--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年01月31日

謎だらけ・・・

アクロの新入り、リネロリカリア・ランケオラータちゃん。
隠れてばかりであまり姿を見せてくれないのですが、たまにガラスに貼り付いている時があります。


ライトが点灯して急に明るくなったり、こちらが水槽前でいきなり動いたりしてビックリした時なんかにガラスに避難するみたいです。

だけどランケの口ってよくよく見ると・・・・


なんかモジャモジャ・・・・
温度合わせ中のビニール越しに撮った写真を無理矢理大きくしてるので、非常に分かりにくい写真ですが

よくこんな口で貼付けるなぁ!
イソギンチャクみたいに一本一本が触手みたいになってるとか・・・!?!?


餌を入れてもちっとも反応しない時もあれば、ものすごい勢いでガツガツ食べるときもあるし、それがコリタブだとか赤虫だとか決まってるわけでもなし。
何が好きなのか、元気なのか、調子悪いのか、サッパリ分からず今だに謎だらけのランケオラータちゃんなのでありました
スポンサーサイト
2012年01月29日

何はなくとも赤虫優先!

さてさて、一年と二か月ぶりに産卵したデビこちゃんですが・・・
前回も載せたこの写真。


卵を腹鰭に抱えたデビこちゃんを撮った写真なんですが、よく見ると赤虫が写ってますよね。
実はこの時のデビこちゃん、卵を挟んだまんま赤虫食べてます


その日私は仕事っから帰ってきて居間に直行して晩ご飯を食べました。
で、食べた後に食器を洗って、冷凍庫から赤虫を出してから部屋に行ったんです。
そのままロクに水槽の観察もせずに赤虫を放りこんで着替えてテレビ点けてから、ようやく水槽の前に行き日課の点呼をとったんですね。
ここでやっと、デビこちゃんの卵に気がつきました。
だって興奮しまくりのハズの♂たちもデビこちゃんも、いつも通り静かに黙々と赤虫食べてるんだもん


いや、食べるのは構わないんですけどね・・・・
せめて挟んでる分ぐらいは産みつけてから食べればいいのに、なんて思ってみたりして・・・


まっまあ、一瞬で無くなっちゃいますからね、ここの赤虫は
結局キレイに赤虫を食べ終えるまで、鰭に卵を挟んだまんま普段通りにお食事を堪能していたデビこちゃんだったのでありました。


一瞬その卵の存在忘れちゃったんじゃないかと思うぐらい普通に食べてましが、しっかり産みつけていたのでちょっと安心しましたよ

その後は再び産卵活動に戻ったデビこちゃんでしたが、♂の方はまだ赤虫に未練タラタラといった感じでデビこちゃんにアタックしているのはアホのアクセルばっかり・・・


デビおくんなんて、赤虫を探す通りがかりに偶然デビこちゃんが居たのでヤっちゃった!みたいな感じでちっとも努力してなかった!!!
そのうち赤虫の未練を断ち切った(?)、♂たちがやっとアタックするようになって、無関係のマヌーがヨハナやシムラータスを虐め、もうテンヤワンヤの大騒ぎ・・・

いつも通り岩のように前面でジっし佇むジュタイにとってはいい迷惑なのでした


す、すみません
・・・てか、こんな時ぐらい別の場所に避難すればいいのに
2012年01月27日

さらば皇帝、さらば産卵ボックス・・・?

