--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月29日

見た目の変化



どうも見た目の変化があんまりない稚魚たち。
さすがに産まれたてのオタマジャクシに比べれば随分とコリらしくなってきた気がするけど、やっぱり親と同じような模様が出てこないとなー
大きさとしては現在1.5mmってとこでしょうか?
あんまり動画は撮ってないけど軽く成長記録的にでも・・・


やっぱり劇的な変化は感じませんね
ああ、早くアクセルとオイヤポの特徴が出て来て欲しい!

写真や動画だとよく分からなくなっちゃうんですが、実際に見ると色が黒っぽい子と白っぽい子とその中間がいます。
成長の差なのか、それとも父親が違うせいなのか?
どーか体調不良のせいじゃありませんよーに(-人-;)


ちなみに今居る稚魚の数は26匹です。多分・・・
数えてると動くヤツがいるので、途中で分からなくなっちゃうんですよねー

孵った数は正確には数えてないのですが大体40匹ぐらいだったと思います。
で、孵化直後に水槽に落としちゃった稚魚が1匹、死んじゃった稚魚が10匹。
あれ?なんか数が合わないなぁ
最初のカウントを間違えたのか、それとも気がつかないうちにラムズに処理されてしまった遺体があったのか・・・
稚魚の餌やりは一日三回で、ラムズは1匹だけ。
1匹のラムズが、そんなに早く跡形もなく食べちゃうものかなぁ??
どうも数が曖昧なので、これからはなるべく稚魚の数を数えるのを日課にしようかと思います

おまけの写真「取り囲まれるヨハナちゃん」

スポンサーサイト
2010年11月27日

減り続ける稚魚

稚魚飼育といえば、やっぱり沸かしたブラインシュリンプ!
ということで産卵ボックスやエアーポンプと一緒にブラインエッグもしっかり用意しておりました。
ヨークサックは大体三日ぐらいで無くなるようなので、孵化二日目ぐらいに準備すればいいかなー?と思ってたんですが、いざその時になったら味塩しかないことに気がつき買ってこなければ、と慌てる・・・
でもまあ、アルテミア100もあることだし、明日買ってきてから沸かせばいいかーなんて思っていたら翌日もやっぱり買い忘れちゃいました
とりあえず三日目にアルテミア100を少量入れてみたところ、なんとなく食べてるような食べてないような??


そしたらなんと四日目に3匹死亡、さらに五日目にまたまた3匹死亡・・・
うーん、アルテミア100を食べなかった稚魚かなぁ
他の稚魚はどうやらみんな食べてるみたいだし、やっと塩を買ってきたけどアルテミア100で十分かな?と思いはじめてしまい、結局せっかく買ったブラインエッグも塩も今の今まで一度も使ってません


その後はしばらく死者がでることなく順調に思えたのですが、十二日目に1匹死亡者が出てからというもの大体二日に1匹のペースで死んじゃうんですよね・・・
全員が無事に育つのは無理だとは思っていたけどここまでペースが早いと、ほんと精神的にキツイです
悪夢のハステータス稚魚全滅が頭をよぎります。
自然環境であれば稚魚が無事に大きくなれるのはほんのわずかで強い子が生き残りそして子孫を作ってまた強い稚魚が残るってことだと思うのだけど、せっかく水槽内という特殊な環境で産まれてきたんだから弱い子だって生き延びて欲しいなーなんて・・・
このままじゃ自然環境よりも生存率の低いデスタンクになっちゃうよ


大人コリにはなんでもなくても、稚魚にはつらい環境なのかなー?ということで、フィルター清掃をしてみることに。
卵は全部回収しなかったので、ひょっとしたら食卵をまぬがれて孵化した稚魚もいるかもしれないので、稚魚が吸い込まれてないかも気になる・・・
吸水口にはスポンジをつけてあるんですが、どうやって入ったの!?みたいなことが起こることもあるようなので中を確認するついででもあったんですが
前回洗ったのが8月中頃だったので、たいして汚れてないんじゃないかと思ったんですがこれがなかなか結構な汚れっぷりでした!
ついでに買っておいた、ろ材をコンテナ一個分交換。
これが吉とでるか凶とでるか・・・


