--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年01月29日

レセの立ち泳ぎ




途中で何か口に入ったらしく、カメラ目線でモグモグしてる顔が、なんだかとっても得意げに見えます
それにしてもしつこいですねー
一旦着地するのかと思いきや、また戻ってフガフガ。
いつまでもいつまでもフガフガフガフガ・・・・・
多分電気がついてる間は一日中どっかしらフガフガしているものと思われます。


レセはこんな体のわりに食べるのがわりとトロくさいので、ちんたら食べてるうちに猛スピードで食べまくるセミロング組にみんなとられちゃって、いつでもお腹空かせているのかな???


あの・・・ほどほどにお願します
スポンサーサイト
2011年01月27日

ついに全員デビュー!



11月のはじめに誕生した、デビこちゃんの子供たち・・・
大きい子から少しずつ水槽に放ってきましたが、最終的に残った12匹も一昨日アクロに全員移動させました。


ほんとは一番最後に残した子はきっちり三か月でデビューさせようかと思っていたのですが、79日目となんだか中途半端になってしまったのは、産卵ボックスの吸盤がくっつけてもくっつけても外れてしまい、いい加減直すのが面倒になったから

一番最初に吸盤が外れてしまったときは片側が完全に水没していて2匹が水槽内に脱走しちゃったのでEJ60には、孵化直後に水槽に落とした子、33日目に脱走した子、65日目に放流した大きめの子3匹、72日目に放流した3匹、78日目に脱走した2匹の計10匹がいます。
そしてアクロには、65日目に放流した3匹と今回79日目で放流した12匹で計15匹。


いやー、長かった・・・!
二か月半なんて普通に生活してればあっという間に過ぎちゃう時間ですが、毎日大きくなるのを心待ちにしながらなかなか変化の感じられない時期があったり、稚魚がどんどん死んじゃう時期があったりとヤキモキしながら過ごしていたのでホント長く感じましたねー

約40匹孵ってここまで育ったのは25匹、ダメ飼い主のつたない育児によく頑張ってくれました!!!(一匹は自力で生き抜いてきたのだけど)
みんな、ほんとにありがとー!!!おかあちゃんは感動だよっ( ̄◇ ̄°*)
これからはEJ60にいる子たちはデカコリに負けずに生きていかねばならず、アクロの方はEJ60に比べると水の安定に不安が残るので、これで安心というわけではないけど、とりあえず一段落ついたという感じです。


大人コリと違って餌の時間にすぐに集合とはいかず、毎日点呼をとることが出来ないのですが、掃除の時にはなるべく全員の無事が確認できるように頑張りたいと思います。


そしてサイドバーに設置してある「今日の稚魚ちゃん」コーナーですが、この子たちの水槽デビューで終了にしようと思いましたが、こちらはキリのいい生後90日(三か月)まで続けてみます。
とはいえ産卵ボックスと違って写真が撮りにくいので(すぐ奥にひっこんじゃうから)残り10日のうち何回更新できるか分かりませんが目標一日一枚!餌に釣られて出て来たところを激写していこうと思います


2011年01月24日

Sシュワの背鰭

Sシュワのガングロちゃん。


背鰭が一時期伸びたと思ったらある時短くなって・・・なんてのを何回か繰り返してここ最近また伸びてきました。


がっしりとした体型に顔が黒々してて体のラインも極太で(グニャグニャだけど)かなり見た目は厳ついけれど、これでも立派なレディ・・・

ちなみにもう一匹のSシュワは短くなってる期間が長かったのですが、最近また伸び始めてきました。


でもここから先がなかなか進まないんですよねー


とはいえ、土台(?)自体が元々大きいので充分かっこいいのですけど



正面から見るとまるで侍の刀のよう・・・



先生もビックリ

2011年01月21日

チビアドルの成長



先日記事にて、アクロの食事風景をアップしましたがアドルやメタエフォイに比べると、3匹の稚魚たちはちっちゃいですよねー。
正確に身体測定をしたわけではないのですが、この3匹は多分20~23mmぐらいではないかと思います。