昨年の12月頃から調子を落としていた皇帝様・・・


一昨日、結局産卵ボックスから外に出る事なく息をひきとりました
一昨年の11月に水槽外にダイブして一命は取り留めましたが、ヨロヨロと水流に流されてしまうようになってしまったのをきっかけに狭いサテライトでの隔離生活がはじまりました。


落ちた時の衝撃で曲がってしまった口は後遺症として残ってしまいましたが、食欲もあってすっかり元気になったので晴れてサテライトを卒業したのに、あまりにコリに攻撃的なのでたった二日でサテライトに出戻り


そして3月の地震で計画停電の話が持ち上がり、電気が止まると水温が保てないサテライトから水槽内に設置するタイプの産卵ボックスへ。
そこから約10ヶ月のボックス内生活を送っていました。


ずーっと外したいと思っていた産卵ボックスですが、こんな形で外すことになるとは・・・
あの狭い場所から一番望ましくない形で解放された皇帝様。
これからは広いお空を、誰に縛られることなく自由に泳ぎ回って下さい(。-人-。)



そんなわけで空っぽになってしまった産卵ボックス、ラムズも2匹ほどいたので水槽に放すとして洗ってまた何かの時用にしまわないといけないのですが・・・
うーん、めんどくさい・・・・
明後日の水槽掃除の時に外せばいいかと、一先ずそのまま放置したのですが。
その翌日・・・・(昨日の事)


早速入居者が!
この白いツブツブ・・・
なんとデビこちゃんが一年と二か月ぶりに産卵しちゃいました
お相手は前回同様の、デビおくんとアクセル・オイヤポに加えて今回はメタエフォイも参戦です。
あんな子供みたいな顔してやることはしっかりやるのね・・・


ロクソ同士は相変わらずイチャイチャしてますが(♂同士)やっぱりデビこちゃんには興味がないご様子
やっぱホモなんか!?!?おかーさんはロクソのHBちゃん見たいよう
そして卵は50個ほど回収したところで疲れたので、採卵終わり!
まだまだ産んでましたが、残りは翌日回しにして消灯です。


ちなみに今日は水槽掃除のついでに卵チェックをしましたが、ものの見事に一個も残ってませんでした
まあ、オトもいるし仕方ないですねー
50個ほどの卵ですが、結構白くなってるのが多くて前回と比べると受精率が良くないようです。
前回は50個中の40個がアタリで受精率80%。
今回はせいぜい半分ってとこでしょうかねー?


というわけで産卵ボックスとの生活(?)は、まだしばらく続きそうです
稚魚が全滅しちゃえば外すことになりますが、またそんな悲しい理由で外したくないなぁ
晴れて大きくなった稚魚たちを水槽に卒業させて産卵ボックスを外す、というハッピーエンドで終わりたいっ
2012年01月25日

大きくなった・・・らしい???

昨年の夏に完全衝動で買ってしまったロイヤルファロウェラ。


なかなか大きくならないよ~!とお店の人に言われてたとおり、ちっとも大きくなる気配がなく、いつまでも来た時と同じ5cmのまま・・・
しかし新入りのリネロリカリア・ランケオラータと比べてみたら1cm程大きいではありませんか!


ランケちゃんも5cmだったので、ということはちょっとは大きくなってたのね!?
マスクドロリカリアさんの急成長っぷり(三か月で3cm!)が、あまりに凄かったので全然気がつきませんでしたよ
そんなロイファロさんですが、腹の方はいつでも立派・・・・


ちっこいクセに、なんでもよく食べるんです

しかも、このところ新入りラッシュで来たばかりの子っていうのは大概痩せてるものですから餌の量も多めにしてまして・・・
ピットブルもマスクドロリカリアも、すでにデブの域に達してます


水槽も狭いし、あんまり早く大きくなられても困ると思っていたものの、やっぱり成長しているのを実感すると嬉しいものなのですよね
2012年01月24日

アキバでデート♪

人生初のメイドカフェ・・・・・


お相手はウィステリアの香りのぱふさん
お休みが合わず(私が土日休みじゃないもので)なかなかお会いすることが出来なかったので、久しぶりに会えて積もる話はてんこ盛り!
こんなお食事をしながら話す内容はもちろんコリの事です

