--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月30日

臆病No.1

新入り第一弾でやってきたザンガマですが、ほんっっっとにもー、びっくりするぐらい臆病でして・・・


去年の10月末に引越しをしてきて、初めて行ったペンギンビレッジで見かけて以来ずーっと気になっていたコリでした。
その時はまだ45cm水槽で満員だったので、60cm水槽にサイズアップしたらお迎えしようと決めていた子。
で、無事水槽のサイズアップも済みそろそろ3週間なので、その少し前に行った別のショップにいっぱい居たので保温バッグを持ってウキウキとお迎えに行きました。
そしたら、1匹しか残ってなかった・・・いっぱいいる中から選ぼうと思ったのに~
でもキレイな子だったので、よかったです
そして家に帰ってさっそく水あわせをして水槽に放ったところ・・・


なんだか緊張して固まっちゃって
ま、最初はそんなもんだろう、食欲はあるかな~と赤虫をちょびっとあげてみたら・・・
なんだか挙動不審で変な動きをしながら一応食べた!
でも怖々って感じで、コリ特有のあのガツガツした感じではありません。
今まで、最初に他のコリが居ないプラケなんかに入れたコリは(デビとかアクセルとかジュタイ)狭くて落ち着かないせいもあってかしばらく緊張しているものですが、他のコリがいる状態の水槽に放てばショップからの移動直後でもたいていすぐに馴染んじゃうものでしたがザンガマはちょっと様子が違うぞ?とは思ったものの事情があり、あまり構っていられなかったので「ま、明日になれば大分馴染むだろう」ぐらいに軽く考えてました。

しかし翌日、水槽を見てみるとザンガマの姿が見えない・・・
昨日は怖々ながらも赤虫を食べたし、食欲はありそうなので、餌を入れれば出てくるだろうと赤虫を投入してみましたが、やっぱり出てこない!
隠れる場所といえば水草ゾーンの後ろあたりなので、色んな角度から覗いてみたらお尻だけチラっと見えたので、とりあえずホっ・・・


でもその日は結局一回も出てきてくれず。
他のコリがあんなにハイテンションで赤虫を食べてるのに、まったく出てこないとは!
うーむ・・・もしかして手強い・・・?
しかも三日目も全く同じ状況で、居場所が変わってるので移動はしてるみたいだけど。
二日も食べないでお腹空いてないのかなー・・・


明日はさすがに食べにくるんじゃないかと期待しつつ消灯時間。
そして、ついに四日目ですが、やっぱり出てこない!!!
しかも、水草をくくりつけてる石が邪魔で、どこに居るのかすら・・・まさか死んでないよね???
仕方がないので邪魔な石を一旦端っこにどかしてみたら、いたいた!ちゃんと生きてたよ。ほっ・・・


水槽内をガチャガチャやってたせいでなんとか出てきたので、すかざず赤虫を投入!
そしたらしっかり食べましたやっぱお腹空いてたんじゃん・・・
でも別に痩せてはいませんでした。
そういえば引越しの時にコリたちは一週間絶食だったけどちっとも痩せてなかったもんなー
二日程度じゃ、痩せるわけないですね。消灯してから何か探して食べてたかもしれないし。


その日をきっかけに餌の時はしっかりと出てきて食べるようになり、コリタブもブラインもあげてみましたが好き嫌いは特に無いようで・・・
でもカメラを向けるとたとえお食事中でも、ものすごい勢いで逃げていっちゃいます
なのでしばらくは少し離れた場所からズームでの撮影のみ・・・
先生も最初は随分臆病だなーと思ったけど、食べてる時ですらNGとは・・・
今までのコリの中で一番奥病な子かもしれません


最近では餌の時以外も出てくるようになりました。
ただし、相変わらず回りを警戒するような怪しい動きで。
ちなみにどかしてあったナナとミクロソを戻そうと思ったら、いつの間にかナナのスペースが無くなっちゃったので真ん中に置いてみたら、ライトがいい感じ(?)だったのか花咲きました


我が家にやってきてから二週間以上たちましたがいまだ、他のコリのようにリラックス(?)しながら呑気にホジホジしてるところは全く見かけません
とってもキレイな子なのでじっくり観察したいのだけど、しばらくは無理そうですね~
早く慣れて、可愛い写真を撮らせておくれ♪


スポンサーサイト
2010年04月27日

新入りさんはこちらです!

