--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年09月30日

出番は?



・・・なんて話はしてませんが、何やらみんなで雑談中に見えたので
でも実際、赤虫があればなんでもいい!とは思っていそう
スポンサーサイト
2011年09月29日

赤虫は苦手?

ほとんど床の上で過ごすマスクドロリカリアと対照的に、新入りのロイファロさんはガラスにへばりついてることが多いです。


下半身(と言うのか…?)が昆虫です

意外とアクティブ・・・・



二股に分かれた尾鰭が昆虫っぽさに拍車をかける・・・・

そんなロイファロさんですが、餌が撒かれるといそいそガラスから降りてきて不器用な動きで食べ始めます。
お店ではプレコタブをあげていたそうで、コリタブはすぐに食べてくれました。
赤虫にも反応はいいのですが、ネグロ同様に表面を舐めてるばっかりっぽくイマイチちゃんと食べられてる気がしません


ただでさえ小さいに痩せちゃうと怖いので赤虫をあげた日でも、つい補助的にコリタブを入れてしまうのでありました


ここのコリたちは、おデブになりそうだな・・・

ところでブログ内にほとんど広告が入らないからと、引っ越ししてきた忍者ブログですが、昨日から広告が入るようになっちゃいました。
ひと月前ぐらいからお知らせに出てたようですがちっとも気がつかなかった
無料で使えるブログはほとんど広告が入るので、これも時代の流れだし仕方ないことではあるんですが・・・
それにしたってテキストならまだしも、こんなデカイ写真がどかーんと本文に入るって、ちょっと・・・いや、大分嫌だ・・・・
うーん、困ったなぁ
2011年09月27日

意外と大物?

というわけで前回チラっと写真を載せましたがGINSUIさんにて衝動買いしてしまった細長い子は・・・


ロイヤルファロウェラでした~
ブリードのチビっこです。
尾鰭を抜かして5cmぐらい・・・?


だけどこの部分がとってもとっても細いので、実際の長さよりもずーーーっと小さく見えます。


ピグちゃんが巨大に見える・・・

他魚に意地悪なピットブルプレコとの折り合いが心配でしたが、私は見てしまいました
コリタブを食べてるピットブルプレコの頭の上に乗っかって流れて来るコリタブのカスを食べているロイヤルファロウェラの姿を・・・!
マスクドロリカリアやコリのことは追い払うのに、一体何故???


生き物だとう認識が無いのだろうか
ちっこいクセにマスクドロリカリアの体の下に無理矢理潜ったり(やっぱりおこぼれを食べている)なんかもして結構傍若無人なとこも見せてくれてます


2011年09月25日

スカイアクアリウム・後編



それでは前回の続き、スカイアクアリウムの後編いっちゃいましょー!

続きを読む »

2011年09月24日

スカイアクアリウム・前編



六本木ヒルズで開催中のスカイアクアリウム。
今月の28日までということで、滑り込みで行ってまいりました!
デートのお相手は本日もコリドラスらぶ
のちゃこさん
一度行ったのにもう一回お付合いいただいてしまいました
(↑そもそもちゃこさんのブログに書いてあったのを見て行きたくなった

スカイアクアリウムの入場券には強制的に展望台と森美術館がくっついてきちゃうので美術館をすっとばしてまずは展望台に・・・

続きを読む »

2011年09月22日

コリのなる木



水草ゾーンに流れていったアルテミア100を必死で食べるコリたち
2011年09月19日

コリ絨毯



赤虫撒けば出来上がる・・・・・



うーむ、底床が見えない



なんか空気薄そうだもんね、そこ
2011年09月17日

仲良く・・・?

コリタブを巡って小競り合いをすることもある、あまり仲良しではないピットブルプレコとマスクド・ロリカリアですが・・・・


何並んでんの、君たち

実はこれ、2匹がそれぞれ口の中にコリタブを入れて食べている状態です。


ああ、なんて微笑ましい光景なんだ・・・・
いつでもこんな風に仲良く食べてほしいと多少多めに入れるんですが、その辺に転がってるコリタブを無視して一個を巡って争ってる姿を見るとなんだかなぁ・・・と思ってしまう


そんなメンドクサイことするかっ!
2011年09月14日

ネグロさん、赤虫の味を知る!