メイドさんを堪能した後は、アクアフォレストでお買い物ー♪
ほんとは銀座のパウパウに行ってからアクアフォレストとハシゴしようかと思ったいたのですが雨が結構降っていたので銀座の駅から少し歩くパウパウは急遽取りやめて新宿に直行することにしました。
サブナードなら駅直結だから外を歩いて雨に濡れることなく、お魚を堪能できちゃいますからね
私の今回の目的は、冷凍ブライン(皇帝様の主食)と蓋受けとヒーターセンサー用のキスゴムです!!!
魚は見るだけで癒されよう・・・そうしよう・・・・・
そんなワケで・・・・・・


なんでじゃ~~~!!!!!
はぁ・・・やってしまいました・・・・
昨年末から立て続けに生体を増やしているので、いい加減にしないとと思っていたのに!!!
以前からずーっと飼いたくてたまらなかった、リネロリカリア・ランケオラータ。
しかも赤じゃなくって、サイズは5cmほどのチビ。
理想的だったんです・・・・
あんまり悩むこともなく、あっさり買ってしまいました
ついでにイガカノコガイ3匹とイトメを100円分。
コリたちへのお土産もしっかり買って帰らないとね
ランケオラータは2匹いたので、ぱふさんに「ねえ、1匹ずつ飼おうよ~♪」などとワケの分からん相談を持ちかけてみたりしたのですが「私はいい・・・(引き気味)」とのことで・・・
(↑ロリカリアの輪を広げる作戦・失敗の巻き!)

AFを後にし、また軽くお茶をして、またしても尽きない魚話が始まりますがタイムリミットでお開きです
いや~楽しかったなぁ♪とホクホクの心と、水入りビニール(魚・貝・イトメ)をずっしりぶる下げて快適な地下街を抜けて地下鉄に乗り、地上に出るとそこは・・・


ねっ、練馬めちゃくちゃ雪降ってるんですけどー!?!?
家に帰るまでに袋の水が凍るんじゃないかってぐらい(←んなわけない)寒いし視界悪いし荷物重いしタクシー乗り場は大行列だし
仕方ないので普段は10分の道のりを20分ほどかけて、少しでも水温が下がらぬようにと懐に袋を抱えつつトボトボとお家に帰ったのでありましたとさ・・・
そして、お家に帰れば楽しい新魚の水合わせ・・・は、後回しにして水槽に袋を浮かべてお風呂に直行してしまいました

そんでもって、ぱふさんからパックとネコのおやつを頂いちゃいました


すごーく楽しかったです!!!
ぱふさん、お付き合いいただき、ホントにホントにありがとうございましたー♪
また行きましょうね
2012年01月23日

泳げない皇帝様

コリに無差別攻撃を仕掛けて、背鰭や尾鰭をボロボロにしてしまうため、産卵ボックスに隔離されている皇帝様。


冬になったら小型水槽を立ち上げて一人暮らしをさせようと思っていたのですが、12月に入ったあたりからでしょうか。
変な糞をするようになりまして・・・・
あんまり消化されてないような、見た感じに不健康な糞。
あんまり調子よくないのかもしれないので、元気になるまで(というか見た目は元気だったんですが)水槽の移動は控えることにして、消化の悪そうな赤虫をやめ、エサは冷凍ブラインと人工飼料にしていました。
しかしそれでも糞の調子はあまり変わらず。
そしてそんな折、ついに泳ぐことも出来なくなってしまいました
いつでも産卵ボックスの下にいて、エサはまだかとコチラをジーっと睨んでいます


ピンセットでブラインをあげると、一生懸命ピンセットまでは泳いで上がってくるのですが、口に入れると沈んでいってしまいます。
ここ最近ではどうも目がよく見えなくなってるようで、ピンセットを見失ってしまうような行動が目につくようになりました。
それでも食欲はあるし、コリが産卵ボックスに近づくとガルルーと威嚇したりもしているので全く見えないというより、近くの小さな物にピントが合わなくなってしまった、という感じがするのですよね。
これはそろそろお迎えが来ているのかもしれないなぁ・・・
最期ぐらいは狭い産卵ボックスなんかではなく、広い水槽に放ってあげたいとも思うのですが、立ち上げたばかりの小型水槽では水質に不安があるし、かといって泳げない皇帝様を急水流で底物がウヨウヨしてる、この水槽に放つのもどうかと思いまして


なんとか泳げるぐらいに復活してくれれば多少のことはコリに我慢してもらうことにして、最後ぐらいは広い場所で・・・なんてことも思うんですけどね。
でも、老化現象で泳げないのだとすれば復活は厳しいかなぁ???