あ、ちなみにフィルター内に稚魚はいませんでした!
ヒラマキガイはいたけど

おまけの稚魚ちゃん

2010年11月26日

デビル・皇帝

めでたく(?)釈放された皇帝様の暴れっぷりといえば・・・



あの狭い場所に閉じ込められてて相当ストレスがたまっていたのでしょうか!?
動画編集中、皇帝のあまりの恐ろしさに思わず元動画の音声を消すのを忘れてしまいました。エアレーションのピチピチ音が・・・

追い払うだけでなく完全に噛みつきにいってるパターンまでも・・・
オトちゃんは回りをウロつかれたけど、なんとかセーフ!
まるで何かに取り憑かれたかのようにコリに執拗な攻撃しまくりです


正義の鉄拳というより、完全に悪役なんだけど・・・

7cm越えのジュタイにもひるむ事無く突進する皇帝様。
というか皇帝もデカすぎてジュタイとの体格差を全然感じませんね
当然、我が家のコリの中で小柄なオイヤポ・ロクソ・アクセルなんかは皇帝よりもずいぶんと小さいワケです。
しかもロクソはよくフニョフニョと泳いでるので狙われる確率も高い!

他にもよく狙われていたのは、やっぱり泳いでることが多いSシュワやレセックスで、背鰭にはあっという間にガッツリと切れ込みが・・・


こりゃまずいということで・・・・


皇帝のサイズでこの狭いサテライトはあまりにも可哀相なので一魚暮らし用の新居(27cmキューブ水槽予定)を立ち上げるまではコリに我慢してもらって60cm水槽内で過ごしてもらうはずだったんですが、我慢とかそういう問題じゃないような気がしてコリに何かある前に再びサテライトに戻っていただくことになっちゃいました
シャバに戻った期間はなんとたったの二日間!


ところで以前、アクアショップで「デビルなんとかテトラ」っていうカラシンを見かけたのですが色合いは茶色ベースで地味だったけど、顔つきとか体格とかが皇帝にそっくり!!
尾鰭はエンペラーテトラみたいにフォークテールにはなってませんでしたが、きっと近縁な種なのでしょう・・・
さすがデビルの冠がついてるだけあって、仲間同士でわりかし激しくガルガルやってました。
でも、罪の無い(?)温厚で平和なコリに一方的に攻撃を仕掛ける皇帝を見てたらこっちの方がよっぽど悪魔だよなぁ、などと思ってしまった


2010年11月24日

大失敗の産卵箱と不気味な顔の稚魚

さてさて、稚魚が無事に産まれたのでタッパーから飼育ケースに稚魚を移動させるため、買っておいた産卵ボックスを段ボールから引っ張りだしてきました。
しかし今回用意していたのはニッソーの産卵箱DX(S)。
三辺はが10cmほどの小さな小さな産卵箱です。
まさかこんなに孵ると思わなかったので、これで十分だと思ったんですが
とはいえ今はコレしかないので仕方なくセット。


しかしここでまた問題が・・・
エアリフトで水槽内の水を産卵箱に送れるハズなのに、付属のシャワーパイプからちっとも水が出てこないんです
なんかパイプの接続部っから泡がボコボコでて全部ここから漏れちゃってる感じ・・・


というわけで、チャームでトリオ製の産卵ケース(L)を買い物カートにほうりこむ。
買っておいたGEXのエアーポンプはつり下げたにも関わらずあまりのノイズ音のヒドさに水心も買い物カートへ。
ついでにスポイトやら消耗品なんかをほうりこんでいたらあっという間に送料分はクリアしちゃいました。はあ・・・貧乏なのに・・・
とりあえず届くまでは、この小さくて水を送れない産卵箱しかないので、皇帝の入ってるサテライトから部品を拝借することに・・・
ほんとは嫌だったけど、皇帝はひとまず釈放です。

サテライト内でずっとしょんぼりしてた皇帝様。
このまま大人しければ、一人暮らしをさせなくてすむのだけど。
なんて淡い期待をしていたのも束の間、早速コリにガルガルやってました・・・
なんか前より激しくなったような???
閉じ込められてた鬱憤をはらしているのか・・・


とういうわけで皇帝とコリは同居不可能ということが確定事項となりました。
が、そのためには新水槽の準備をしないといけないのでそれまでコリたちよ、頑張っておくれ!