いままで餌の時間だろうが何だろうが一切、知らん顔だったオトシンネグロさんでしたが、ついに赤虫の味を覚えたようで・・・・


2~3cmのハステータスが巨大に見えるほど小さいネグロさんが一生懸命、赤虫にかぶりついてる姿はとっても微笑ましい
しかし、ちっとも食べれてるように見えないんですが・・・


よかったね
2011年09月12日

ひやり

こういう狭いトコロで体の小さなアクセルの横を巨漢ジュタイが通り抜けるところを見ると・・・


細い道でチャリを追い越すダンプカーのようで、なんとなくヒヤっとしちゃいます
2011年09月09日

おでこの傷

ジュタイのおでこにスリ傷が出来ていました。


基本的には大人しいジュタイですが、ビックリして逃げるときなんかはもの凄い勢いとスピードで色んな場所にぶち当たるので、その時に出来た傷なのでしょう。
白い線が入ったように見えるこの傷ですが、アップで見ると・・・


き、気持ち悪っ!!!
黒髭でも生えてきてるんじゃぁ・・・?


す、すみません心底気持ち悪かったものでつい・・・

ちなみに、4~5日で治って今はすっかり綺麗なデコです!
黒髭は生えてきませんでした!!!
2011年09月07日

ピカピカなヤツ

マスクド・ロリカリアをお連れした日の水合わせ風景・・・・


ん?奥の方に何かが・・・ゴミではありません???

こ、これは・・・・・?

死にかけた小魚のように見えますが、しっかり生きてますのでご安心を


色はすっかり抜け、体は斜めで顔面蒼白(?)なこの子の正体はプラチナテトラオーロです!

アクロには5匹のテトラオーロがいたのですが、雄が一匹行方不明になってしまって現在は4匹しかいません。
オーロは網で掬うとすぐに気絶して底に沈んでしまい、水槽に近づけばもの凄い勢いで奥に逃げ込むのでガラスにぶち当たってやっぱり気絶しちゃう。
それぐらいビビリなんですが、10匹ぐらいになると急に強気になってピンセットから赤虫をかっさらいに来るぐらい大胆になるので、ずーっと増やしたいなーと思っているのですが、このところショップにいるのはプラチナばかりで普通のテトラオーロがちっともいない・・・
プラチナの方はあんまり好きじゃなかったんですよー
ピカピカ光るのが綺麗なプラチナテトラオーロですが、普通のオーロはライトが当たるとキラキラ光るんです。


ピカピカではなく、キラキラ・・・なんというかお上品な光り方なのですよね
それに尾鰭のワンポイントは普通オーロの方がハッキリしてるし、なんといっても目が大きくて(目の大きさが目立つからってだけなんですが)顔が可愛い!
カージナルテトラのように色鮮やかではないので、何コレ?どっかの川で捕まえてきたの?とか言われちゃうこともたまにあるけどADAのカタログにあるような水草レイアウト水槽にテトラオーロのみって最高に栄えると思うんですよね。
うちの水草がショボイ水槽で見るから、その辺の川にいる地味な小魚に見えるんだな、きっと


あ、話が反れてしまいましたが、そんなわけでオーロを飼うなら絶対ノーマル!プラチナだったらいらないもんね!って思っていたのですが・・・
ショップではプラチナテトラオーロの水槽にマスクドロリカリアがいたんです。
こういうピカピカバクテリアの付いてる魚は飼ってるうちに普通になってきてしまうようですが、一体どれぐらいでピカピカはとれてしまうのか?ピカピカが無くなれば普通のテトラオーロみたいに可愛い顔になるのか?それはどれくらいの期間でなるものなのか?色々興味が沸いてきてしまいまして・・・
買うと決めていたマスクドロリカリアと同じ水槽だから水合わせも一緒に出来るなー、なんて考えていたら、プラチナテトラオーロも一匹下さい!と思わず口走ってしまいました
そんなワケで絶対に飼うことはないだろうと思っていたプラチナがアクロに仲間入りしたのでありました

一匹ちょっと違ってて仲間はずれにされたりしないかしら・・・?




