--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月31日

くっつく場所

ロイファロさんが珍しく流木にくっついてました。


流木が好きそうな外見してるんで、もっとくっつくのかと思っていたけど、今のところガラス面や砂の上にいることの方が圧倒的に多いです。


まだ子供で成長期だから、常にエサを探して動き回っているのかもしれません。

そしてたまに、こんなことも・・・


流木にはくっつかないけど、マスクドロリカリアにはくっつく・・・


それ、エサじゃないからっΣ( ̄◇ ̄|||)
マスクドロリカリアは貼り付かれてることに気付いてないのだろうか・・・?
スポンサーサイト
2011年10月28日

保存食失敗






たとえ満腹あろうとも、ひとにあげるぐらいだったら意地でも食べるロクソなのであった・・・
2011年10月26日

密着!

暑苦しいキャラが揃ってるセミロングノーズ組が密着している・・・・


先生の尾鰭がジュタイのノーズに乗っかってますが


暑苦しいまま、落ち着いちゃった!?Σ( ̄◇ ̄|||)
2011年10月24日

ちっとも泳がない魚

コリドラスってあんまり泳ぐイメージないですよねー
いつでも底の方でなんかモソモソしてて、たまに泳いでも大きな体をヨタヨタさせて不器用そうに・・・(しかし逃げる時だけはすごい早い


だけどそのモソモソしてるところをよく見てみると、お尻を少し浮かせて尾鰭を動かし水をかきながら前進しているんです。


水をかいて移動している・・・これって泳いでるように見えなくても立派に泳いでいるのではないでしょーか!
ということはコリは、ちゃんと泳ぐ魚なんですねー


しかし我が家にはちっとも泳がない魚がいるんです。
いつ撮っても同じような写真しか撮れないマスクドロリカリア


この子もコリ同様にいつも底でモソモソやってますが、移動するときは腹鰭で歩く(?)んです!
腹鰭を交互に出して砂の上をえっちらおっちら・・・
水ではなく砂をかいているので、これは完全に歩いています
スイスイ泳ぐことなんて絶対にありません!!!
流木の隙間からノソノソ這い出してくるその姿は、まるで井戸から出て来る貞子のよう・・・(←リング見てないけど・・・)


見れば見る程ほんとに魚なのか疑わしくなってくるこの個性的な姿に、なんで魅かれてしまうのか自分でもよく分かりません
2011年10月22日

こういうとこだけは・・・

こちらの様子を覗き込む皇帝様


こういうとこは、ほんと可愛いんですけどねぇ
2011年10月20日

お目々比較

我が家の吸盤組、それぞれの目を比べてみましょー!

まずはEJ60からパラオトシンスピロソーマ

案外つぶらで可愛らしい瞳をしています。
この顔から、あの凶暴性はとても想像できませんね

続いてアクロからピットブルプレコ

スピロソーマよりも深く切れ込みが入ったパックマン型。
なかなかカッコいい形してます

そしてマスクドロリカリア

ゴールドの縁取りに見事な三日月型!
体はトゲトゲ、口ヒゲボーボーでアップにするとほんとワイルドっ

さらにロイヤルファロェラ

細っ!
体も細いけど目も細い!!
ネコの肛門みたいで可愛いのぅ・・・←変態

トリはオトシンネグロ

写真が荒すぎてなんだか、よく分かりません

というのも、この写真の元画像はコレだから・・・↓

コレをトリミングしたらこんなんなりました
だってこれ以上近づくと瞬間移動のごとく早業でどっか行っちゃうんだもん
2011年10月19日

ジュタイの門堕ちる

我が家の60cm水槽において鉄壁の守りを誇る(飼い主のストーカー行為などから)最終防衛壁「ジュタイの門」


・・・・だったのですが、写真の左側にいる黒い方の子がお亡くなりになってしまいました
夏ぐらいから、どことなく体の色ツヤも悪く元気がなさそうだったのですが、病気っぽい症状がでるわけでもなく食欲はとってもあったので、今年の特殊な夏に少々バテ気味なのかもしれないなんてことを思っておりました。
少し前から食欲がおちて痩せてしまい、ついにエサを受け付けなくなって力尽きてしまったのは一昨日の晩の事。


いつでもデカイ体で、もう一匹のジュタイと水槽の最前面にはりつき、エサの気配を感じると巨体をブンブン揺らして激しくエサクレする姿はとても迫力があり、この光景がもう見られないのかと思うと、とても残念で寂しく思えます。


しかしオチビの隠れ家にされたり、他のコリに体の下に潜られたり、枕にされたりと本当に色々楽しませてくれたコリでした。
たった一年半だったけれど、魅力的な姿を沢山見せてくれてありがとう!
どうか、安らかに・・・!


さて、空いてしまった鉄壁の門の後任に着くのは我が家の巨漢No.2となったザンガマか・・・!?


が、しかしっ!


ザンガマは堪え性がなかったのでありました・・・


相方を失ってしまったジュタイが妙にさみしそうに見えるなぁ
2011年10月17日

色濃い母の血

我が家に唯一残ったデビこちゃんの子ですが、来月で一歳になります。


このところ成長著しく、半年ほど年上のメタエフォイとアドルを追い越してアクロのコリでは一番大きくなりました。
デカいくせに超ビビリで、なかなか写真を撮らせてくれないんですけどね

ちっとも大きくならない父親のオイヤポ(4cmぐらい)に、もうすぐ追いつきそうな勢いです!