話がそれちゃいましたが、サテライトの部品をつけた産卵ボックスは無事に水を送れるようになったので、先っちょを切ったスポイトで稚魚を吸ってはポイポイとボックス内に移していきます。


ここで疑問が。水合わせってしなくていいんだろか???
タッパーには水道水を入れてあり、水槽内とは水質が異なるような気がするのですが、色んなサイトを見ても水合わせをしろとはどこにも書いてありません。
水合わせをしなくても平気と書かれたサイトを見たけど、なぜしなくていいのかまでは書いてなかったので疑問は解決してないけど、まあそういうものなのだろうと、そのままポイポイ。
しかし途中で水槽に一匹落としてしまいました
生き延びてくれるといいけど・・・
ボックスに移した稚魚は特にショック症状もでることなく全員無事に生き残ったのでやっぱり水合わせはしなくていいんだ!とわかったけど、でもなんでいいのかがやっぱり分からないまま。まあ、いっか。


そういえばメタエフォイを貰いにぱふさんちに行った時、たしか産卵ボックスの中にモスを入れてた気がする・・・
というわけで真似してモスもついでにポイポイ入ておく。
なんとか一通りの作業を終えて一息ついたところで改めて稚魚の誕生の喜びを味わいつつゆっくりと眺めてみると・・・
うーむ・・・稚魚がデカイ!!!
ハスの時に産卵ボックスを使ったら、孵った稚魚は全員スリットから脱走しちゃって結局産卵ボックスを使うのは諦めたんですが、デビこちゃんの子は孵りたてホヤホヤですでに全長が7~8mm。
スリットからは脱走できそうにないサイズです。
卵の時点でデカイなーとは思ってたんですけど、稚魚がこんなにデカイとは思わなかった・・・

それにしても産まれたての稚魚っていうのはちっとも可愛くありませんねー
顔がまだボンヤリしてて、なんかサンシャインで見たカンディルみたいだ・・・


これがほんとにあの可愛いコリドラスに変身するのか!?!?
ヨークサックが無くなれば多少不気味さも軽減されそうだけど、可愛いコリドラスになるまでにはまだまだ時間がかかりそうです


2010年11月22日

小休止

繁殖ネタもやっと稚魚が孵ったところですが、書きたいことが多すぎて文章がまとめられず、なかなか筆(キーボードだから指か?)が進みません
はやくリアルタイムに追いつきたいのだけど・・・
しかし今日は小休止ということで、アイドル・コンディス先生のお姿でお茶を濁しましょう


餌クレの一コマでした
2010年11月21日

孵化までの五日間



回収した卵は水道水を入れたタッパーの中に入れて水槽に洗濯バサミでくくりつけておきました。
オトがタッパーに張り付くかな?と思ったけど全くの無関心で、そのかわりコリがしきりにタッパーを気にしてました




水温が低くなるにつれて、孵化までの時間が長くなるようなので23度設定だったヒーターを24度にしてみる・・・
一日1度あげて26度にしようと思ったんですが、一晩寝たらすっかり忘れてしまい結局24度以上にはしませんでした
エアレーションをした方がいいみたいですが、すでに水心SSPP3は分岐して水作と皇帝のいるサテライトにつないであるし、余ってるポンプもないので孵化するまでにチャームで買えばいいかと一先ずそのままに。
翌日、カビ防止の薬を買おうと思ってショップに行ったのですが売ってなかったので、これもまあそのまんまでいいや・・・
なんか幸先悪いなぁ・・・こんなことでいいのだろうか
しばらくすると白くなった卵にカビが生えて7個ほど撤収。
その後3個ほどカビたので10個いぐらい減りました。


全部無くなっちゃうんじゃないかとドキドキしましたが、無事な卵は真ん中あたりが黒くなって、たまにモソモソ中身が動くので、お腹で熟成されてた(かどうか知らんけど)卵でもちゃんと受精したんだー!と感動。
そしてついに5日目、稚魚が10匹ぐらい産まれてました
26度まで上げてたらもうちょっと早く孵っていたのかな??
その後も続々と産まれて5日目にほとんど孵り、残りも翌日に無事全員孵化。
途中、卵から尾鰭だけでて暴れてるカリメロ状態の稚魚がいたので、もしかしたら孵化の瞬間が見れるかな!?としばらく観察してたのですが、これがなかなか出てこない。
見ててもちっとも孵化しないので他のことをしてきてから、もう一度見に行ったらピクリとも動いてなかったのでもしかして力つきて死んじゃったのかな?と思ったら、さらにもうしばらく後に卵の殻だけ転がってたので無事孵ったみたいでした。
尾鰭が出てからそんなに時間かかるものなのかな?その子だけ?
なんか一時間ぐらいカリメロだった気がするけど・・・
もしかしてちょっと危なかったのかなー?
結局、孵化の瞬間は一回も見る事ができませんでしたが、無事に孵ってくれればそれで十分でございます