ところでチビアドルが我が家へやって来たのは、昨年の8月末でした。
そしてメタエフォイを里子に頂いたのが、その約ひと月後の10月頭。
アドルたちは正確なサイズを計りませんでしたが、メタエフォイは水合わせの時にプラケの下に定規を挟んで頭から尾鰭の先までのサイズを計りました。
その時に一番大きい子が25mm、その次が22mmで一番小さい子が21mmでした。
アドルたちはその時点で小さい子たち2匹とほとんど同じ大きさだったので、そのひと月前は多分2cmに満たないサイズだったんだと思います。
えー!そんな小さかったっけ???
でも思えばショップにいた他のチビアドルはまだ幼魚班が残ってる子もいたので、ちょうど今のチビデビたちと同じぐらいの生後二か月ちょっとぐらいだったのかもしれません。
来たばかりの写真を見てみると・・・


ひえ~・・・幼いし、なんか弱々しい・・・
なんかアドルたちが来たのって、つい最近って気がしちゃうんですけど、もう四か月以上もたっちゃってるんですね~
ちっとも大きくなってる感じがしないけど、ちゃんと成長してるのねぇ・・・
現在は大きい子が28mmぐらいで小さい子が26mmぐらいでしょうか?

大きい子

すっかりデブです

小さい子

最初の頃は背鰭が全体的に黒っとしていたけど、やっぱり黒が抜けてきちゃいました。
アドルの背鰭は黒くないから仕方ないけど・・・ちょっと残念!
でも全体的に色のメリハリが強くて、キレイな子です。

実はアドルって、あんまり好きなタイプじゃなかったんです。
色が白すぎて・・・それがアドルのキレイなとこなんだけど、私はデビやメタエのような小麦色(?)の健康的なボディの方が好み・・・


あまりショップでは見かけないオチビサイズがあまりに可愛くて衝動的に買ってしまいましたが、もっと大きかったらきっと買わなかったかなー・・・
しかしいざ自分ちの子になると、やっぱアドルの白い肌はキレイだなー♪オレンジの頭がかーいいなぁ♪アドル最高!!とか思っちゃう私
ま、飼い主なんてみんなそんなモンですよね!?

おまけの動画

チビデビ「兄ちゃん(姉ちゃん?)待って~!!」と、聞こえてきそう・・・
2011年01月19日

新居は・・・?



昨年末ですが、猫ブログでお世話になってる方に小さくて根っこが赤くて可愛い浮き草(フィランサス フルイタンス)を分けて頂きました♪
浮いちゃった赤虫やら冷凍ミジンコが引っかかるのでコリがよく根っこをフガフガしてます。


中でもレセの2匹は特にご執心。
だけど体色が黒いもんだから、フガフガ中の姿を撮っても撮っても背景クッキリ、被写体はなんだか変な黒い物体・・・な写真が撮れるばかり
どっかにいい角度があるんじゃないかと向きを変えたりしながら必死で狙っていたら・・・


皇帝様が青い目をギロギロさせながらこちらを睨んでおられた・・・・


え、ええーと一応、水槽の用意はしてはあるんですが・・・
とりあえず今は産卵ボックスの稚魚の放流で頭がいっぱいというか、手が回らないというか、要するに面倒くさ・・・・


ひぃぃぃぃ!!!すすすすっすみません

しかも・・・


部屋に放置して猫のベッドと化してる水槽が新居とは口が裂けても言えまい


あ、それはお好きなだけどうぞどうぞ・・・
2011年01月17日

ちびっこ水槽デビュー・アクロ編

さてさて、EJ60の稚魚放流が終わったら次はアクロ45です。
こちらは水が変わるので、タッパに入れて水合わせをしてからの放流になります。


もうちょっとだから我慢してねー♪

で、無事水合わせが終わって、今回は3匹いっぺんに放流です。


1匹はあっという間に隠れちゃった!
あとの2匹はビビりすぎてブサイクな顔になってます
こちらでもしばらくビビって固まったのち、少しづつ動きだして薄暗いところへと各自避難するのでありました・・・


・・・いや、メタエフォイは一緒になって隠れなくていーから

EJ60と違って、アクロは隠れるとこがすごく限られてるのでギュウギュウになってますねー
これはこれで可愛いけどグフフ


こちらの水槽は餌の時間もノンビリです。
メタエフォイやアドルも大きくなったとはいえ、せいぜい25mmから30mm。
図体がデカくて動きの激しいひとたちに押しつぶされる心配もないしね!