さて、昨日も書いたとおり新入りコリが5匹います。
第一陣は、お連れしてからすでに二週間以上経過してしまいました
まずは・・・


ザンガマ(バージニアエ)が1匹。


レセックスが2匹。


そして第二陣は、一昨日やってきたばかりの・・・


スーパーエクエスが2匹。


ザンガマはとんでもなく臆病でいまだ警戒心むき出しだし、レセックスとSエクエスはなかなかピントが合わないしで、まともな写真がほとんど撮れません
ちょっと導入の際に焦った出来事があったので(いや、ちょっとじゃないな・・・かなり焦った・・・)、次回はそんなことも振り返りつつゆっくりご紹介しますね~!
2010年04月26日

デビッドサンジー

コリ紹介第六弾は、デビッドサンジーです。
(前回のNMメタエは第五弾のとこ四弾って書いちゃった訂正しました)


2009年4月半ばに、NMメタエと一緒に我が家へやってきた2匹。
ロクソの時にも書いたのですが、デビはオイヤポを買ったときにすごく飼いたくなって次に行ったらもういなかったので今度どこかのお店にいたら2匹飼おう!と決めていたのですがその後はなかなか出会えなかったんですよね~
なので出会えた時はすごーく嬉しくて!
2匹しかいなかったので個体選びが出来ませんでしたが、2匹ともキレイだったしすごーく元気だったので両方下さいと・・・

-当時のデビ-

が、しかーし!!!
お店であんなに元気だったデビたちが家に帰って保温用の新聞紙をベリベリはがしてみると、あらら???なんだか2匹ともグッタリしてるではありませんか!?
体からはなんだか粘膜が剥がれ落ちてるように胸鰭あたりにモヤーっとしたものが絡みついてて。
こんな状態になったのは初めてだったので、なんだかよく分からないけど水槽に入れてはマズイかもしれない・・・ということで、一先ずプラケに入ってもらうことにしました。
体についてるもんも、よく分からないけどもし粘膜だとしたら、こういう時こそアクアセイフ!?と、随分前に買ってちっとも使ってなかったアクアセイフを使用することに。

-当時のデビその2(プラケ時代)-

そのおかげかどうかはよく分かりませんが、モヤモヤはすぐに収まり一安心・・・
ではなく、今度は赤虫すら食べないという事態に!
相変わらず見た目はグッタリしてるし、食欲もないほど具合が悪いのかと思ったら、ただ単に私が見てると怖くて動けなくなってしまい、食べれない状態だったということが後に判明
少し離れたところで見てればコソコソと、しっかり食べてました。ちょっとショックを受けたこの頃の私。具合が悪いんじゃなくてよかったけどさ。

と、来たばかりの頃に一騒動(?)あったデビたちですが、今では立派に・・・
立派に・・・
立派・・・


って、デビこちゃん!!そのお腹、立派すぎじゃありませんか!?!?
この子はデビの1匹、雌の通称デビこちゃん。
見てのとおり、お腹ぽっこり段腹ちょいメタボでございます。
ん?誰ですか??それ、デブこちゃんに改名した方がいーんじゃないの?ケケケ!とか思った人はー!
デビこちゃんは見る度いつでも砂をほーじほじ。寝ているとき以外は大体ほーじほじ。
我が家のコリの中では臆病な方ですが、食べ物が絡んでくれば話は別。
赤虫を投入する際に、目測をあやまってよく水槽にピンセットをガツンと思い切りぶつけてしまうことがあるのですが、振動に驚いたデビこちゃんは誰よりも早く砂を撒き散らしアクセルをすっ飛ばしてものすごい勢いで逃げてっちゃいます。
が、赤虫のニオイですぐに出てくる。アマノイワト・・・
そして逃げるタイミングを逃したときは、目を見開いて背鰭・胸鰭ギンギン警戒態勢でフリーズ!わ、私のことを刺そうと思っているのかい!?!?
が、赤虫のニオイですぐにモフモフムシャムシャ。変わり身早っ
そんでもって、このお腹

