やっとPDに到着です。
店内はものすごい広さで水槽の数も、ものすごい!黒髭の量もすごかった!!
ここでようやくコリツアーらしくなりました。


コリドラス・エリサエです。
ちゃこさんとひろさんと3人で一緒に一匹づつお買い上げ。
私は小さめの子を、ひろさんは茶色っぽい子、ちゃこさんは模様が大きくて顔がちょっとブチャイクな子←ちゃこさん、好きねぇ
同じ種類なのに一匹一匹微妙に模様が違くて面白いコリですね
選んだ子を掬ってもらうのに、ものすごーく素早くて店員さんはとても苦労されてました
あっちに行ったー!こっちに行ったー!!と私とひろさんが横から口を出す出す!
ちゃこさんが他の場所を見に行ってる隙に、ちゃこさんの分も勝手に掬ってもらってビニールに入ってたので戻ってきてちょっと驚いてました
ひらめさんも一緒に買おうよー、とさんざん勧めたんですけどねぇ
ちゃこさんも今日の記念にみんなで一匹づつ・・・とかワケの分からない理由で勧めてましたがLNはやめておく!とサラっと大人の対応を・・・


そんな感じで後半戦は一気に加速し、今回のツアーは終了です。
久々にみんなに会えて、いっぱいお話できてとーっても楽しかったです
ちゃこさん、ひらめさん、ひろさん、翌日お仕事なのに、お付き合い頂きありがとでしたーまた遊んで下さいねー
2012年07月16日

これぞ、熱帯魚!

あれはロイヤルファロウェラが餌を食べなくなって4~5日たった頃でしょうか。
冷凍ブラインが残りわずかだったので買いにいくついでにロイファロさんの事を相談しにアクアショップへ行きました。
お忙しい中、店員さんに色々相談にのっていただいて・・・
そんでもって・・・・
・・・・・・


買って来ちゃった・・・・
魚の調子が悪いってのに魚買ってどーすんじゃ、私はっ!
色々あって少し現実逃避気味だったのかもしれない・・・・
ただこの時は、水槽自体は落ち着いたようで、あとはロイファロさん次第だと思っていたんです。
とはいえ調子の悪いロイファロがいて、先日亜硝酸が出ちゃったGL630には入れられないのでコリたちがいるEJ60に雄3匹と雌2匹の合計5匹が仲間入りです。


大きさは2.5~3cmほどで、なにやらボンヤリしてパっとしない色合いのこの新入りさんはダリオsp.です。
スカーレットジェムやバジスの仲間だそうで・・・


ほとんどの子はすぐに葉っぱの影に隠れてしまいましたが、こうしてこっそり回りの様子を伺ってます。
かっ、可愛い・・・・

気になるものがあると、ジーっと見つめてスススーっと寄っていきます。


この子は貝のウニョウニョ動く触覚が気になる模様。
バジスの仲間なので、活き餌大好きで非常に目が良いみたいです。

そのうち、この水槽に慣れて来ると・・・


派手になった

赤くてシマシマですよ!!!
今までグレーのだとか茶色のだとか細かったり長かったり、陰気な目つきで底を這いずり回ってる魚ばっかり飼ってきた私は「うちで飼ってる魚だよー」なんつってケータイに入ってる写真を見せるたびに「・・・ふーん」とか「熱帯魚飼ってるんじゃなかったの??」とか「なんでコレなの???」などという冷たい反応に耐えてきましたが(←ホントはそう言われるのがちょっと楽しかったりもする)これで堂々と胸を張って「熱帯魚飼ってます!」って言えるではありませんか!!!

さてこの魚ですが、縄張り意識が強いらしく、自分の縄張り(?)に他の魚が入ってくると追い払ったり鰭を広げて威嚇しあったりします。


その時はますます赤が鮮やかになり、顔は濃紺に染まり、その姿の美しい事!
ただし戦意を失うと、途端に色が薄くなります


コロコロと体色を変えて面白いっ!
ちなみにこちら↓の2匹は雌・・・・


とっても地味ですが透明感のある体はさわやかで、顔も雄より可愛らしい(ような気がする・・・)のでこれはこれで良いのです
ただし雄よりも警戒心が強いのか雄が攻撃してくるのが嫌なのか、餌の時以外はまったく姿を現さず、普段はどこで何をしているのかサッパリ分かりません
5匹もいるのに、はっきり言って存在感はあまりありません。
雌に関しては存在感0
というわけで雄を更に2匹追加して合計7匹になっちゃいました

仲間同士では争うけど、今のところコリには無関心のようです。
でも動く物が気になるみたいなのでチョロチョロ動くコリのヒゲには興味があったりして・・・!?!?


さ、さすがに自分より大きい魚の顔に突進はしないよね・・・!?!?
2012年07月14日

今度は、そっちー!?!?

