--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月31日

復活☆バーサーカー!?!?

一時期は他魚を見れば戦闘モードに突入し、バーサーカーの如く暴れまくっていた戦闘神・アカヒレ。
一年ほど一魚暮らしですっかり改心(?)したと思っておりましたが・・・


なんだか最近、再び暴れまくってます
自分よりもずっと大きなコリに喧嘩を売りまくる始末・・・
(でもあんまり恐れられていない)

だけどアカヒレの天下は皇帝が水草の裏で休んでいる時のみ。
皇帝がノソノソ現れると借りてきたネコのように大人しくなっちゃいます


皇帝の攻撃対象はすでにSエクエスにうつっているんですけどねー
何度かコテンパンにやられてるので、やっぱり怖いんでしょうね


怒りのあまりに変な口の向き・・・???
スポンサーサイト
2010年05月29日

スーパーエクエスの災難

少し前の出来事なのですが・・・


ある日の餌の時間、赤虫を投入していつものようにコリの点呼をとっていました。
私の点呼方法は数を数えるだけと、数え忘れや二重カウント(?)してしまうことがあるので我が家に来た順に1匹ずついることを確認します。
たまに奥の方で寝ていて餌に気がつかない子なんかもいるのですが、無くなる前までには必ず気がついて慌てて出てきて食べ始めます。
慌ててるコリって、いつもの倍可愛い・・・
マンガによくある(?)寝坊してパンを齧りながら家を飛び出していく風景に、ちょっと似ているような似てないような!?


しかしこの日は待てど暮らせど、Sエクエスの1匹が出てきません。
結局赤虫がなくなっても出てこず、もしや具合が悪くて食欲がないんじゃ・・・?とか下手したら死んで・・・?なんて悪い予感が頭の中を駆け巡ります。
流木をどかして奥を覗いてみても居ないので、今度は水草をどかして、どっかに引っかかってないかと水の中で振ってみたり。
しかし、どこにもSエクエスの姿はありません!!!
・・・ということは水槽の外か・・・

一応水槽内を捜索する前に水槽回りも確認したのですが、今度は懐中電灯を持ってきて目を凝らして探しました。
跳ねて移動している可能性もあるので、周辺の棚の裏なんかも丹念に探しましたがそれでも、いない!どこにもいない!!!

で、次に疑ったのは・・・


我が家にいる3匹のネコ。
ネコが関わっているとすれば、水槽外に飛び出したところを・・・

1.ジャレついて、どっかに転がした。
2.咥えて、どっかに持ってった。
3.腹の中

1匹は水合わせ中に飛び出しちゃったコリに驚いて逃げてしまうほどビビリですが後の2匹は、どうでるか分かりません。
は、そんな獲物がいればネコが普通じゃないテンションになるので気がつかないというのは考えにくい・・・
のすでに腹の中だとすれば、満足して昼寝でもしてるのかも・・・?
でも2匹はキャットフードしか食べないし、もう1匹も魚だって肉だって千切って小さくしてあげないと食べないワガママお坊ちゃま。
写真を見れば分かると思いますが、野生の欠片も残っておりません
誤飲するにはさすがに大きすぎるような気もするし。

と色々考えながらボーっと水槽を見てると・・・
んんんん???排水パイプの横から尾鰭のようなものが!?!?


いたーーーー!!!こんなところにいたよーー!!!

この場所は前から危ないな、と思ってたのでエアチューブを固定するキスゴムで入れないように塞いでいたのですが、一度パイプを動かしたときにキスゴムの位置がずれてしまったらしく、ロクソが挟まってしまったことがあったんです。
かなりギリギリの狭さだったらしく中で暴れた(と思われる)ロクソは上半身が水面が出ちゃってる状態でした。


位置とか角度とか大きさとか違っちゃいましたが大体こんな感じ

幸いその時は挟まってから時間はたってなかったようで、ビックリしてゼーハーしてる以外は怪我もなく元気でしたが冷っとした出来事でした。
それ以来、パイプをいじったらキスゴムの位置には充分注意していたし、ロクソよりも体の大きいSエクエスがここに挟まってるとは思ってもみませんでした。
でも体は大きくとも頭がシュっとしてるので、何かの勢いでスッポリはまってしまったのでしょう・・・


一体いつからあんなとこにいたのか・・・
パっと見では生きているか死んでいるかわかりませんでした。
パイプをずらしたら息絶えたSエクエスがヒラヒラと落ちてくる・・・なんて最悪な事態が頭をよぎりながらも生きてることを信じて脅かさないようにそーっとパイプをずらしてみたら・・・
ものすごい勢いでバビューンと出てきました!!!
よかったあ・・・・生きてたよ~・・・