なんてことは一切なく・・・・


初日っから何の疑問もなくテトラオーロ(+ハス)の輪で、ど突いたりど突つかれたりしつつ、すっかり馴染んでおりました
まぁ、コリであるハステータスが混じってても気がつかないぐらいなんだから多少ピカピカしてるぐらいでは気がつくわけありませんね
2011年09月06日

細長いヤツ

ガリガリになって死にかけていたピットブルプレコですが、実は元気になってからも少しの間、皇帝の部屋を間借りして暮らしておりました。
ほんとはすぐにアクロに移したかったのですが出来なかったそのワケは・・・


アクロにはこんな子がすでに住んでいたから・・・・


マスクド・ロリカリア~

最近、細長い系が気になって気になって仕方が無い私はマスクド・ロリカリアとリネロリカリア・ランケオラータ(赤じゃない方)をどっかのお店で見かけたらきっと買ってしまうんだろうな・・・と思っておりました。
そして赤虫を買いに行った先で、この子を見つけてまんまと買ってしまいました


我が家へ来て間もなかったので、もうちょっと慣れるまでピットブルプレコには狭い場所で(皇帝に睨まれつつ・・・)我慢してもらうことにしたのですが・・・
ところが毎日じっくり見てても、慣れてきてるのかどうかがサッパリ分からず
あんまり動き回るわけでもないし、餌は食べるけど積極的に出て来ることもあれば、赤虫が投入されてもしばらくボーっとしてることもあるし。
量もどれくらい食べるのが適量なのかも全く分からない???


そんなわけで結局慣れたかどうかなんて分からないままピットブルを合流させてしまいました
どっかにへばりつくことなく、砂地にいるのでピットブルプレコとバッティングすることもありますが餌の時以外は今の所互いに無関心です。


たまにコリタブを巡って小競り合いをしているので、どっちかが食いっぱぐれないように少し気をつけなければ

ところでここには、もう一匹オトシンがいますが、こちらは相変わらず誰のことにも無関心のオトシンネグロさん。
そんなネグロさんですが、気がついたら三角関係を築いておりました

↓三角関係???

2011年09月04日

餓死寸前!?!?

ラムズからコリタブを強奪するピットブルプレコ・・・






ところでピットちゃんが居るこの場所は産卵ボックスの中。
なぜこんなところにいるのかと言いますと・・・

かれこれひと月ぐらい前になりましょうか?
水槽の端っこで、体を斜めにしてガラスにもたれかかったピットブルプレコが目に入りました。
オトは色んな場所で変な格好をしているので「あははっ死んでるみたいな格好しちゃって~」なんて思いながら近づいてよく見てみたら!
なんと、お腹がベッコリへこんでいて、しかも妙に息が荒いではありませんか!?
えええ!?なんで!!?!?いきなりどーしちゃったの!?!?
他の魚には特に異常はないし、一体何起こったのかすぐには分かりませんでした。
しかしよくよく考えてみると、そういえばここ最近みんなが餌を食べていてもピットブルだけはガラスに引っ付いていることが多かったような・・・?


スピロソーマが攻撃してくるとガラスに避難していたので、もしやそのせいでほとんど餌を食べれてなかったのか・・・?
それでも何かしら食べるものは、あっただろうし、ここまでお腹がへっこんでるってことは、拒食状態になっちゃってるのかもしれない・・・
ぐったりしたその姿は、すでに瀕死状態に見え、これはもう絶対にヤバい!もうしばらくしたらピットちゃんは死んじゃうんだー!うわーん!!!と、悲しみにくれておりました。
そして水槽が消灯した後、こっそり布をめくって見てみると、変わり果てた姿のピットちゃんはナナの葉の付け根(?)辺りに挟まっていました。