一時期、餌が食べられなくなりグッタリしていたデビルウィングさんはすっかり元気な乱暴者に戻り、心配だったファロウェラさんもちゃんと餌を食べるようになってくれてやっと落ち着いたかと安心していた、7月に入ったすぐのこと。

120714_01.jpg

餌を入れるとガラスに貼り付いてたファロウェラさんが、イソイソと降りてきて赤虫をむさぼり食べる光景はすっかりおなじみになっておりました。
だけど、この日はいつもの食事風景とは少し違いました。
いつもガツガツモリモリと、この細長い体のドコに餌が入るの!?ってぐらいよく食べるロイヤルファロウェラが全く餌に反応しません????
たまに奥でガラスにへばりついたままグッスリ状態の時は、餌を入れても気がつかないこともありましたが、気がついた時は大慌てで降りて来てムシャムシャ食べ始めるんです。
だけどこの日はガラスにへばりついていたわけでもなく、床の上にいました。

120714_02.jpg

目の前にコリタブを落としてみても無反応・・・んんんんーーー???
この子はファロウェラさんと違って、うちに来たその日からとっても餌食いがよかったので餌を食べないなんてことは一度もなかったのですよ
よくよく見てみると、なんだか妙にお腹がぽっこりしてるではありませんか!?
これって、ひょっとして腹水!?
お腹に水溜まっちゃって苦しくて食べれないの!?!?
水槽自体は落ち着いたように見えるけど、悪化時に受けたダメージが今になって出て来てしまったのでしょうか・・・?
そうなるとあとはロイファロさんの生命力に賭けるしか・・・・
だけど腹水だとしたら重病にかかっていて、きっともう先は長くない・・・うっうっ、気がつくのが遅れちゃってゴメンよー
なんて思っていたのですが、数日たったころに気がついたらお腹はポッコリではなく普通のお腹になってました
え・・・あれ、ただの食べ過ぎだったの!?
なんだー!腹水じゃなかったのかー!!よかったーただのデブで・・・なーんて事は言ってられず、相変わらず全く何も食べてくれないロイファロさん
ポッコリだったお腹はすっかり萎んでどんどん痩せて、今ではもうヘコんでます
ガラスにへばりついてハグハグすることもなく、ひたすら端っこでジっとして餌を食べない日々が続いてもうすぐ二週間。

120714_03.jpg

このままの状態だと体力がなくなって力尽きるか餓死してしまうか・・・
下手したら病気を併発する可能性も・・・・
現状は、かろうじて生きてるって感じに見えます
私、すっかり油断してましたねー
一年近く飼っててロイファロちゃんって最初に餌さえ食べてくれれば、よっぽどのことさえなければ丈夫なのね♪なんて思ってたけど。
その「よっぽどのこと」が起きちゃったんですね、これは・・・
というのも、このあとまた色んなことが次々に起こってましてねぇ
とにかくやれる事を一個づつやっていって様子を見て行くという現状です
GL630の話題はまだまだ続きますが、次回は気分を変えて久々にEJ60の話にでもいきましょうか

120714_04.jpg

いや、別にザンガマちゃんの話題は特にないけれど・・・・

120714_05.jpg

2012年07月12日

食べない・・・・・

さてさて思わず購入してしまったファロウェラさんですが・・・
サイズはわりと大きめで、体の長さはマスクドロリカリアやシミシマと同じぐらいでしょうか?

120712_01.jpg

でも太さは全然違いますね
お店でなんだかガツガツしてたので、うちでも餌食べてくれるんじゃないかと期待してまずは赤虫をあげてみたんですが、これがちっとも食べない!
それじゃあ、うちの細長&貼り付き系はみんな大好きなコリタブを・・・
(↑ケサーピントイ以外はみんなコリタブの方が好き)
って!やっぱり食べないではありませんかー
興味すら示してくれない・・・・・
そういえば前に飼ったスーパーロイヤルファロウェラは、やっぱり最初何も食べなかったけどブラインをあげたらいきなり食べるようになったっけ!
というわけで冷凍ブライン(ベビー)を、スポイトで顔の前にソっと吹きかけてみるも、なんかすごく嫌そうに奥に逃げていってしまいました・・・・
うわーどうしよう頼みの綱のブラインもダメ!?!?
ファロウェラさん、何も食べてくれません

120712_02.jpg

夜中にそっとタオルをめくって覗いてみたら、ガラスをハグハグしてたんでコケや微生物ぐらいは食べてるのかもしれないけど、でも多分それじゃ体力つかないよなぁ・・・
なんて感じでヤキモキしながら迎えた五日目のこと・・・
今まで全く餌に興味を示さなかったファロウェラさんがいきなり赤虫をむさぼるように食べ始めたではありませんか!?!?
しかも赤虫だけじゃなく、コリタブにもかじりついてガッツリ食べてるー!?
何?何??どーしちゃったの!?!?いや、食べてくれるのは嬉しいんだけど
あまりにも急すぎて、まるで人(魚)が変わっちゃったかのよう
でもとりあえず食べてくれてよかったぁ・・・・
やっぱりまだ水がダメダメで、うちに来た途端に元気をなくしちゃって食べるに食べれないじゃないかとか色々頭を悩ませていたんですが。
とりあえず、お店で見たあのガツガツファロウェラちゃんに戻ってくれたので一安心です!!!