いえ・・・別に・・・・・


それではそんなノンビリお食事風景を動画で・・・


EJ60に放流した子より、ちょっと小さくて子供っぽい子たちですけど、こっちの方がサイズ差に違和感がありませんねー
模様もどことなくタイプが似てて、なんかもうすっかり馴染んでる??
メインの餌もアルテミア100と冷凍ミジンコと小さい子が食べやすいメニューが多いので、産卵ボックスに残ってるさらに小さい子でも平気そうかな?


というかいい加減、産卵ボックスがあると水槽掃除の時に邪魔だしすぐに汚れて洗うのも面倒なのでとっとと外したい(ついでにエアーポンプも減らしたい!!)・・・という飼い主の都合もあるんですが
というわけで、来週あたりにボックス内の稚魚を半分ほど、再来週には残り全員をアクロに放流しちゃおうと計画中です!


2011年01月15日

ちびっこ水槽デビュー

先日、産卵ボックスを丸洗いするついでに大きめの子を3匹EJ60へ、その次に大きい子を3匹アクロ45へ放流しました。
まずはプラケで待機中の稚魚たちから大きい子を選びます。
ボックスではデカイ子は目立つんですが、プラケで上から見るとどうも大きさの違いがよく分からなくなってきちゃって・・・
こうやって写真で改めて見ると結構違うのだけれど・・・


しかもロックオンしていざ網で掬おうとすると、逃げまくってまた分からなくなっちゃうし、狙ってもない子がパニクって勝手に網に入って来ちゃうしで、なかなか大変でした

苦労して掬った第一号は君だ!!!

大人コリは網で掬うと動きがピタっと止まって固まっちゃうんですけど、稚魚たちはみんなテトラなんかみたいに網の中でピチピチしてました。
どれくらいの大きさになれば、動きが止まるようになるんだろう?
背鰭や胸鰭の刺がしっかりしてくれば止まるようになるのかなー??

というわけで放流ー♪
頑張って餌とるんだよー!
達者でなー!


ビビって固まる息子(娘?)のピンチにデビこママが登場!?!?



駆け寄るデビこママ!感動の再会か!?!?



コラー!子供で段腹を隠すんじゃありませんっヾ(`ロ´)ノ

ま、実際のとこ子供かどうかなんて気がついてない、というかもしかして卵産んだことも忘れてる・・・?
ママもパパ候補も、その他のコリたちもまったくもって無関心でした


大きくなったら、どうすると言うのだ!?!?
君の子かもしれないんだぞ!?!?

ま、おバカな変態アクセルはさておき気を取り直して・・・
続いて二匹目も放流ー♪


うひひ♪ビビってますねー

最後の一匹もいっちゃえー♪


あらら・・・最後の一匹ちゃんは真ん中の方に着地しちゃった
やっぱりビビってるー可愛い~~~

そんなわけで、今まで水槽の上の方に隔離されてたオチビ3匹はいきなり深いところでデカコリがいっぱいいて、最初は緊張しまくりの固まりまくりでしたが、じょじょに動き出して水草ゾーンの中をモフモフ探索したりしてました。
そして気がつくと・・・





ぎゃーーーー!!!や、やめてくれーーーー!!!
可愛すぎて私、死・・ぬ・・・・・

と、まあこんな感じであまりのオチビの可愛さに死にそうになりながらも、EJ60は無事に合流できました
あと3匹のアクロデビューはまた次回にでも・・・
2011年01月14日

奪い合い



別に奪いあうようなモンじゃないと思う・・・・
2011年01月13日

アクロサイズアップ完了!

アクロ27を45cm水槽にサイズアップすると以前書きました。
いつもだったら面倒でグズグズと先送りするんですが、今回は産卵ボックスの稚魚たちがどんどんデカくなってきて、さすがにさっさとやらないとマズいということで年末、たった一日の休みの日に風邪を引いてたけど決行しました。


網ですくって待機用のプラケに移したら気絶寸前で顔面蒼白だったメタエフォイたちが、ものすごい可愛かったのですが(←ゴメン)具合が悪くて写真を撮る気力までは起きず・・・
というわけで完成です。


水槽の横幅が広がっただけで、他はちーっとも変わってませんね
ミクロソナローは石一個分増やして、気持ち程度の浮き草がちょんぼり・・・
ちなみに水槽は雨ざらしで放置してある45Pはそのままにして、新しくアクロの45cm水槽を買い、ライトは余ってたアクシーキュートを使用、ヒーターは75wから100wに。
変更点はこんなもんでしょうか?