そんなわけで約40匹ぐらいの新しい生命が我が家に誕生したのでした!
2010年11月19日

初産卵の日



それでは今から二週間ほど前にさかのぼります。
11月のはじめ、とあるスカっと晴れた暖かい日のことでした。
ちょうど水換えをしようと思っていたので「まぁ、なんて素敵な水換え日和なのかしら♪」なんて言いつつバケツやらお掃除グッズを用意していたところ、男共(オイヤポ・アクセル・デビおくん)がやたらに騒がしく、他のコリ(先生とかジュタイとか)は餌クレに必死で、まあいつものことなのでたいして気にもせず準備を続けていたのですが、どうもデビこちゃんの様子が普段と違う・・・
デビこちゃんはあんまり餌クレには参加せず、マイペースで常に砂をほじほじと何かを探してることが多いのですが、この日は餌クレのようにガラスを上下左右によく泳いでました。
そして何かをして水槽前に戻ってきたら、腹鰭に卵を二個抱えてウロウロしているではありませんかー!?!?


おおお!ついにデビこちゃんが産卵したか!!
デビこちゃんは脇腹というか、餌を食べるとポッコリするとこよりちょっと後ろの部分といいますか・・・他のコリとは違う腹の出方をしていて、その部分をよくよく見るとツブツブが透けいた(ように見えた)ので「もしかしてこれって卵??」と思っていたもののエロ軍団がどんなにアピールしてもちっともその気なし!って態度だったので、まさか腫瘍じゃないよね?なんて、ちょっと心配もしたのですが。




エラが開いててかえって分かりにくいかな正面はこんな写真しかなかった…

こんな状態が一年半ぐらい続いたんですよ~




卵ってそんなにお腹に長く入ってて大丈夫なモンなんでしょうか
なんか体に悪そうな感じがするけど・・・
実は見てない時にひっそり産んでたのかな??
でも産卵すればお腹がへっこんでる時期があってもよさそうなのに、毎日見ててもいつもお腹ポッコリだったので、うーん・・・って感じです。
産卵しても育てる自信もなかったので、これが卵なのだとしたら無精卵でいいからとにかくお腹っから出てくれないかな?とずっと思ったいたため、嬉しかったけどどっちかというとホっとした気持ちの方が大きかったです。

最初にTポジを見た時の相手はデビおくん、二回目もデビおくん、アクセルやオイヤポから逃げまくって疲れたところにデビおくんがスっとやっててTポジ成功というのが連続したので、もしかしてデビこちゃん選んでるのか!?!?なんて思ったけど、そのうちアクセルともオイヤポともやってたので、最初のは偶然だったよう。
選んでたらちょっと面白かったのに!
あれだけアピールしてもヤラせてもらえないアクセル・・・
いいネタになりそうだったのにな~


ところで我が家の元祖エロコリであるロクソはどうしていたかというと、ロクソ同士でフヨフヨ追っかけっこしてたもののデビこちゃんには興味を示さず・・・
なんで??やっぱホモカップルなの!?!?


結局ロクソとTポジしてるところは一回も確認出来ず。
頻度としては必死なアクセルが一番、その次デビ、更にその次がオイヤポってとこでしょうか。
デビの雄はデビおくんしかいないので(アクセルとオイヤポは二匹づついる)一匹ずつの回数としてはもしかしたらデビおくんが一番かもしれません。
やっぱり本命の彼氏は同種であるデビおくんなのかしら?