ご、ごめん
老魚介護頑張るから皇帝様も頑張って少しでも長生きしてくださいまし
2012年01月21日

まん丸メタエフォイ

一時期は、一卵性の三つ子かと思う程ソックリで見分けのつかなかったメタエフォイですが、大きくなってきてそれぞれ個性が出てきました。

この子は一匹だけ先に引っ越してきたメタエフォイ。


赤虫を食べた直後なのでバルーン個体のような体型してますが次の日には多少スリムになってます。
でもエサをあげればすぐにこの形に戻ります

この子は多分、最初の頃に一番小さかった子。


なかなかのイケメンです
でも食後は、さっきの子と同じようなまん丸体型に・・・

そして、もう一匹の子なんですが、全く写真を撮らせてもらえません
三匹の中で一番肌色部分がアドル似の色白で可憐な印象ですが、赤虫をたらふく食うのでやっぱり食後はまん丸コブタちゃん
くうう~・・・なんて、可愛いんだっ、君たちはっ


他のコリと比べてもそんなに沢山食べてるようには見えないのだけれど、なぜかメタエフォイは食後の腹の膨張率がやたら高いのです

ちなみに・・・・


デビこちゃんの子は食後だろうが空腹だろうが、いつでもデブです
2012年01月18日

予想外の展開??

新入りロングノーズのマヌーちゃん。
長い顔に目の上に眉毛・・・


なかなかのオトボケ面です

ロングノーズなのでお迎えする際に多少のもめ事(?)は覚悟していたのですが体も小さいし、どちらかというとヨハナに虐められちゃうんじゃないかと心配だったのですが・・・


体の大きいヨハナが虐められている・・・・・

実は来たばかりの時、水合わせが終わって水槽に放った際に網から出て、ちょうど着地地点に居たヨハナをいきなり追いかけだしたんですよねー
網で掬われたら普通は緊張して背鰭ピンピンにしながら、しばらく固まってるもんだと思うのですが
鼻先でメタエフォイを転がしちゃったり、初日からなかなかやってくれちゃうタイプでした


結構見てたけどホントお店では大人しかったんですよー

その後は、あんまりSN & SLN組には手(?)を出さないのですが対LNには、ちょいちょい追いかけたり、暴力的な振る舞いを見せます。
特にヨハナに対して
シムラータスよりもヨハナの方が大きいのに・・・
大きいから、より気に入らないんでしょうかねー?

LNレイノルジーが元気だった頃も一匹だけ狙い撃ちされてたし・・・
何か、人(コリ)を苛立たせるオーラでも出てるんでしょうか???


う、う~ん・・・
それは違うと思いますけど・・・・
2012年01月16日

そんでもって・・・・

また水槽に袋が浮いている・・・・・


一週間ちょい前のことなんですが赤虫を買いに行ったら、コリコーナー(?)の一画にある水槽の端っこで一匹だけで、陰気な顔つきをしながらぐんにゃりしてたんです・・・
赤っぽい砂の上に居たので、かなり印象は違ったのですが以前から気になる存在だったロリカリア・シミリマ。
お店で見たら買っちゃいそうだから、出来れば出会いたくないなーと思っていたんですけどね。
大きさも我が家のマスクドロリカリアとほぼ同じぐらい。
シルエットはソックリで色違いで並んだから、さぞ可愛いに違いない!なんて思ったら、もう我慢なんて出来ません