でも頭と体には痛々しく白くなった擦傷があり、息も荒く体もなんだか斜めになっちゃってます
しかも何度も何度も水面に呼吸をしにいって・・・
うっ・・・生きてはいたけど、これは少しヤバイかも!?!?
隔離して薬を入れようかとも考えましたが、こんな状態のコリを追い掛け回したくはありません。余計ダメージ負わせちゃいそう・・・
・・・そういえば前にカルキ抜きと間違えて買っちゃったアクアセイフがあったなぁ。
粘膜保護剤入れておけば、体の擦り傷からバイキンが入るのを防げるかしら??
ということでアクアセイフを入れて様子を見ることにしました。
間違えて買ったものがこんな時に役立つとは!(気休めかもしれなけど・・・)


しばらく観察してると、段々腸呼吸の数も少なくなり餌を探す仕草もはじめたのでとりあえず一安心です。
その後も普段以上に対象魚のストーキングを入念にし、傷の具合や何か変わった様子がないかを毎日猛烈チェックチェック!
Sエクエスとしてはきっと迷惑だったことでしょう
そして現在では体の傷はほとんど目立たなくなり、すっかり元気になって食欲もモリモリ。よ、よかったよ~・・・・


ちなみにパイプの方はウールマットをつめて入り込めないようにしました。
水槽内はなるべく危険がないようにしたいものですが、まさかってことがあるんですよね・・・
挟まらないようにとしたキスゴムが、かえって脱出の妨げになってしまったように思います。
あのまましばらく気がつかなかったら挟まったまま死んでしまったかもしれません
日々の点呼って大事だな~と、痛感した一騒動でした


2010年05月28日

鼻息が聞こえてきそう・・・



Sシュワに一生懸命アピールする、ヤリたいロクソくん。



体をすり寄せたり頭にチュッチュしたり・・・



完全に無視されてますけど

2010年05月26日

一人は怖い!

我が家のコリ至上、最大の臆病者であろうと思われるザンガマ。


乳白色のボディにアイバンドと背鰭の下のブラック模様がどことなくてっぺんハゲ(ザビエルはげ?)を彷彿させる綺麗で愛くるしいコリなのですが、赤虫で釣らない限り水槽の奥にばかりいてなかなか写真を撮らせてもらえませんでした。
そんなザンガマでしたが、最近はやっと前面に出てくることも多くなり、餌クレする他のコリに釣られて一緒になってウロウロしてみたり・・・


やっぱり動きはどことなく怪しいんですが
でも赤虫が投入されても、ずっと隠れっぱなしだった最初の四日間に比べたら随分な進歩です!

そして、ドアップ!


ただし、ここまで寄れるのはザンガマが他のコリに囲まれてる場合のみ。
回りにコリがいないと、やっぱり怖いみたいです


2010年05月24日

普段の行いが悪いので・・・2

アカヒレをボロボロにしたり、Sエクエスを突きまくったりと、なにかと問題児な皇帝様ではありますが・・・





人の顔見て寄ってきたりと以外と、可愛いところもあります。


でも、ノコギリのような歯と普段の凶暴性から・・・


なんだか脅迫されてるような気分になってしまいます



アカヒレがこの世の終わりみたいな顔している・・・
2010年05月23日

サカサレセックス

立ち泳ぎで水面の餌をとるのは、ロクソの専売特許(?)でしたが、最近はライバルが現れました・・・


立ち泳ぎを通り越して逆さになってます

レセックスはいつもこんな感じで水面チェックをしに行ったり、しょっちゅうチョロチョロ動き回ってて、ライト点灯中はほとんどジっとしていることがないうえ、黒くてピントが合いずらいのであんまり写真が撮れません。
赤虫で動きを止めてる時が唯一のシャッターチャンス・・・


それにしてもすごいですね、この体型
ずんぐりむっくりしてて、なんというかマンガチック?
こんな体型でチョロチョロされちゃあ、もう可愛くて仕方ありません
2010年05月21日

またしても寄生虫!!!



我が家の水槽に入ってる水草は若葉マークの丈夫な水草ばかりですが、壊滅状態に陥ってしまいまして・・・
というのも、またまたコリに寄生虫がでちゃったんです
4月に入った新入りのどれかに付いてたか、ジュタイの寄生虫が落ちきってなかったか・・・
しかも発見が遅れてしまい、ほとんどのコリが虫の餌食に
一番ひどかったのがデビッドサンジーのデビおくんで、目の周りにビッシリついてしまった!