そしてもう1匹は、雄の通称デビおくん。


アイバンドも背中のラインもクッキリ、スタイル抜群でオレンジボディがステキなイケメンコリドラス!
・・・なんですが、こんなにイケメンなデビおくんも、とにかく節操がないのです
同じデビである、デビこちゃんに求愛してるかと思えば通りかかったオイヤポ(雄)に目移りしたり、ロクソ(雄)に言い寄ってみたり、アクセル(雄)にお腹を見せたら突き飛ばしちゃったり・・・
あ、もちろんモテモテ美女のSシュワのこともちゃんと好き(?)なんです。ったく・・・うちの男共は
ただとにかく根性がないというか、ある意味淡白というか、相手が嫌っとそっぽを向くとすぐに、じゃあいいや!って感じなんですよね~
ロクソの場合は自分より体が小さい子には興味が無いらしく、コリは雌の方が大きいのでなんとなく、なるほど!と思うのですがデビおくんの場合は大きさは気にしないらしいのです
アクセルなんてデビおくんより二回りぐらい小さいのに・・・(しかも男同士だ!)
とはいえ、6cm近くあるデビおくんがもし本気になれば、小さい子たちには相当なストレスになると思われるのでこれくらい淡白で助かってます。
ロクソ・アクセルのように年がら年中、盛ってるわけでもないし。
そしてやっぱり先生やNMメタエの吻先が特徴的なひとたちは対象外なんですよ!
なんで?本能??SLNとは雑交しないように???不思議だ~


と、思ってるかどうかは知りません

ところでデビおくんは、上にも書きましたが体が全体的にオレンジっぽくキレイな色をしています。
デビこちゃんは肌色に近い感じなのですが、写真だとどうもどっちも同じような肌色になってしまいます
この写真は↓多少、色の違いがわかりやすい方でしょうか??

実物は、パっと見ただけでどっちなのかすぐに分かるくらい色に違いがあるんですけどねぇ

デビッドサンジーという名前はデビッド氏が夕焼け色したコリドラスってことで付けたそうですが、ネーミングがかっこいいですよね!夕焼けって表現、すごくいい!!デビッドさん、もう最高!!(どんな人か知らないけど・・・)
でも名前以上にデビは、この体のフォルム・この色合い・背中のラインの入り方と、つくづくかっこいいコリだなぁとホント思います。
というか、超タイプ!ねるとんなら「第一印象で決めてました!!」って言っちゃうくらい(←古いにも程がある!)すべてが私好みのコリなんです


そういえば最初にコリが飼いたくなってショップにコリ調査(?)しに行った時に一番飼いたかったのってメリニだったんだよな~・・・
今思えばあれはメリニではなく、デビッドサンジーだったような気がする・・・
まあ、今となってはどうでもよいことですけど

というわけで、ビビリな大食い美少女デビこちゃんとイケメン変態デビおくんの紹介でした~!