というわけで、ただでさえ狭い45cm水槽に2匹増やしたばかりなのに、またお仲間が一匹増えてしまいました

水合わせ中に定規で測ってみたら尾鰭のフィラメントを抜かして11cm。
マスクドロリカリアより気持ーち大きいぐらいです。


だけど口ヒゲのボーボーっぷりはマスクドロリカリアさんの方が上ですね


しかし、水槽狭い

やっぱ色違い可愛い・・・・・


ガラスに写ってるダブル尾鰭・・・・・

たまにエサの取り合いをすることもありますが、まあそれはロリカリア同士に限ったことでもないので、基本的にはお互いに無関心で仲良くも悪くもなくといったとこでしょうか。
この体格で本気でやり合われたら、巻き込まれた回りが大変なことになりそう(アスピパウキとか潰されちゃう)なので今の所は安心ですが・・・・


無理に仲良くしなくてもいいから、ケンカはしないでね
2012年01月15日

やっぱり気は強かった・・・!

シムラータスと一緒にお連れしてしまった、もう一匹は・・・


パラオトシン・ケサーピントイです!
スピロソーマによく似た体型と顔つき、性格悪そうですねー


スピロソーマの気が強すぎてこれ系のオトには懲りてるハズなんですが、でも好きなんです、やっぱり・・・・
まだ小さくて(といっても4cmぐらい)痩せっぽちで、チョロチョロ動く姿が可愛くて思わずお連れしてしまいました
だってスピロソーマもピットブルも来たときはすでに6cmぐらいだったし、赤虫食べまくってデブデブなんだもん


ちっちゃくって可愛い・・・・

しかし、やっぱりこの顔は気が強かった!
マスクドロリカリアさんの、このサイズに臆する事無くケンカをふっかけるし


だから!!!ロリカリアさんを食べちゃいけませんっ
もちろんこの後は体をブンブンされて吹っ飛ばされてましたけど


現時点で体の大きなピットブルと互角の戦い(?)をしているので、大きくなっちゃったら、またピットブルが虐められるかなぁ・・・

そしたらその時は、必殺技でなんとか自衛して下さい


2012年01月13日

やっとお披露目

溜まりに溜まってた昨年のネタ、放出します!
実はシムラータスをお迎えした時、一緒に連れて来ちゃった子がいるんです
しかも2匹・・・

今日はそのうちの1匹をご紹介します!


いーえ!ゴミではありません
リネロリカリアsp.です


どーですか!地味でしょー
地味な魚ばかりの我が家ですが、その中でも突出して地味です!?
ピットブルも色合いは地味だけど、動きは結構派手ですし(ピョコピョコ跳ねるように移動するとことか)、マスクドロリカリアやロイファロはやはり色は地味ですが体の作り自体が派手だし・・・
あ、顔も派手だよね


ところが、このリネロリカリアさんときたら!
色も体つきもやる事もすべて地味!!


やる事が地味っていうか、とにかく動かないんですよ
食べる時以外は、ほんと動かない!

あ、動かなくて色が地味な魚がもう一匹いましたね。
ちっとも出て来ないのでほとんど出番のないオトシンネグロさん。


でもガラスをハグハグしてる動きは派手だから(←派手の基準がおかしくなってる)やっぱりリネロリカリアさんの方が地味かな・・・


サイズはロイファロと同じぐらいで約5cm。
まだまだオチビなのでこれから大きくなるハズですが、大きくなってもこの地味さは変わらないのだろうな
2012年01月12日

アドル、婿へ行く!