オイヤポは顔つきも丸こくて、胴も短いので子供っぽく見えます。
永遠のとっつぁん坊やってトコでしょうか

一方こちらはお母さん

デビこちゃんの子の長い顔と胴は完全に母親譲りですね!
父親譲りなトコは尾鰭のシマぐらいしか・・・


しょーがないじゃない、事実なんだから
胴と顔が長いのはデビッドサンジーのスタンダードな体型のようですが、レディに言うにはちょっと失礼だったかな
2011年10月15日

地味ですねっ!



エサの時にはマスクドロリカリアと、もめている事もあるピットブルプレコですが、60cm水槽に居た時よりもこっちに引っ越してきてからの方がイキイキとしているような気がします


エサ以外の時は近くにいても互いに無関心。

スピロソーマに虐められてエサを食べることが出来ずにガリガリになっていた体もずいぶんと、ふっくらしてきてすっかり元気です。


それにしても、こうして見るとホント地味な体色してますね~
実際に見ると大磯と同化しちゃってもっと地味です
多少、気味がかってるのは大磯と田砂を混ぜているせいでしょうか?
この体色は何色?って聞かれたら「大磯と田砂を混ぜた色」としか答えるしかあるまい・・・


この地味具合がこれまた、たまらなかったりするんですが
2011年10月13日

アクセルって・・・・



あっ!アクセルがヨハナにチュウしてる!


あっちでもやってる・・・・
アクセルってほんと、おバカだよなぁ


いや、別に褒めてないから・・・・
2011年10月12日

フィラメントが~・・・泣



美しく伸びたロイファロ自慢(か、どうか知らんけど)のフィラメント・・・

気がついたら、こんなに短くなってしまいました


テトラオーロに齧られちゃったかなぁ

ユラユラ揺れる細長いフィラメントはテトラには、とっても美味しそうに見えるかもしれないですね


本人はさして気にしてなさそうなのが幸いか!?
2011年10月11日

突き刺さるジュタイ

ジュタイが砂利に突き刺さっておられる・・・・



左へ、


右へ、

尾鰭で上手にバランスとって・・・



しかし他にあんなに赤虫があるのに、なんでわざわざ何もないとこほじるかね
2011年10月09日

恐怖っ!

産卵ボックスで隔離生活中の皇帝様にもエビ餌をあげてみましょう!


こんな大きな粒でも何度も持ち(?)変えながら、ふやけた端っこから器用に食べてます。
しかし、動画の最初の方にも入ってますが、コリがボックスに近づくと餌をくわえながらもガルルーと向かっていくそのお姿・・・・


怖すぎるっ
2011年10月07日

えび餌

最近、チャームでの買い物はアクア用品よりもネコ缶とかネコ砂ばっかり。
先日もネコ缶を大量買いしたんですが、ちょびっと送料無料に届かなかったので、こんな物をカートに放りこんじゃいました。


我が家にエビは居ませんが、お試しの少量パックだったので・・・


餌をチラつかせながら写真なんか撮っていると、さっさと食べたいコリたちがだんだん殺気だってきます


わー!アクセルがつぶれるー



なんだ、その顔は・・・・

レセがタコチューになると困るので、さっさとあげましょうかね


っつっても、人工飼料を食べないコンディス先生はどーせ食べないし、他のコリは何あげたってガツガツ食べるので、コリタブあげるのとたいして変わらないんですけどね


ただ、エビ餌の方がふやけにくいのと、思ったより粒がデカかったので小さい組のコリには少し食べづらそうでした。




まあ、食べづらくてもコリは別に気にしてなさそうでしたけど

↓大きい粒に苦労して変な口になってるマスクドロリカリア

結局コリたちには、最初の一回だけであとはいつものコリタブをあげてます。
体の小さいロイファロは赤虫が食べづらそうなので、補助的にあげるときにこのエビ餌を使ったりするんですが、別にいつものコリタブで充分だなぁ
でも餌って、なんか違うの買ってみたくなるんですよね
2011年10月05日

寝ぼけ顔・2

オトがグッスリなら当然コリたちもグッスリ・・・


ロクソも寝ぼけ眼です

ただコリたちは明るくなったことに気がつくと、あわあわとその辺をほじくり始めます。
ウトウトしてるとこを上司に見られてることに気がつき慌てて仕事をしているフリするサラリーマンのように


魚にとって寝起きのボーっとしたところを敵にさらすことは危険に繋がるわけで、慌てて餌を探すというのは「さっきから起きてましたけど?は?寝てませんよ、別に!」というアピールなんでしょうか?


それともただのいやしんぼ・・・・?
2011年10月04日

寝ぼけ顔

水槽掃除は休みの日にやることが多いのですが、掃除の後に出かけたい時なんかは普段よりも大分早い時間に照明を点けることになるので、遮光用のタオルをめくると魚たちはみんなグッスリ・・・


スピロソーマがこんなトコにへばりついて寝ている・・・・


近寄っても気がつきません
目ぇまん丸~

斜め上から・・・

うひひ変な顔~
2011年10月02日

ヒゲボーボー

ちっこくて細くって可愛らしいロイヤルファロウェラがやってきたので同じ細長系のマスクドロリカリアがやたら巨大に見える今日この頃・・・
マスクドロリカリアもブリードだし、マックスサイズは20cmぐらいになるらしいので、きっとまだ若いんだとは思いますが。


しかしカッコいいですね、この顔!
口ヒゲボーボーです
こんな口でも赤虫はコリのようにチュッチュと吸いながら食べ、一口サイズの小粒コリタブは口の中でコロコロ転がしながら器用に食べてます。
見た目は不器用そうなんですけどねー


もしゃもしゃと動く口ヒゲ・・・あーたまらん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。