次回はアクセルロディなんですが・・・
このコリ紹介シリーズ、ちょっと力を入れて書き始めちゃったら案外大変で、思った以上に時間がかかってしまい
その間に新入りコリをなんと、3種(計5匹)もお迎えしてしまったのですが、第一陣からすでに二週間以上たってしまいました
こっちをさっさと紹介しないと新入りでなくなってしまうので、アクセルは我が家へやってきて一年目になる8月頃にしようかなーと。
その時に、1匹になってた、とか2匹ともいない、とかないように精一杯、大事に大事にお世話させていただくことにします!!
それでは次回は新入り第一弾をご紹介しますので、お楽しみに~!
2010年04月23日

ニュースポットメガメタエ

コリ紹介第五弾は、ニュースポットメガメタエです。


とーっても長い販売名ですね当ブログでは専らNMメタエと略しております。
多分、男の子です。

我が家へやってきたのは2009年4月半ばです。
その前の月にSシュワを買ったときにいて、次回お店に来た時にまだ居たら連れて帰ろう!と思った子で、ひと月後にお店に行ったらまだいてくれました♪
色白ボディで、赤虫を食べるとお腹の中の赤虫が透けてしまうのですが、最初は赤虫だってことに気が付かず、内臓が腫れてるのかと思ってずいぶんと心配しました。

-当時のNMメタエ-

その上、いきなり先生に惚れられてしまい、しょっちゅう追いかけまわれており、時には吻先でひっくり返されちゃったりなんかして・・・・
(過去記事より 先生の暴走その1 先生の暴走その2

それまで大人しかった先生のあまりのパワフルっぷりに、先生に惚れ殺されるかもしれない・・・なんて本気で思ったりして。
でも、少したったらいきなりピタっとやらなくなりました。
雄だと気が付いたのか、脈が無いから諦めたのか・・・
よく分かりませんが、NMメタエは惚れ殺されることなく今は平和に暮らしております。


何回か、背鰭や尻鰭と尾鰭の間に水泡のようなものが出来てしまったことがあり、最初のうちは水換えの量をふやしてみたり、逆に少なくして回数を増やしたり、砂を丸洗いしてみたりと色々やってみましたが、何かした・しないに関わらず治る時は治るので今いちよく分かりません
なんとなくですが、ストレスがかかると発症しやすいような気がします。
こんな顔して案外デリケートなのかも・・・


先生と違って何でも食べる良い子ちゃんですが、たまに水草ゾーンの奥の方で寝ていて餌が投入されても気が付かず中盤頃に慌てて出てきて必死に食べ始めたりする、ちょっと間抜けでお茶目なところもあります。
ガラス蓋をガタガタやれば気が付きそうなものですが・・・どんだけ爆睡してるんだ!


食欲がすさまじいのか、ただ単にいやしいのか、はたまた鼻がものすごくいいのか、他のコリのお尻をクンクンするちょっと変態っぽいクセを持っております
未消化っぽい赤虫をお尻からぶらさげてるコリは、NMメタエが引っこ抜いて食べてくれるおかげですぐにスッキリ♪(おえ~)
何もついてなくてもフガフガしちゃうので、やりたい盛りのアクセルなんかはお尻をフガフガされて興奮しちゃうありさまでしてああ、情けない・・・
このおバカなシーンを一度動画に撮りたいんですけど、撮ってるときに限ってやらないんですよねぇ。


同じセミロングノーズの先生があまりにもインパクトのあるお方なので、キャラの薄い存在に思いがちですが、こうして書いてみると顔だけでなくキャラもなかなか面白いですね


というわけで、大食いブヒブヒなニュースポットメガメタエの紹介でした!
次回はデビッドサンジーです!お楽しみに~
2010年04月21日

スーパーシュワルツィ

中断してばっかのコリ紹介第四弾はスーパーシュワルツィです!


2009年3月半ばに、やってまいりました。
ホントは冷凍赤虫を買う予定でお店に行ったのですが、いつの間にやら理性を失って衝動買いしてしまった2匹です

-当時のSシュワ-

この2匹、多分雌だと思うのですが我が家ではとにかくモテます
来た当日にロクソに目をつけられ、ストーキングされたり求愛されたり・・・
ロクソ以外にも、求愛行動らしきものをとる雄コリたちは(オイヤポ・デビおくん・アクセル)みんなSシュワが好きみたい。

ぷっくりした体型に加え、体のコントラストが強いせいで真っ白なお腹がよく目立ち、男共はついムラムラっときてしまうんでしょうか???
それともうひとつ、あまりジっとしていることがなくホバーリングで葉っぱをフガフガしながら餌を探していることが多いのですが、これが雌が卵を産みつける場所を探す行動に似てるんですね。
この動きも男共をムラムラさせる要因なのかも・・・
でも、Sシュワはまったく男共に興味がありません
興味があるのはただ一つ、食べ物にだけ。
うーん、魔性の女だ・・・・!!!