デビこちゃんは、大体一回につき卵を二個産みました。
たまーに一個のときもあったけどほとんど二個セット。
三個以上は産みませんでした。
ハステータスは必ず一回につき一個で、赤コリとかは何個も産むようですね。
産みつけられた卵はしばらく誰も食べなかったので、こんなにコリがいるのに意外と食卵されないもんだなーと思ってたらNMメタエが気がついてモグモグ食べちゃった


まあ、そんな感じでしばらくTポジに卵の産みつけにぼんやり見とれていたのですがそろそろ水換えをしたい・・・
最初は採卵をしないつもりだったのですが、見ているうちにどんどん育ててみたい欲求が沸々と大きくなってしまったので掃除ついでに卵も回収したいなーって思いまして。
お腹も大分すっきりしたようだし、一度産卵を始めれば定期的にまた産むようなのでストップしてもいいかな?と、ザブザブ掃除を始めてしまいました。
がっ!!!これがちーっとも止まらないのですよ
お掃除パイプでガツガツ砂利を引っ掻き回してる横でヤリまくりのデビこちゃん・・・
我が家のコリでは臆病な方で、掃除中はわりとどかしたアクセサリー類の下に隠れてることが多いデビこちゃんなんですが・・・
もう目の色が変わっちゃって・・・
お、お母さんはそんな子に育てた覚えはありませんよ!!!
掃除が終わってもまだやってる・・・・
結局消灯まで止まることなくやっとりました。


ライトが消えたらもう寝なさい!とタオルをかけちゃうのでその後、続いたのかどうかはしりませんが、7時間は確実にやりまくってましたねー。
やっぱりお腹で熟成させてた(か、どうか知らんけど)卵がいっぱい詰まってたから、それだけ長時間になっちゃったのかしら?
ちなみに産みつけられてた場所の多くが水草の裏で、スポンジとガラスに各10個前後、見つけた分を全部回収したらざっと50個ぐらいありました。
掃除後に産みつけられた卵はもう回収しなかったので、食べられたちゃった分と回収しなかった分も合わせると7~80個は産んだのではないでしょうか??
頑張ったねぇ、デビこちゃん・・・ホロリ


そんなわけでこの日は水槽にへばりついたままほぼ一日を過ごしてしまった・・・
三十路をとうに越した独身女性の休日の過ごし方が果たしてこんなんでいいのだろうか!?という疑問を抱えつつも、めでたいデビこちゃんの産卵なので、まぁこんな日があってもいいじゃないの♪と、水槽見過ぎの心地よい疲れに床に着いたのでありました・・・
2010年11月18日

Tポジまみれの動画大会

約二週間前になるのですが、我が家の数少ない女の子であるデビッドサンジーの通称デビこちゃんが産卵しました
折しも、ヤフオクで落札したムービーカメラが届いた三日後のこと・・・
こりゃチャンスとばかりにおニューのカメラでTポジシーンをガンガンに録りまくってしまいました
データが大きく編集に時間がかかるので、後回しにしていたらいつの間にか二週間もたってしまい、稚魚ネタがどんどん溜まってしまうのでなんとか重い腰をあげて編集してみました。
約10分の超大作(?)ですので、お暇な時にでもどうぞ・・・↓



腹鰭にポロンと卵が出てくるところも、ガラスに産みつけるところもバッチリ録れました!新しいカメラのおかげです♪
前半はパンパンだったデビこちゃんのお腹がどんどん細くなってゆきますねー
お相手はデビおくんと、アクセルの二匹です。
オイヤポも少ないながら、何回かはTポジしたのですが撮れなかったー・・・
デビおくんとのTポジはさすが同種同士、美しいですね!
しかもデビおくん、お邪魔虫のオイヤポから卵を抱えるデビこちゃんを守ってるように見えませんか!?
求愛の仕方も、優しく頭にチュッチュしたりしてなんというか実に紳士的!
完全にこの日の相思相愛ベストカップルって感じ。


それに引き換え、アクセルは必死すぎておバカっぽいよな・・・
腹を吸われてるときのあの顔!ああ、情けない・・・・
このなんとも情けなーい顔を録っちゃったもんね


しかしこの動画には映ってませんが紳士的なデビおくん、実はSシュワとレセックスには、かなり激しく猛アピールしておりました
当然フラれまくりでしたが、さんざんこの子らを追っかけ回し、腹を吸え吸えとアピールしまくって気分が高まったことろでデビこちゃんのとこにスっと行き、なんとTポジ!
ということは・・・・