たったこれだけなんですが、手際が悪いもんだから結局一日作業になっちゃって、これで風邪が悪化して年明けまでズルズル長引いた気がします




冷凍ミジンコを切らした恨みは海よりも深い・・・
※ちなみに、とっくに買ってきてあります!

現状ではガランガランに見えるので、ハブロススやアスピパウキを入れたくなっちゃいます


でもアドルやメタエフォイも大きくなるし、なんといっても産卵ボックスには17匹のデビこちゃんの子がスタンバイしてますからね
今回ばっかりは、ほんと気合いを入れて我慢しなくては・・・
2011年01月12日

かっ、可愛すぎるっ!!

ついこの間、水槽稚魚ちゃんが明るい場所まで出て来ないと書いたばかりですが、ほんの数日の間にチョロチョロと流木の外側まで出て来るようになりました!
まだ隠れてる時間の方が長いけど餌の時は大人に負けずにど真ん中に陣取ったりして頑張って食べてます
動画はアルテミア100+コリタブの日


最後はLNレイノルジーに突かれてバビューンと逃げてっちゃったけど

コチラは赤虫の日

パパ候補のアクセルは小柄だけど稚魚ちゃんと並べば巨大に見えますね

それにしても、前回の写真と比べるとデビラインが一段と濃くなりました。
今が一番柄に変化のある時期なんでしょうかねー
背鰭が黒々してて可愛い・・・


あの産まれたての不気味なオタマジャクシからは想像できないぐらい可愛いコリに育っちゃって・・・
産卵ボックスで見る稚魚も可愛いんだけど、水槽内で見る稚魚は倍可愛く見えるのは何故だろう。←ただの親バカ

実は本日思い立って産卵ボックスを洗ったのですが(←というか汚すぎて我慢できなかった)大きめの子を三匹水槽へ放流。
もう3匹をアクロに水合わせして入れてみました!
その時の様子はまたそのうち書きまーす


2011年01月11日

成長の差



昨年の11月8日に稚魚が孵化してから、46日目まで毎日毎日マメにサイドバーに設置してある「今日の稚魚ちゃん」を更新してきましたが(写真の撮り忘れはあったけど)年末に体調を崩してからチョイチョイさぼっちゃいましたねー
体調不良の時は仕方ないけど、稚魚ケースが汚れてくるとただでさえ小さくてピントの合いづらい稚魚の写真が余計に撮れないっていうのと、さすがにあんまり変化がなくネタがないってのもサボる理由ではあったんですが
最近はまた真面目に(?)更新しています。
ケースは相変わらず汚いし、大きな変化もあまりないけれど
そんな稚魚たちは一番小さくていつもフラフラしてた子が年末に死んでしまって、現在産卵ボックス内に23匹、水槽内に2匹で計25匹です。


Tポジの回数からすれば父親がアクセルの子も半分ぐらいいるはずなんですが、アクセルっぽい特徴が出てる子はちっともいませんねー
オイヤポもTポジしてたけど回数が少なかったので孵らなかった卵や死んじゃった稚魚の数を考えると全滅しちゃってる可能性もあるなぁ

成長差も結構あって大きい子と小さい子では、同じ日に産まれた稚魚とは思えないほど体格に差があります。


真ん中の子、デカイですよね

別パターンで・・・・↓

成魚状態でのデビとアクセルの体格差を考えると、アクセルの血が入った子は小さいのかな?とも思うけど、デカイ子はただ単によく食べるだけかもしれないので、こればっかりはもうちょっと成長してみないと分かりませんね!

おまけの動画

2011年01月09日

セクハラ先生






・・・・・懲戒免職ですな(-"-;)
2011年01月08日

左右注意!