-葉っぱフガフガ中-


ちなみに、よくホバーリングしているのはこの子のみ。


顔に模様があって、体のラインが真っ直ぐで、とにかく物怖じしないたくましい子。
最初のひと月で結構背鰭が伸びたのでこれは期待できるか!?と思ったけど、その後は止まってしまい、今は逆に短くなっちゃいました

そしてもう1匹は・・・


顔が黒い、通称ガングロちゃん。
昨年10月末に引越しをしたあと、しばらく色が薄くなってしまい、ガングロちゃんが色白ちゃんになってしまってましたが、砂に大磯を混ぜてバックスクリーンも黒にしたところ、大分以前のようになってきたかな?
最初は、もう1匹の子より背鰭が短かったのですが、最近少し伸びてくれました♪

特別ハイフィンが好きというわけではありませんが、Sシュワといえばやっぱりギュイーンとした背鰭が格好いい!
雄の方がよく伸びやすい傾向にあるみたいですが、雌でも伸びる子は伸びるらしいのでガングロちゃんも頑張ってギュイーンとなってくれれば最高なんだけどなぁ♪
伸びなくても可愛いから別にいいけど・・・


うちのコリたちがあまり臆病ではないのって、Sシュワの影響が非常に大きいような気がします。
来た時から警戒心が薄く動きもゆっくりで、驚いてもピャっと逃げちゃうことがほとんどありません。
ロクソが来たばかりの頃の記事を読んでみたら、どうも最初は写真に撮られるもの嫌だったらしく、ちょっと怖がりだったようで・・・
そんなことがあったなんてすっかり忘れてました!
なんか最初っから、実に図々しい印象があったのですけど
でも思えばSシュワが来たあたりからロクソの警戒心も段々薄くなってきたような。


体が大きく、目立つSシュワが堂々としてるので釣られて(?)平気になったんでしょうかねぇ?
それまでほとんど興味のなかったスーパーシュワルツィで、しかも衝動買いでしたが、この2匹をお迎えしてほんとによかったなぁ!と思ってます


そんな我が家のモテモテ美少女、Sシュワの紹介でした~!
次回は美白でブヒブヒなニューメガメタエです!お楽しみに~
2010年04月19日

かわいかったので・2

コリ紹介の途中ですが(なんか中断してばっかだな)なんとなく混雑してる風が、可愛かったのでアップ!


手前のデビこちゃんが、キレイに撮れていればなかなか良い写真だったのに・・・!
うーん、惜しい!!!
なんかデビこちゃん、花モグラみたいだなぁ
2010年04月16日

ロクソゾヌス

コリ紹介第三弾は二匹のロクソゾヌス。


2009年1月末にコンディス先生と一緒に我が家へやってきました。
ロクソはその前の月にオイヤポを買った際、お店で見て気にいったコリでした。
でもその時にデビッドサンジーもいて、もっと気に入っていたのです

-当時のロクソ-

なので、デビがいれば2匹連れて帰ろう!と思っていたのですが、値札は残ってたものの1匹もいなくて、じゃあロクソを・・・ということでお連れしたコリなのでありました。


や、でもその時は「じゃあ」だったけど今ではロクソにしてほんとよかったな~♪と思ってますよ~
もしデビが残っていれば、今いるこの子たちは我が家い居なかったわけで・・・
その後、ロクソをどこかで買ったとしてもこの子たちとは全く別な子なわけで・・・