そんなわけで先週末にトロピカルNにて薬浴決行したのですが、私も少々お疲れモードで写真を撮る気力がなく、薬の影響をうけて真っ白けっけ~になってしまった(でも元気)コリたちの写真はありません

なので昨年3月に薬浴した時の、真っ白先生の写真でも・・・↓

こんな姿ですが、食欲ががっつりありました

虫も無事に落ちて(多分・・)すっかり平和を取り戻しましたが、今回は水草がダメでしたね~
以前寄生虫駆除したときは、特に水草に影響はなかったのですが・・・
入ってる水草の種類も薬の濃度も、ほとんど変わりないのに何が違ったのでしょ??水温???
よく分かりませんが、使用方法を無視して水草を入れたままグリーンF顆粒を使ったときと同じような感じで、葉をどんどん落としたり茎からポッキリいっちゃったりで、ほとんどダメになってしまいました


というわけで無事だったナナとミクロソは残し、有茎草は総入れ替え。
いつものハイグロとヘテランテラ、それと今回はツーテンプルという葉っぱのでっかい水草も入れてみました。


お店の水槽は大きいので、ハイグロの量を見誤って買いすぎてしまいまったし、ツーテンプルは想像以上に大きくてうちの水槽では、もう水面に達してしまうぐらいデカかった・・・
何度も同じような失敗をしてるので、お店に行く時はメジャーを持参しようって毎回思うのに、毎回忘れるんですよね・・・


さて話は戻って薬浴中のコリたちの様子ですが、前回のジュタイの時みたいに目があそこまで窪んでしまうことはありませんでしたが、相変わらずコリの色は抜けるは、目は扁平になってしまうはで、4回目とはいえ慣れるものではありませんね

またまた以前の写真ですが、扁平目ロクソ・・・

やはり薬浴期間は心臓に悪い二日間でした。
こんなことに慣れてしまうのも嫌だけれども


ほんっと、すみません!!!
以後はもう持ち込まないよう気をつけますから~・・・
2010年05月19日

普段の行いが悪いので・・・

ただ単に餌くれの一コマですが、後ろにいるのがエロ大魔王のアクセルだと


こんなセリフをつけたくなっちゃいます
ちなみに前にいるレセックスが女の子かどうかは不明ですが、アクセルにとって♂であるとか♀であるとかはどうでもよいことなのでありました


いや、そこ結構重要だろう・・・
2010年05月18日

なんだ、その口は・・・・




向き変だけど、(*・з・) ~♪ ←こういう事???

2010年05月16日

巨大化・・・

皇帝がデカイデカイとの、コメントをいただいたので来たばかりの頃はどんなもんだったっけ?と昔の写真を探してみたら・・・


べ、別人!?!?

↑はダーターのいる25キューブにてコテンパンにやられ、45Pに移って来た当日の写真です。
昨日の写真と比較になるような物とかコリとかが写ってませんが、目と体の大きさの比率を見るとかなり巨大になったようです・・・
今だったらダーターと対等に戦えそうですが、そんなことしたら、どっちかが無事じゃすまされない事態が起こりそうですね


苦労かけます・・・・
2010年05月13日

気にくわないヤツ!?

バックスクリーンを黒にしたら、コリは撮りやすくなったけど皇帝の写真がちっとも撮れなくなってしまいました
何度挑戦してもブレブレ写真ばーっかり。
なんとか輪郭が維持できてる写真がやっと一枚


ところで目の敵にされていたアカヒレですが、最近はあまり皇帝の激しい攻撃を受けることはありません。
なぜなら、攻撃対象がアカヒレからSエクエスに変わったから


明らかにSエクエスを選んで攻撃しています
他のコリとは別者だと思っているんでしょうか???
なんで?一体何が気にくわないというの???


後ろ!後ろぉーーー!!!
2010年05月11日

微妙に驚いている・・・?

まったりするSシュワのガングロちゃんと・・・





突如あらわれたロクソ!