昨年のネタもまだ残っているのですが、我が家のアイドル・イケメンアドルくんが本日もコリドラスらぶのちゃこさん宅へお婿に行ったので、まずはそのお話を先に・・・


先日コリバカが集うコリツアー&新年会だったのですが、仕事で参加できなかった私のために、ちゃこさんとゆ~師匠が一昨日のお休みにショップへ連れてって下さることに♪
そのついでにアドルを連れて行く事にしました。

まだライトも点いておらず皆さんグッスリでしたが、アドル捕獲のためにライトを強制点灯(いつもはタイマー)です。
だけど肝心のアドルが見当たらない・・・・
そこでエサでおびき寄せようと、コリタブを少々投入しました。


ほんのちょっと前までグッスリだったクセに、猛烈な勢いで食べ始めるコリたち・・・
まだ顔は完全に寝ぼけており、体は変な色


私、間違えてトロN入れちゃったっけ???ってぐらい色抜けしてますが
それでもがっつく、がっつく!さすがコリだわ~

しかし肝心のアドルがなかなか出て来ない・・・
奥でグッスリなのかな??
出て来てくれないと、流木と水草をどかさないといけないので面倒だなー、待ち合わせに遅刻しちゃうよ・・・
なんて思っていたら、奥から慌々と出て来てくれました!


せっかくコリタブに釣られて出て来たところ悪いけど、時間もないことだしサッサと掬わせていただきましょう


そんなわけで無事にアドルはお婿に貰われて行きました!
達者でなー!ちゃこさんと、ちゃこさんちにいる女の子アドルに可愛がってもらうのだよ

そしてそしてお楽しみのアクアショップツアーは今回は、アクアライズ大宮→かねだい草加→ティアラ足立です。
前回は鉄の意思で生体購入を我慢したんですけど、今回がアドルが一匹婿に行ったので、じゃあ代わりに・・・なんてことになりそうな予感はしていたんですが


まんまと買っちゃいました
コリドラスsp.マヌーです
この子は前回ツアーの時にアクアライズで散々悩んで結局諦めたんですが、実は帰ってからやっぱり飼いたかったな、と後悔したんですよね。
そのときの子がまだ2匹だけ残っていたので、今回は我慢できませんでした
そして今度は2匹のうちのどっちにしようか散々悩む!
小さい方はとにかくサイズも可愛いしワシワシとその辺をほじくりまくって元気一杯そうだけど、大きい方は顔が可愛いねぇ、なんて事を話ながら選んだ子は、顔が可愛い少し大きめの子にしました。
大きめといっても、もう一匹の子と比べるとなのでサイズにすると5cmあるかないかぐらいで、我が家のLNの先輩・ヨハナに比べると随分小さいのですが。
いやーしかし、あーでもないこーでもないと色んな話をしながらコリを選ぶ時間の楽しい事楽しい事!
これぞ、コリ友さんと行くアクアショップツアーの醍醐味ですね
というわけで、やっぱり1匹減ったのに、また増えてしまったのでした
この子の紹介は、また追々・・・(その前に昨年のネタをアップしなければ


その後の、かねだいとティアラでは生体に手出しする事無くアクロ用の流木とコリが乗ったら可愛いであろう平たい石をGetし、コリ話満載のディナーをして、ツアーは終了です


そしてちゃこさんにはお菓子のお土産を、ゆ~師匠からはイトメを頂いてしまいました嬉しい~!!!


昼間(おびき出すための)コリタブ食べたクセに、一週間食べてません!ってぐらいの勢いでイトメにかぶりついております
お二人とも本当にありがとうございましたー!!!
すっごく楽しかったです♪また行きましょうね~
2012年01月09日

ストレス溜まってます!?!?

先月末にお連れした新入りのコリドラス・シムラータス。
いやー、なかなかアップの良い写真を撮らせてもらえませんねー
赤虫で釣っても、近くに行くとコリの群れ(?)の中に逃げちゃって・・・
食い意地は、はってるようなので水草の奥に逃げ込んじゃうことはないのですが、他のコリがかぶっちゃうもんだから、どーも上手い事撮れません

↓赤虫を喰らうコリの群れ(?)