120712_03.jpg

でもねー・・・、安心した途端に今度は別の問題が出て来ちゃったんです
それについてはまた次回に

120712_04.jpg

いや、まったくもってその通りで・・・・
2012年07月10日

悪い癖がでた日・・・

それは、六月も半ばを少し過ぎた頃でした。
少々体力的にも精神的にもお疲れモードだった私は、赤虫が切れたのをいい事(?)にイソイソとアクアショップに向かったのでありました。
あー、やっぱりストレス溜まってる時は魚を見るに限るねぇ♪なんてことを思いながら色んな水槽を見て回っていたところ、フと目についたのはやっぱり長くて細くて何やら地味な魚・・・


むう・・・買ってしまった・・・・見るだけだったハズなのに
何度やっても懲りないですねー、赤虫買いに行って魚を買ってしまうこの悪い癖
ファロウェラさんです!
7月1日に更新した今日の一枚で、すでに登場してます。
細くて長くて地味なのは好きだけど、ファロウェラにはあんまり興味なかったんですが
去年の夏に衝動買いしちゃったロイファロは、呼び名にファロウェラとついてるけど実はファロウェラではないのですよねー
オトなのにプレコとついてるピットブルと同じですね。


細長い体に大きな背鰭がシャキーンと付いてるとこが好きなんですよ~
なので背鰭も胸鰭も小さくてパっと見は、ほんと棒っきれのようで鼻はやたら長いし何よりなんだか気難しそうだし餌食べないと大変だからファロウェラを飼うことはないだろうな、と思ってました。


だけど、お店の水槽で何やらモゾモゾと這いずり回りながら砂利をハグハグ、ムシャムシャ、微生物でも食べてるのかやたらガツガツしていたので、あれ?この子だったらひょっとしていける???などと思っちゃいまして
もう一匹はガラスにベローンと貼り付いたままピクリともしなかったんですよね。
ちっこい背鰭をピコピコ動かしながら不器用そうにムシャムシャと何かを食べてる姿が妙に可愛らしくって!


ロイファロも最初は、あまりの小ささと細さにものすごく弱そうですぐに死んじゃうんじゃないかと思ってたんですが、気がついたらもうすぐ一年!
この前の亜硝酸事件(?)でも、へっちゃらだったし見た目よりもずっと丈夫な魚なんでしょうかね~?
水質も落ち着いたみたいだし、餌さえ食べてくれたら何とかなるんじゃないの!?
なーんてことを悶々と考えた末、結局赤虫と供にお持ち帰りしてしまいました
しかし、現実はそんなに甘いもんではなく・・・・・
なんだか購入編だけで随分長くなっちゃいましたのでこの続きはまた次回!


すっ、すみません
2012年07月08日

デビルウィングさん、危機一髪!



話は六月前半までさかのぼります。
五月の終わりに45cmから60cmへサイズアップしたばかりのGL630。
今まで何度となく水槽交換をやってきましたが、やはり交換直後は茶コケがドパっと生えたり多少水槽内のバランスが崩れるものですが、生体に影響がでるほど調子を崩すことはありませんでした。
が、しかし!
今回はサイズアップして一週間ぐらいたってからでしょうかね?
いつも元気に他のバイアニーニョをどつき回ってるデビルウィングさんが突然餌を食べなくなっちゃいまして・・・


水槽の隅っこでボンヤリしてたり、パイプに挟まってジっとしてたり(←死んでると思ったじゃないか!)。
そうかと思ったら、水面近くで鼻上げのような動作ずーっとしていたりして(でも水面に上げてるわけではない)わぁーデビルウィングさんが死んじゃうよー!と、慌てて原因を探ろうと持ってる試薬総動員で水質検査をしてみることに。
でも何か調子悪いなーと思って測っても、どうせ何も出ないんだよなー・・・で、結局原因は分からないんだよねー、なんてことを考えつつアンモニア・亜硝酸・硝酸塩・pHを測ってみたところ!
あらら!亜硝酸が検出されたではありませんかー
トリートメントでプラケとかの小さいとこに押し込めたりすると出ちゃうことはあっても(←余計魚に悪そう)水槽で検出されたことは一度もなかったのに・・・
アンモニアはでませんでしたが、pHは5以下(というかそれより下は測れない)で硝酸塩はモリモリ。
うーん、もしかしたら測る前はもっとひどいことになってたのか???
もともと清流に棲んでるバイアニーニョにとってはかなりキツかったかもしれません。