というのも、うちのロクソって異様なぐらいに可愛いのですよ~
まずはこの子。


なんかちょっと変わった形をしており、しかも背鰭に白いポイントが入ってます。
このポイントはロクソの特徴ではないので、この子のチャームポイント。
目が上に付いててバッタみたいな顔つきで不器量ではありますがその分愛想がいい!
人を恐れるということを知らず、手を突っ込めばすぐに寄ってきてモフモフしてくれる非常に非常に可愛い子なのです♪
ちなみに特技は水面にある赤虫を立ち泳ぎで食べること

そしてもう1匹。


この子はもう1匹の子と正反対にものすごーく美形なんです!!!
見た目なんて人それぞれ、好みの問題ってものがありますが、この子の場合は魚に興味がない人に見せても可愛いって言うんじゃないかしらってくらいの美貌の持ち主で・・・
(↑もう完全親バカ暴走中)
目の大きさや付き方、体のフォルムに、模様も色合いも、もうどこをとっても可愛いのなんのって
こんな可愛いロクソゾヌス、見たことない!!(ロクソ自体あんまり見たことないけど)


ただ、こんな可愛い2匹に、実は欠点があるんです・・・
それは・・・とにかく無節操で無制限にエロイということ!!!
多分2匹とも雄だと思うんですが、年がら年中誰かしらを追いかけては求愛ごっこのようなことをしています。特にロクソ同士で一番よくやってる
薬浴中でも、ダーターに鰭を齧られてボロボロだった時も、水槽の交換で小さいプラケにぎゅうぎゅう詰めにされてた時も!
確かに背鰭をたてて一生懸命アピールする姿はとっても可愛いのですが、ここまでくると変態です!
ただ、好み(?)があるらしくアピールする相手は、ロクソ同士かSシュワかデビのみ。
(性別は気にしないらしい←普通一番重要じゃないのか!?)
吻先が特徴的なひとたちや、自分より体の小さい子は好みじゃないみたいです。


大きさは分かるとしてセミロングの子は一体どこで見分けてるんだろ?
そんな細かいとこまで見えてるとは思えないけど・・・
ニオイかで分かるのかなー?不思議だ・・・


このエロっぷりは、行動のよく似た後輩アクセルにも見事に受け継がれました
だけどどんな状況でも、呑気にエロエロしてるロクソたちを見てるとなんだかホっとして精神的にとっても助けられたのでありました
そんな、エロで変態な可愛い可愛いロクソゾヌスのご紹介でした。

おまけの動画「せかせか、ロクソくん」

どんなに忙しく動き回っていても、水面のお宝チェック(浮いた赤虫とかブライン)は欠かしません

次回はスーパーシュワルツィです!お楽しみに~
2010年04月15日

かわいかったので・・・


コリ紹介の途中ですが、並んでて可愛かったのでアップ♪



何気にジュタイ(左)の後ろから覗いてるアクセルも可愛い・・・

2010年04月13日

コンディスキプルス

コリ紹介第二段は通称「先生」ことコンディスキプルス。
我が家にやってきたのは、昨年(2009年)1月末。


そのひと月前に買ったオイヤポと一緒にいたと思われるオイヤポが1匹だけお店に残ってたんですね。
その隣の水槽にはコンディスが結構沢山いたんです。
その頃はコリは絶対にショートノーズ!!ショートが一番可愛い!!!って思ってて、いっぱいいるコンディスをまじまじと見て、やっぱり顔が可愛くないな~、アイバンドの下が不鮮明だしおんなじような模様してるのにオイヤポの方が断然可愛いし、なによりこの人たち随分とデッカイじゃないの~なんてことを考えておりました
で、オイヤポはもう1~2匹飼いたかったので、店員さんにオイヤポ下さいと言ったんです。
そして店員さんが網を水槽に入れんとするばかりの時にふと、「この隣にいるコンディスキプルスってショートノーズとあんまり一緒に入れない方がいいですか?」なんて聞いちゃったんです。
店員さんは「大人しいから大丈夫ですよ」と・・・
そしたら急にコンディスが飼いたくなってきて「やっぱりこっちにします~・・・」って言っちゃったんですよね
でもあんまり大きい子もなんだし、一番小さい子にしてもらって連れ帰ったのが、コンディス先生なのでありました。
今思うとなんであの時にあんなことを聞いたのか、まったく不思議です。
これってもしかして運命だったのかしら・・・・