※ボックスに隔離されてる皇帝以外の魚が全員写ってます。
コリ23匹+アカヒレ+スピロソーマ、全員見つけられるかな~!?
この↑画像はクリックすると大きくなるよ

仕方がないので、遠目から撮った写真をトリミングでなんとか・・・


来たばっかりのまだグッタリしてた写真はすでに載せましたが、現在のシムラータスはこんな感じ!
あんまり色出てません具合悪いのか・・・?
黒のバックスクリーン貼れば、色はもうちょっとよくなると思うんですけどねー
ただ食欲はあるんですが、どうもあんまり回りと馴染んでないというかなんというか。
うちの水槽は騒がしいヤツとか無神経なヤツが多いからなぁ

↓騒がしいヤツ

↓無神経なヤツ

あげくの果てにこんな事までされちゃって・・・・








口に入れる前に見て気がつきなさいっ
いきなりデカくて顔の黒いSシュワに唇(?)を奪われたシムラータスの精神的ダメージは計り知れない・・・・
お願いだから、やめて~
ロングノーズってメンタル弱いイメージだから~~


なんとか早いとこ馴染んでほしいと切に願う今日この頃なのでありました
2012年01月07日

二つの紛失事件

たった一週間ちょい前の話なんですが年をまたぐと、もう去年の話になってしまうのですよねー
というわけで年もとっくに明けたというのに、いまだに昨年の話をしている当ブログでございます
暮れも押し迫る忙しい中、ちょびっとだけ各水槽(といっても二個だけだけど)の排水を仕様変更しました。

どこをどー変えたのかといいますと、まずEJ60から・・・


・・・・・
なんにも変わってないように見えるんですが


背面にピッタリ沿わせていたディフューザーの向きを変えました
別に変えようと思っていたわけじゃないのですが、水槽掃除の時にあまりにホースが汚かったもので、久しぶりに外して洗ったまでは良かったのですが、いざ元に戻そうと思ったらディフューザーを固定していた吸盤が無いのですよ!?!?
洗った時に外したんだと思うんだけど、外した記憶がまったく無くって一体どこにいってしまったのか・・・
さんざん探しても見つからないので、もう吸盤いらん!って事になりまして。
吸盤がないと壁とディフューザーの隙間が狭くなってしまうのでアホのロクソやアクセルが挟まると怖いため、思い切り広げてみることにしました。


いやいや・・・
ロクソとアクセルは本気でおバカだから何するか分からないからね
ってか君、実際に挟まって死にかけたでしょっ!!!
 そんときの記事→2010年05月29日
というわけで、ほどんど見た目には変わらない仕様変更になりました

そしてアクロ45の方ですが・・・


シャワーパイプから拡散吐出口に・・・・
これもやろうと思っていたわけではなく、やはり水槽掃除の時にあまりにシャワーパイプが汚かったもので、それじゃあ洗いますか・・・と洗ったまではよかったのですが、いざセットしようと思ったらパイプの止水栓が無い!無い!無ーーーい!!!
吸盤に引き続き、今度は止水栓まで無くなるとは・・・!
というか、吸盤無くしたときに学習して、無くなりそうな小さいパーツの扱いには慎重になれよ、私っ
結局、止水栓も見つからず、ひょっとして予備なんかが入ってたりなんて・・・?という甘い期待を込めてセットしたときに余ったホースや取説なんかをつっこんであった箱を探してみたところ、予備は無かったけど拡散吐出口なるパーツが出て来たので使ってみることにしたのでありました
しかしなんで二個もパーツが無くなるんでしょうねぇ・・・
ネコがどっかに転がしてベットの下にでも潜ってるんでしょうか??
でも水槽いじくってる時はネコうろついてなかったしなぁ。
ひょっとして神隠しとか???