だってあのイヤシいデビルウィングさんが餌を食べられなくなるなんて!
とはいえ体も大きく頑丈だったおかげが、負担がかからなそうな程度にちょっとずつマメに水換えしてみたらあっという間に餌も食べるようになり、以前のように他の子を追いかけ回したりどついてみたりと、いつもの乱暴でイヤシいデビルウィングさんに戻ってくれてホっとしましたよ。
けど、その間にアスピドラス・パウキラディアータスの最後の一匹が居なくなっちゃいました
餌も食べてたし見た目に変わった様子は無かったんですが、そういえば以前はバイアニーニョを追いかけてよく一緒に泳ぎ回っていたのに居なくなる少し前はやってなかったなー・・・
水質悪化で調子を崩していたのかもしれません。
そしてやっぱり遺体はあがらず・・・・ううっ、悲しいっ


それにしてもハステータスは頑丈ですねー。あんなちっこい体してるのに!
私が最初に飼った熱帯魚はハステータスなんですが、まだ5月だったのにヒーターも入れず、7Lのプラ水槽を窓辺に置いていたので昼夜の寒暖の差はかなりあったんじゃないかと思います。
でも誰一人落ちる事なく何度も産卵してくれて(一匹も育てられなかったけど)。
大きいコリとの混泳でも、いじけることなく餌とりにあまり負けないんですよね。
生息地ではハステータスカラシン(←オーロよりも大きい!)と混棲してるそうですが、カラシン同士の小競り合いってなかなか激しかったりするのに、そんな中でも生活できちゃう細かいことをあまり気にしないハスの性格が、小さくても頑丈な体を育んでいるのでしょうかねー!?


話は反れてしまいましたが、そんなこんなで調子の悪かったGL630ですが、デビルウィングさんも元気になって、亜硝酸も検出されなくなりpHの急降下もなくなったのですっかり落ち着いたかなー?と思ったのですけどね・・・・


またもや別の問題が出て来てしまうのでありました
長くなってしまったので、その話はまた次回にでも!
2012年07月07日

七夕だけど七夕とは全く関係のない話



いやー、すっかり夏ですねー!
水槽用の冷却ファンもフル稼働・・・
今からこれじゃ真夏は一体どーなっちゃうの~!?


さて、わずかひと月ちょいの通常更新お休みだったんですけど、言いたいことは山ほどたまってます
ほんっっっと色んな事がありましたー・・・しかもどっちの水槽でも
その中でも一番の大きな出来事は、私が愛して止まなかったロクソゾヌスのブサイクな方、通称バッタちゃんが死んじゃった事でしょうか


外見に病気らしい症状はでなかったのですが、ある日餌を食べようとしても上手に食べられない様子で、他のコリに激突されるとバランスを崩して倒れちゃうような状態になっておりまして・・・


こりゃいかん!と隔離して餌をゆっくり食べてもらおうと思ったのですが段々に餌を受け付けなくなり、五日目に死んでしまいました
コリのくせして警戒心の欠片もなく、平気で手の中に入ってくるような子でして・・・


別に甘えてるわけでもなく(←当たり前っ)食べ物探しの一環でフガフガしてるだけなんですが、しかしこんな事されたら飼い主はもうメロメロになってしまうわけですよ!
目がちょっと上の方に付いてて、頭の形もちょっと変で、普通のロクソに比べると色もちょっと悪くて、ついでを言うと頭もちょっと悪そうで・・・先天的なものか後天的なものかは分からないけど、ひょっとしたら奇形だったのかも?
そんなところがまた可愛くて可愛くてねぇ・・・
この子が死んじゃったらペットロスで仕事行けなくなるかも!?なんて思ったけど、看病も覚悟もできたのでそこまでショックは受けませんでした。
それでもこの子が居ないっていうのはやっぱりさみしいけどね。


他のコリはうるさいぐらい元気で、マヌーが乱暴って以外は特に問題はないように思うのですが、大問題なのはサイズアップをしたGL630の方
一時期死にそうになっちゃってる子がいたり、消えちゃった子がいたり、餌食べなくなってどんどん痩せてきてる子がいたりと、もー次から次へと問題山積みです


こちらは完全に水質の悪化が原因なんですけれども(初めて試薬が役立ったよ!)
これについては、また次回ゆっくり書こうと思います


~別れがあれば”出会い”もある!?~

2012年07月04日

2012.07.04


120704.jpg

2012年07月03日

2012.07.03


120703.jpg

2012年07月01日

2012.07.01


120701.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。