-当時の先生-

そんな先生は最初、ブラインも食べず餌は赤虫オンリーですたが、まあ他のコリに釣られてそのうち食べるようになるだろ、ぐらいに思ってました。
そのうち寄生虫騒ぎが勃発して薬浴したりで餌の量をかなり控えていたらいつの間にかブラインは食べるようになりました。
しかし人工飼料には相変わらず見向きもしません
昨年10月末の家の引越しの際に一週間絶食させちゃったので、もしかして食べるようになるかな?ってちょっと思ったんですが、それでもやっぱりダメでした。
すごい頑固!そんなに人工飼料嫌なのかい??


一年以上水槽内で飼われてて未だ人工飼料に餌付かない先生ですが、随分と臆病ではなくなってきました。
以前は餌の時以外は流木の下など薄暗い場所でじっとしてることが多く、水面に上がることも泳ぐことも(逃げる時は別)ほとんどなかった先生。
コリタブの日は先生の食べるものがないので不憫に思い、先生にだけ赤虫をあげようとピンセットで赤虫を挟んで先生の近くに落とそうとすると物凄い勢いで逃げてしまい、結局他のコリにとられちゃう。
(今は、食べない人は知りません!ということで特別扱いはしてません
が、そんな先生も最近では他のコリと一緒に泳いでいることもあるし、ピンセットも怖がらなくなりました。


一番驚いているのが底床掃除の時で、以前は掃除中は端っこにどかしたアクセサリーの下に潜り込みひたすら隠れていたのが最近では平気ででてきていることも多く・・・
特に水作エイトをどかした部分には色々ゴミがたまっているんですが、微生物も多くいるようでエイトをいじくってると寄ってくるようにまでなり・・・
邪魔なので、パイプで軽く追い払うんですがまたすぐに寄ってきてホージホジ。
先生を追い払ってるとSシュワがやってきて、Sシュワを追い払うとまた先生が来て・・・
あのね、掃除がちっとも進まないんですけど(-"-;)(←でもちょっと嬉しい)

というわけでビビリで偏屈で頑固で面白い顔した先生でしたが、ビビリは返上しただの偏屈で頑固で面白顔の先生になったのでした♪(充分変??)


-セクシーな唇-

個性的でとっても愛くるしい我が家のアイドルコンディス先生の紹介でした~!
次回は元祖エロコリ・ロクソゾヌスです!お楽しみに~
2010年04月11日

オイアポクエンシス

今さらですが、コリの数も増えてきたところで改めて我が家のコリたちを紹介してみようかなーなんて。
やってきた順ということで、まず第一弾はシマシマ尾鰭がキュートなオイアポクエンシスから・・・


我が家に来たのは一昨年(2008年)の12月末。
そのひと月前にチビコリ水槽(ハステータス等)のヒーター故障で魚全滅という大事件が起こり失意のどん底にあった飼い主を救うべくやってきた(というか自分で買ってきたんだけど)2匹の救世主だったのでありました!
2匹は4cmちょっとで体も小さく、1匹はまだ背鰭の柄が子供っぽかったので若いコリなのだなぁという印象。

-その当時の二匹-

体が大きくなるにつれて背鰭の黒が大きくなるのではないかと・・・(多分)

その頃ラムズがうじゃうじゃいた水槽内にやってきた救世主は、隠れ家もあまりなくて仲間のコリも居らず、しかもリセット後ひと月のあまり水が安定してなさそうな水槽に放りこまれ、終始落ち着かない様子で毎日びゅんびゅん泳ぎまわってました。
なんとか落ち着いたかな?と思えるまでひと月近くかかったような気がします。
我が家にやってきてから、色々ありましたが(寄生虫とかダーターの尾齧りとか引越しとか)一年と三ヶ月半がたち、元気に過ごしてくれていることはほんとうにありがたいことです♪