うっ・・・・
た、たしかに3秒前まではかけてたハズの眼鏡が紛失してどこにもなくって大騒ぎした後に洋服ダンスの中から出てきたことはあったけどさ
さすがにまだボケちゃいないと思うんだけど・・・・(←怪しい)
2012年01月04日

アドルフォイの変化

アクロっから引っ越してきたチビ軍団ですが、4匹の中で一番年上なのに一番チビっこなアドルに変化がありました。
どんな変化かといいますと・・・・


背鰭真っ黒!!!
アドルフォイの背鰭は黒くないし、この子も引っ越して来る前アクロに居た時は背鰭の黒はすっかり抜けていたハズなんですけど・・・
底砂も同じ大磯+田砂ミックスだしバックスクリーンも貼ってないしライトはEJ60の方がむしろ明るいぐらいで、phだって大差ないんですけどねー
なんでこんなに黒々してきたんだろう??

さて、お店でアドルを買ったのは一昨年(2010年)の9月でした。
まだ2cmあるかないかのブリードおチビで一緒にお店にいた子には幼魚班が残ってる子もいたのですよね。
大きくなったらどうせ色は抜けてしまうだろうと思いつつ背鰭の黒々した子を一匹と、すでに背鰭の黒は抜けていたけど大きめでプリプリした健康優良児っぽいを一匹選びました。
この健康優良児っぽい子は雄だということが後に分かり、メタエフォイを頂いたぱふさんちに婿入りしました。
余談ですがぱふさんのお宅では、このアドルの子と思われる稚魚が現在すくすく成長しているんですよー
我が家から婿入りした子がしっかりパパになってくれるなんて、なんて感動的なのでしょう!
ぱふさんにもアドルママにも感謝ですね
話は戻りますが、現在我が家に残ってるのがこの背鰭が黒かった子なのです。

来たばかりの頃の写真↓

わーガリガリでヨレヨレじゃんかっ!?!?
なんか今にも死んじゃいそうなぐらい弱々しいんですが・・・
よくこんな危うそうな子買って来たなぁ、私
背鰭も、もっと黒々してた印象があるんですけど、なんか半端な色ですね

ひと月後↓

大分ふっくらしてきましたね!
背鰭の色も少し抜けてきた感じはしましたが、パっと見はまだ黒い印象が強かったです。

ちなみに、上の写真と同じ頃のプリプリ健康優良児ちゃん↓

すっかりデブです

半年後ぐらい↓

ほとんど黒は抜けてます。
全体的に色が抜けているというより、背鰭の色だけが抜けてきた感じですね。

そしてEJ60に引っ越して来る直前↓

大きさこそ35mmほどですが、こうして見るとすっかり大人って感じです。
白と黒のメリハリが強くてなかなか美しい・・・

EJ60に引っ越し直後↓

最初は大きいコリにビビリ気味(というか、ちょっと嫌そうだった)だったものの、他の3匹よりも慣れるのが一番早かったです。
背鰭の色は、まだアクロの時と変化はありません。

それが数日後にあっという間にこんな真っ黒背鰭に変化しちゃいました!?


アイバンドも背中のラインも、一段と黒々してます。
だけど体の白は黒ずんでくるこもなく、実にかっこいいではありませんか♪
これが子供ならではの色なのか、もっと成長すれば色が抜けてきちゃうのか今のところ全然分からないのですが・・・
子供ならではって言っても一歳半ぐらいなんだし、もう子供というより若魚ですよね。一緒に来たアドルは父になってるわけだし。
でもワイルドの大人アドルに比べればやっぱり体型とかも子供っぽいもんなー
このままの背鰭で大人体型になってくれたらニューアドのような雰囲気をもつ、かなりカッコいい子になりそうな予感が・・・・
しかし、メタエフォイにも半年年下のデビこちゃんの子にすら、どんどん大きさを追い抜かれてしまい、いつまでもチビっこのアドルが、ほんとに大人体型になるのか?って心配もあったりするんですが


とはいえ、来たばかりのガリガリヨレヨレを思えば、ここまで大きくなってくれたことだけでも感謝しなければいけないのかもしれませんね
2012年01月01日

2012年



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。