デビおくん、顔が黒くてハイフィンな子がタイプなのか???
あんまりじゃないかーーーー!!!デビこちゃんが可哀相・・・
とはいえ、デビこちゃんもアクセルやオイヤポと浮気(?)しまくってたのでお互い様なんですけどね
そんなわけでライト点灯中はずーっと産みまくってたデビこちゃんの繁殖活動時間はなんと7時間以上!!
回収した卵は約50個で、すでに6匹お亡くなりになり、現在無事に育ってる稚魚は約30匹です。
稚魚が死んじゃうとショックが大きいので(ハステータスの時に懲りた)もし産んでも隔離して育てるのはやめようと思っていたのですが、いざ卵を見たら舞い上がってガシガシ回収してしまった・・・
この先、何匹無事に育つかわかりませんが、次回から産卵行動から振り返りながら少しづつ繁殖活動記録をまとめていこうと思います!



追記
すでにタイムラグがかなりあるのでサイドバーに今日の稚魚ちゃんコーナーを設置してリアルタイムでお送りします!
日々の成長を日誌形式で簡単更新して、ある程度大きくなるまで続けてメモ帳に残しておき、最後にまとめて1ページにアップする予定ですが、全滅しちゃったらこの企画は終わりです
多分もうやる気力はないと思う・・・

2010年11月16日

メタエフォイの稚魚模様

ぱふさんから譲り受けた3匹のメタエフォイ。
もらって来たばかりの頃は大・中・小でしたが、ここのところ中ちゃんの成長が著しく大ちゃんとほとんど同じ大きさになりました。


最初は大ちゃんだけが一匹だけ5mmぐらい大きくてあとの二匹は1mm程度しか変わらなかったのに、いつの間に!
なかなか写真を撮らせてくれないので、あんまり比較写真がなく分かりにくいのですが
大きさがほとんど同じなのでパっと見ではどっちがどっちか分からないけど、簡単に見分ける方法が一個あります。
それは尾鰭。




大ちゃんはもらってきたときすでに尾鰭にはもう模様がなかったんですが、中ちゃんと小ちゃんには稚魚の名残(?)で尾鰭にうっすら模様があります。
パパであるメタエにもママであるアドルフォイにも尾鰭に模様はないので、そのうち大ちゃんのように消えると思いますが、中ちゃんは体はどんどんデカくなるのにまだ模様があるんですよねー

ちなみにこちらは小ちゃん

大中ちゃんたちに比べると、模様だけでなく体型も子供子供してますね!
この子がまたちっとも大きくならなくって・・・
アドルも元々小さい方の子は、大きくなってる気がしません。
二匹ともよく食べるんですが。
そのうちあっちのデカコリたちと同居することになるのだから、もっともっといっぱい食べていっぱい体力つけて大きくなってね


2010年11月15日

多機能ジュタイ・枕編

体の下は隠れ家に、頭は尾鰭を乗せて休めるオットマン
そして第三の機能は「枕」


しかし、乗っかってる方も同じ巨漢のジュタイなので、枕役はキツそうです
2010年11月14日

寝起きドッキリ

いつもどっかに隠れていて餌の時以外は、ほとんど姿を表さない新入りのパラオトシン・スピロソーマ。


おっ?めずらしくあんなとこに張り付いている・・・
いつもはちょっと近寄れば「殺される~!!!」と言わんばかりにバビューンと逃げて行っちゃうんですが。


今日はジリジリ寄っても逃げないではありませんかー

ついにガラス越し5cmまで!

オトの裏側~可愛い~~~
なんかお尻が出っ張ってますけど・・・?
糞じゃなさそうだし・・・ええっと、まさか脱腸???
なんてまじまじ見てたら気がつかれてやっぱり猛スピードで逃げられました
もしかして、さっき寝てた??


だって寝てるなんて思わなかったんだもん
2010年11月12日

本能?それとも・・・?



完全にとけこんでますねー
オーロ同士はけっこう小競り合いをするので、こうして一緒に泳いでいるとついでにハスまでどつかれちゃうのに
それでもオーロの群れ(って5匹しかいないけど)に突進して行ってしまうのは本能なのか、それとも・・・・


あ、やっぱり??
2010年11月11日

ロタラ



先月のことですが、パラオトシンをお迎えしたときに一緒に侘び草を買って来てEJ60に突っ込んでおきました。
もしオトシンが餌を食べなかったら、土台の部分でも齧るかな?と思ったのですが、そんな心配しなくても赤虫だろうがコリタブだろうがアルテミア100だろうが、何でもムシャムシャ食べる良い子ちゃんでした
侘び草は気中葉の状態で売ってるのですが、ロタラの水中葉が出て来たらなんだか随分と細長い葉っぱで・・・