が、しかーし!元気なのは嬉しいのですが、この子たち・・・ほとんど大きくなってないのですよね
1匹は最近少し胴が伸びてきたかな?って感じもするのですが、もう1匹はまったく大きくなりません。





多分2匹とも雄なので小柄なんだとは思いますが、子供模様の子は明らかに若い子だったし少しは成長すると思ったんだけどなぁ。
よく食べるし、食後はお腹ぽっこり(最近は食後じゃなくても丸い)してるので満足に食べれてないってことはないのですが。
そんなオイヤポたちですが、一番最初に我が家にやってきたわりに飼い主によそよそしいところがあり、少しさびしい・・・


他のコリに比べて、水槽の奥側にいることが多いしさ。
赤虫欲しさにピンセットには寄ってくるんですが、なかなか直接食べてくれないし、ドクターコリにも不参加です。
まあ、そこまでしてくれなくて当たり前って思えばいいんですけどね
一番最初に来た子というのはどうしても特別な思い入れがあるので、もっと慣れてくれてもいーのに、なんてついつい欲張ってしまいます。
オイヤポは崩壊前にいた、先代・先々代もちょっとよそよそしいイメージがあったんですよね。ううう、さみしい・・・
でも可愛いのよね

そんな最近の2匹といえば気が付くとしょっちゅうディフューザーからの水流をよいしょよいしょとのぼっております。
元々、よく2匹して水流のぼりをしていましたが、水槽のサイズアップをしてから一段とのぼるようになりました。


この動画では、先生やアクセルも一緒になってますが、大体はオイヤポ二匹で盛り上がってるパターンが多いです。
流される距離が増えて(?)楽しいんでしょうか???

というわけで新シリーズの我が家のコリ紹介。
次回はお待ちかねの(←?)みんなのアイドルコンディス先生です!お楽しみに~


2010年04月10日

復活~



すっかり風邪もよくなり元気一杯復活です!
(↑あれだけ言って、結局インフルエンザじゃなかった・・・)

水槽のサイズアップをして早くも半月が過ぎました。
住民の顔ぶれは変化もないので、赤虫食べてるとこでも・・・
(特にオチとかはありません。ひたすら赤虫を食べるコリたち)


新入りのデカコリ・ジュタイが来てから、今まであげてた赤虫の量では食べきる早さが半分になっちゃいました
2匹増えただけで半分って・・・・さすが7cmの巨体!


なので今までのクリーン赤虫1ブロックはそのままで加えてキューブ赤虫1ブロックor人工飼料 というメニューが増えてきました。
熱帯魚の餌の量って、よく2~3分で食べきる量なんて聞きますが、コリの場合は2~3分の量じゃとてもとても足りませんね


2010年04月05日

人生初の・・・

人生初のインフルエンザにかかってしまいました~・・・
アレルギーでインフルエンザのワクチンは子供の頃から一度も打ったことないのですが、案外かからないものよね!なんて思っていたら
しかもちっとも流行ってない時期にっ

というわけで完全回復するまでしばし安静にしておきます・・・
コメントのお返事も少しお待ち下さいね~


2010年04月02日

そんなとこで熟睡・・・?

溶岩石にくくりつけてあるナナの葉っぱ。


Sシュワが乗っかってましたか~わいいねぇ
(乗っかってるというか挟まってるみたいだけど・・・)

乗っかり好きなオイヤポもたまに乗っているのですが、カメラを向けるとマッハで逃げちゃいます。


でもSシュワは警戒心というものを持ち合わせてないので結構寄ってもへっちゃら!

もっと寄れるか!?と、レンズとガラスが密着するまで寄ってみたら・・・


さすがに顔がぼやけちゃいました
んっ?ひょっとして、寝てるのか・・・???(゚∇゚;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。