二枚目をよく見るとガングロちゃんの目が見開いてます
2010年05月10日

怪しい動き



最初の頃の引き篭もりっぱなしに比べれば大分慣れてきたようですが、相変わらず動きが怪しいザンガマ


なんだかジュタイが迷惑そうにしてましたが
そして何かに驚いてものすごい勢いで逃げて行っちゃいました!
2010年05月08日

最近のダーター



コリ鰭を齧りまくった罪で、25キューブにて独房暮らし中のアフリカンダーター。
隣の兄の家に水槽を置かせてもらい、餌は兄の娘(小5)が赤虫とブラインを交互に毎日1匹ずつピンセットであげているそうです。
先日、赤虫をカウントしながらあげてみたら28匹食べたそうな・・・
この体型の魚ってそんなに食べるもんでしょうか???
ちょっと食べすぎのような気もするけど・・・


普段はナナの上でジっとしているこが多く、人が通ると赤虫チョーダイ!と、ホバーリングをしながらおねだりする可愛いヤツです
でもカメラを向けると、あっという間に奥へと隠れてしまうので、柱の影からズームにして気が付かれないようにしないと撮れません。
けど目がいいからすぐに気付かれちゃいます。
あっ、やっぱり気付かれて逃げちゃった・・・


一魚暮らしじゃさみしいかなぁ?とも思いますが、デカイ図体したコリがひしめき合う60cm水槽より、ダーターには狭くともこちらの方がストレスは少ないかもしれませんね~

-ひしめき合うデカイひとたち-

コリ19匹、アカヒレ1匹、エンペラーテトラ1匹と魚21匹全員集合!
餌で釣らないと集合写真はとてもとても撮れませんね
2010年05月07日

活発な子たち

スーパーエクエスといえば、特徴的なこのボディカラー。


お店には沢山のスーパーエクエスがいたので、店員さんにオレンジと黒のメリハリが強い男の子をお願いしました。
(いっぱいいる上チョロチョロ動きまわっているので、とてもじゃないけど自分では選びきれなかった!)
雄にしたのは、なるべく体型維持がしやすいようにということで・・・

袋の中でも元気一杯でしたが、さすがに水槽に入れた直後は色が薄ーくなってます


しかし目ぇ、小っちゃくて可愛い・・・
しかも随分と顔の前方に付いてるなー


変顔も早々に見せてくれましたよ

こういうタイプのコリは初めてなので色々と新鮮です!
ライト点灯中はじっとしていることもほとんどなく、常にチョロチョロと動き回ってることが多いですね~


なかなか活発なタイプのようで見てて楽しいし、色もキレイだし・・・
5匹ぐらい居るともっと楽しいかもしれません(うちは2匹が限界ですが
2010年05月06日

暇だったので・・・

スーパーエクエスの水合わせ中の時・・・
網が邪魔だったので、ピンセットにひっかけて水槽の中に突っ込んでおきました。


誤って中に入っちゃうおバカな子とかいたりして・・・なんて、ちょっと思っちゃったけどさすがにそれは居なかった!チェッ・・・
でもロクソやSシュワが妙に興味津々でやたらフガフガしてました。




警戒する様子は全然ないみたいだけど、引越しとか水槽の入れ換えの時とかに、この網で追い掛け回されたことは覚えてないのかしら??
何か美味しそうなニオイでもしたのかなぁ??


-そんな事より、餌くれ!!-


スーパーエクエスは元気いっぱいで、水合わせ中もこれといって心配することもなく(飛び出しはあったけど)暇だったので動画撮ってました。
これといったオチもありませんが、斜め上からのアングルだとジュタイのデカさが一段と際立ちます


2010年05月04日

水合わせの教訓・・・?

ヘロヘロだったレセックスにビクビクだったザンガマと、ドキドキの導入劇と打って変わって、スーパーエクエスは元気いっぱいでとっても気楽でした。

温度合わせ中

だいたいのコリは緊張して、固まっちゃうことが多いのですがSエクエスたちは早く出たいと言わんばかりに袋の中でもなかなか元気に活発な姿を見せてくれました!
元気いっぱいはいいのですが、なぜか回りをウロつく皇帝。
鰭も開いて、ビニール越しに威嚇でもしてるんでしょうか

そして今度は水合わせ。
プラケの中にタッパーを入れて、タッパーで水合わせします。


タッパーの水がいっぱいになったら、傾けてプラケに水を流すだけ。
万が一コリが一緒に流れちゃってもプラケに入るだけなので困ることはありません。

・・・だったんですが・・・・
水をザバっと流したら、コリがビヨーンとプラケの外側まで跳ねてしまいました
水の外に出た魚って、苦しそうにピチピチ跳ねるイメージだったんですが、コリってフリーズしちゃってピクリともしないんですね
慌ててタッパーに戻して、怪我もなく元気そうなので一安心。
ちなみに水合わせをガン見していた猫ですが、コリが飛び跳ねたときにビックリして逃げていきました気弱すぎっ
でも猫の目の前だったので、もし口に入れちゃったりしたらコリはもちろん猫も危なかったかも~・・・
うちの猫、気が弱くてよかった・・・・
いくらプラケがあるといっても油断してはいけないという、教訓になりました