どうやらロタラナンセアンという種類だそうで、普通のロタラと同様に若葉マークの丈夫で育てやすい水草とのこと。
そういえば売ってる状態でもすでに葉っぱは細かった気がする・・・
あんまり気にしてなかった

コリにも好評(?)でSシュワやレセックスがよくフガフガしてます。


葉っぱが細いと微生物が溜まりやすいのかな??
2010年11月10日

ムービーカメラ

買っちゃいました、コレ。


ヤフーポイントがけっこうたまってたので、ポイントで買おうかなーと色々物色してたんですが、ヤフオクで手頃な中古品を見つけてめでたく落札できました。

今まではデジカメで水槽に接近して撮ってたんですけど、そうするとどうしても写り込みが激しくなってしまい、変な黄色いトレーナー(部屋着)とかが映っちゃってがっかり・・・なんてことがよくあったのですが、このムービーカメラは光学35倍ズーム!部屋の端っこからでも、アップで撮れちゃう優れもの。
これなら大きいくせにビビリなメタエフォイの大ちゃんも、遠くからアップで撮れますねー♪

というわけで早速アクロのちびっ子軍団を・・・



可愛いでしょー、うちのちびっ子たち( ̄∇ ̄*)でへへへ・・・
今回も編集は相変わらずのiMovieですが、Win用の動画編集ソフトがカメラに付属されてたので今度じっくりいじくってみようと思います。


2010年11月09日

冬のニューファッション!?!?







シュワこちゃん、それ背鰭じゃなく頭、頭!!



乗せ過ぎなのでは・・・?



す、すみませんっ
でも別にわざと乗っけたわけじゃ・・・
2010年11月07日

サンシャインミニアクア・2



では早速昨日の続きにまいりましょー!

続きを読む »

2010年11月06日

サンシャインミニアクア



リニューアル工事にして休館中のサンシャイン水族館ですが、そのかわりミニミニ水族館(?)のようなものが期間限定で開催されると、新聞折り込み広告に出ていたので先週行ってまいりました!
 サンシャイン公式ホームページより→サンシャインミニアクア
かなり小規模ですが、ほとんどお客さんがいなかったので、気になる魚をじっくり眺められたし写真もゆっくり撮れたのでかなり満足です♪
ま、ゆっくり撮れたわりにはヘボイ写真ばっかですけど
いっぱい撮ってきたので今回もズラズラっと載せちゃいます!

続きを読む »

2010年11月04日

王の間



・・・・・
王様の個室というより、失脚した王の独房といった感じですね
いえ、別にコリに攻撃しまくる皇帝を反省させるためにサテライトに閉じ込めているわけではないのです。

一週間ほど前なんですが、皇帝が吸排水パイプの蓋がない部分から水槽の外にダイブしてしまいまして・・・
水槽は見てなかったけど、部屋にいたのでなんかビチビチビチッという異様な音がしたのですぐに気がついたのはよかったのですが。
ラックの後ろの方に落ちてしまったものだから救出に手間取り、埃と猫毛にまみれた皇帝様は水に戻しても上手く泳ぐことが出来ずにEJ60の強めの水流にヘロロロ~っと流されちゃう状態に
とりあえず、その日は網の中に入れて水槽に浮かべておき、翌日すぐにサテライトを買って来て今にいたる・・・というわけです。


ボロボロになってしまった皇帝とは対照的に、常に誰かしら鰭に切れ込みが入っていたコリたちはピカピカに・・・
なんだか複雑・・・・
そろそろ戻してもよさそうな気もするんですが、天敵がいなくなって平和なコリたちを見てると、どうも戻すのをためらってしまう

鬼の居ぬ間に餌クレ↓

ま、鬼が居てもするんですけどね
餌クレの時よりも食べ終わって水面付近に赤虫が残ってないか探しに行く、ロクソやレセックスなんかが主に被害にあってました。

とはいえ、いくらなんでもずっとここに入れておくのは可哀想すぎるのでもう一個27キューブを買ってそれこそ個室にしようかななんて思ってます。


それはさすがにちょっと・・・・
2010年11月02日

割り込み






なんでわざわざその狭いとこに割って入るかねー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。