腹ペコなコンディス先生


何か美味しいものを探しているようですが・・・


下ばっかり気をとられてると危ないよ~


ほーらね
2011年01月06日

逞しい子と痩せちゃった子

孵化直後に水槽に落としてしまい、デカコリに混じって一人水槽内生活をしていた逞しい稚魚ちゃん。
隠れっぱなしで週に一回(水槽掃除の時)しか会えないので久々に見ると・・・


おおおおっ!なんでことでしょう!?!?
すっかり可愛いチビデビに育ってる~~~~

掃除のため隠れ家をとっぱらっちゃったのでジュタイの下に隠れてます!?!?
つ、つぶさちゃうよ~


や、そっちも危ないと思うけど

さてこの写真を撮ったのは12月の終わりあたりなんですが、今年に入ってからというもの餌を投入すると、いそいそと奥から出てきてしっかりと大人コリと同じ餌を食べるようになりました!
でもさすがにデカコリが猛烈に食べまくる輪の中に突入する勇気はないらしく真ん中の流木より外側までは、なかなか出て来ないので写真は撮らせれくれません


でもフと見ると流木の上でチョコンと休んでたりして、もう可愛いのなんのって
近づくとマッハで奥に逃げちゃうんですけどね


それから水槽にはもう一匹、脱走してしまった稚魚ちゃんがいるんですがこの子は生後33日目までは、産卵ボックス内でジっとしてれば上から餌が降って来る環境にいたため上手く餌がとれてないのか、痩せている感じがします
やっぱりたまに餌の時に姿を見せるのですが、もう一匹と比べると成長が遅い感じがしますねー
捕獲しようにも素早すぎて、とてもとても・・・・


この子が問題なく大きくなってきたら産卵ボックスの大きめの子を、水槽に放してみようかと思ったのですが、ちょっとまだ無理かなぁ。
ただずっと産卵ボックスというわけにはいかないので、まずはアクロで体の小さいハスやチビアドルと一緒にするために今は一日一回の餌に慣らしてます。

チビデビたちがメタエフォイやチビアドルを、ちょこちょこ付け回すところを想像しただけで、もー鼻血が止まらなくなりそうです・・・


2011年01月04日

でっかいストーカー登場!

久々に文章を書く気がする・・・・
年末からサボっていましたので、すっかりネタがたまってしまい一体何から書けばいいのやら
とりあえずこのひとをご紹介せねば・・・!


散々コリは増やさない!と言っておりましたが、我慢できませんでした
お連れしたのはなんと、ひと月も前のこと。


ロングノーズレイノルジーです
ロングノーズのコリに手を出したら次々に欲しくなってキリがなさそうなので、ずーっと興味のないフリをしてきましたがヨハナをお迎えしてからというもの、まんまと興味が沸いてしまい・・・


独特なボディのスタイルや不規則なシミっぽい模様とか色合いの子なんかいて、もー恐ろしくかっこいい子が多すぎるっ
気になる子をみんな、お迎えしちゃったらほんとキリないわ・・・
や、でももうこれでホントもう終わり!EJ60は満員なんだから!
(↑自分に言い聞かせてる)


ロングノーズのコリの中には気性が荒い種類もいるようですが、うちのロングノーズたちは大人しいです。
ヨハナはまだ5.5cm程で多分若いコリなので大きくなるとどうなるか分からないけど(雌雄も分からないしね)今のところはかなり大人しい、というかお上品なゆったりした動きが多くてショートノーズ組の方がよっぽど騒がしいです。
LNレイノルジーはデッカいです。巨漢ジュタイと張る7cm!


でも大人しいですねー
いや、大人しいというより、なんかまだうちの水槽に馴染んでくれてないような気がする・・・
具体的に何がというわけでもないし、食欲もあるんだけど。
なんかそんな気がするんですよね。


乱暴な動きはしないけど、たまに他のコリをストーキングしてることがあります。
我が家にやってきた初日にヨハナの後ろを付け回して、迷惑がられてました。
別に付け回すといっても後ろから突いたりするわけじゃなく、ソロリソロリと付いて行くだけなのに、みんな結構嫌がるんですよね
なんで?別にいいじゃない!
コリドラスの釣られ行動って別に普通だと思うけど・・・


うーむ・・・


たしかに近距離で見るとものすごい迫力

おまけの動画

2011年01月03日

新年・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。