ああ、やっぱりダメだったんだ・・・何もしてあげられなくてゴメンよ・・・と、思いながら遺体を引き上げるべくピンセットで尾鰭を掴もうとしたのですが、ギリギリでピンセットが届かず。
そこでナナが活着している流木を持ち上げてピットちゃんをピンセットでつまみあげました。
赤虫解凍用の計量カップに遺体を入れて庭に埋葬しようと思ったのですが、片手には流木、もう片手にはピットちゃん。
はて?これでどうやって計量カップに移せばいいのだ??
流木を下ろせばいいのですが下ではコリたちが所狭しと寝ていて、コリに上に流木を落とすのは気がひける・・・(ま、避けるんだろうけど)
ああ、そうか。ピットちゃんを一旦ここに置いておこう!


と、ここまで考えてる間ピンセットに挟まったピットブルは水から外に出ている状態だったんですね(だって遺体だったから・・・
そんでもっていざ蓋受けに置いたら、すべって皇帝の産卵ボックスの中にポチャンと落ちちゃったんです。
そしたら死んでたはずのピットちゃんが、ガラスにペタっとへばりついたではありませんか!?!?
ええええーーーー!?!?い、生きてたのーーー!?!?
てっきり死んでると思って結構水の外に出しちゃってたよっ
だって、ナナの葉に挟まってる時はエラ動いてないように見えたし・・・
あれは死んでるという思い込みがそう見せただけだったのか!?!?
とにかく慌てて空のペットボトルを切って産卵ボックスを仕切り、皇帝側とピットブル側に分けることに。


でもきっともうダメだろうな・・・ピンセットで摘んで水からあげるときもピクリともしなかったし、もう体力がないんだろうな・・・・
しかも水から出して悠長に悩んでいたのが、きっと追い打ちになって明日にはもう死んでる・・・うわーん!!!私が殺しちゃったよー!!!

そして翌日、逆さまになって死んでるピットちゃんの内蔵にラムズが食らいついてるに違いない・・・なんて事を考えながら布をめくってみたら・・・
ちゃんと生きてました
それでもお腹はベッコリだし、元気はなさそうだし、相変わらずヤバそうな気配はしていたのですが、冷凍ブライン(ベビー)は食べたので、一日二回のブライン攻撃で体力を回復してもらう作戦でいくことにしました。
そしたら、みるみるお腹も戻ってコリタブにもガツガツくいつくようになって・・・
二週間ぐらいで元の元気なピットちゃんに戻ってくれました
正直、まさか元気になるとは思わなかった・・・ホントよかったぁ~


多分、餌を食べようとするとスピロソーマに攻撃されてガラスに避難している間にコリたちに全部食べ尽くされてしまい、満足に食べることが出来ず痩せてしまって体力が無くなってる状態だったんじゃないかなー思います。
水槽に発生する何かだけじゃとても栄養素が足りなかったんですね
あのまま気がつかなかったら餓死してたかもしれないと思うとホントにゾっとします。


ただでさえ狭い産卵ボックスを、いつまでも半分に仕切ったままにはさすがに出来ないのですが(皇帝も怖いし・・・)水槽にそのまま放てば、またスピロソーマに虐めらて同じ事の繰り返しになる可能性があるので、アクロに引っ越していただくことにしました。
先住にネグロがいるけど、さすがにネグロに虐められる事はなかろう。
でも逆は怖いなー、体の大きさも全然違うしなー、なんて心配もしたけど今の所トラブルは一切おきてません。
というかネグロの存在に気がついていないのかもしれない・・・


2011年09月02日

このお腹は・・・・!

コリを蹴散らし赤虫を食べまくってるスピロソーマは・・・・


最近、お腹がポッコリ・・・


この色に、この形・・・・
ポッコリしてるのでお腹の白い部分が余計にぷっくり目立って、いつもアレを思い出してしまいます








残念ながら、この中に入ってる赤虫はウンコとして排出されるのみなのです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。