2010年05月01日

焦った、焦った・・・

ザンガマと一緒にやってきた新人第一弾のレセックス。
初めてレセックスを見たとき(たしか、どなたかのブログで・・・)グレーのグラデーションなボディカラーとずんぐりむっくりした体型にハイフィンで、キレイな上になんて可愛いコリなんだー!と、感激したのを覚えてます。
でも、その時はものすごーく魅かれたわけではなかったのですが、生レセックスを見たらダメでしたねー
動いてる姿は、もう尋常ではいられないほどの可愛さだった・・・・


というわけで、ザンガマだけのつもりだったのに、レセックスも2匹と計3匹をお持ち帰りすることになってのでありました。
そしてお家に帰ってウキウキ新聞紙をビリビリ破ると・・・
あららら・・・なんだかグッタリ
しかもじっくり見てみると、なんだか顔が可愛くない・・・
あれ?こんな可愛くない顔してたっけ???なんて思いつつ、水あわせをして水槽に放ったところ・・・・


あ、あれ??なんかさっきよりさらに、不細工になったような????
・・・・・んんんんー???
こ、これは!!!
不細工になっているのではなく、目が飛び出してきちゃってるではありませんか!?


しかも、目玉に膜が張ったようになってきて、体にはディフューザーの気泡が付いてしまい、粘膜にも異常が出てそうな感じ・・・
時に1匹がひどくて今にも横倒しになってしまいそうなぐらい悪そう。
食欲はどうだろうと、目の前に赤虫をちょびっと落としてみたら、一応食欲はあるらしくモソモソと食べ始めました。
でも動きはなんだかフーラフラ・・・
そしたら、そのフラフラした動きにアクセルのスイッチが入ってしまったらしく、しきりにTポジを迫ってるーーーー
ななな、なんで???弱ってる子になんでそんなことするのさ!?鬼畜なのっ!?!?


ヤバイ・・・水槽に放ったのは失敗だったかも・・・・
でも今からまた網で追い掛け回して掬って、プラケに入れるのはトドメを刺してしまいそうな気がしてとりあえずもうしばらく様子をみてみようということに。
2匹とも流木の下に隠れてしまい(でもこっちからは丸見え)状況は相変わらず悪そうです。
そのうち1匹なんて、体が浮いてしまうみたいにお尻を上げて流木をストッパーにしてるし・・・
や、ヤバイ・・・体が浮いてきてるってもしかして死にかけているんじゃ・・・
もうどうすればいいのか分からず、ひたすら心配するしかありませんでした。


そして翌日。
相変わらず目は飛び出たままだし、浮きかけてるしでちっとも良くなってる様子はありません。
でも、赤虫を入れるとフラフラしながら食べにくるんだよなぁ。
食べる気力があるうちは大丈夫!と思いたいのですが、大食いコリの中にはもう死にかけ寸前でも意地でも食べたいタイプなんてものいそうな気がして
このままにしとくのはどうにも不安だったのでショップに電話して、何か出来ることはないか聞いてみることにしました。


事情を説明してみたところ、病気というわけではないので、慣れれば目も治るし食欲もあるので大丈夫でしょう、とのことで・・・浮きかけもそのうち収まりますよと。
その時は、えええ!?こんなになっちゃってるのに、ほんとに大丈夫なの!?!?と、思いましたが、さらに翌日は浮きかけは収まっており、目も段々しぼんできて一週間たつころには目もすっかり元通りになり、見事回復したのでありました!
さすがプロ・・・あの状況が大丈夫って分かるのがスゴイと!
私なんて、もう死んじゃうんだー!!!うわーん!!!とか思ってたのに・・・
後にお店に行って無事だったことを伝え一件落着。
ザンガマはちっとも姿を現さないし、レセックスはポップアイに浮きかけでかなりドキドキな導入騒ぎとなってしまったのでした


目玉飛び出しっ子ちゃんも、すっかり元の可愛いレセックスに

食後は流されて水草に引っかかった赤虫を一生懸命探したり、浮いたブラインを水面まで食べに来たりとなかなか食欲旺盛でございます




ずんぐりむっくりな体型のせいか、単独だと小さく見えますが5.5cmほどあります。
元がこの体型で、もしメタボになっちゃったらすごいことになりそう・・・横から見た姿が円になるんじゃないかしら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。