--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年06月30日

そんなにイヤ・・・?

コリタブをうっかり口に入れちゃったコンディス先生


ペッペっとしながら逃げてゆきました・・・




他の子は一生懸命食べてるっていうのに!


ワガママを言うんじゃありませんっ(-"-;)
スポンサーサイト
2009年06月29日

アフリカンダーターの二度見

思いっきりピントが合ってませんが、矢印のアフリカンダーターにご注目!



た、たまらない・・・・( ̄ii ̄)
2009年06月27日

フォーメーションV




コリじゃないひとも加わってますが

2009年06月26日

先生、ショーック!

Sシュワ消化不良(?)事件で意外なダメージをくらってしまったのは孤高のコンディス先生。


翌日は餌抜きでショックを受けたのは全員同じ!
でもさらに次の日から数日間は、一気に食べれられないコリタブをメインにあげていたので人工飼料を一切食べないコンディス先生には辛い日々が続いたのでした

こういう時ピンセットまで食べに来てくれるダーターは少量でも確実にあげることが出来るのでとっても楽です。
なるべく先生の近くに冷凍ブラインを置いてあげようとするんですが、ピンセットを怖がるのでモソモソしてる間に他の子に食べられちゃう。


コリタブ、食べればいーじゃんか
2009年06月25日

シュワちゃん、大ピンチ!

フィルター清掃を決行した時のこと。
ほんとは、底砂洗浄後一週間ほど間を空けてやろうと思ってたんですが3日後にやるハメに・・・


というのも、いつも元気でニコニコ(は、してないか)優等生なSシュワのガングロじゃない方の子がなんだかぐったりしてまして
自慢の背鰭をペタンと閉じて、なんだか体色も薄く、呼吸も荒いではありませんか!?!?
その何十分か前には普段とおりガツガツと赤虫も食べてたし元気いっぱいだったのに・・・
しかも、水面に行きたそうに上昇しようとするんですが半分くらいで沈んでいってしまう感じで、着地した特に体のあたりから気泡がプクプクーっと上がるんです。


その姿はまるでもがいているようですごく苦しそうで、「あ!これは絶対にヤバイ状態だ!!」って思ったんです。
底砂洗浄で、なんら水槽内のバランスが崩れて良くないことが巻き起こってるのかと。
もう色んなことが頭を駆け巡りましたねー。正直、このまま死んじゃうと思いました。


試薬を総動員して測れる範囲を測ってみるもヤバイ数値はでず。
伝染性の病気を発症してしまったのなら早いとこ隔離治療に入らないとまずいんでないの??と思いましたが、そうである確信も持てず…
そんなことをしているうちに一つ気が付いたことが。

グッタリしてるSシュワのお尻を色んなコリが突きに来るんです・・・
もう具合悪いのにお尻をツンツンされて踏んだり蹴ったりです。
そして、お尻に何か赤いものが・・・ひー出血!?なんて一瞬思いましたが、どうやら未消化の赤虫がお尻からチョロっと出てた模様。
その未消化赤虫はNメガメタエがお尻から引っこ抜いて食べちゃいました。うえ~
Sシュワのお尻から赤虫のニオイがしていて、それを次々に突きに来ていたのだろうか


で、それを見ていてふと、「もしかしてこれは消化不良を起こしていてお腹が苦しいのでは??」と思ったんです。
というのもその前日に私自信が恥ずかしながらお腹壊しまして…小一時間トイレから出れない状態!(←なんちゅーカミングアウト)あ、ただの食べすぎなんですけどね。
たかが下痢、されど下痢。あれホント苦しいです。出るもん出ちゃえばケロっとするんですがそれまではホント死ぬんじゃないかってくらい苦しい!

Sシュワの場合、Nメガメタエの水疱事件もあり、このところ餌の量を少し控えていたので食べ過ぎというのはちょっと違うような気がします。
ということはもし消化不良だとしてもそれを引き起こしたのは、やっぱり水に何か問題があるんじゃないかと・・・
底砂掃除の際に換水はしているのだからあとは、フィルターの汚れ??

こんなに短いスパンでいじくりまわすのも、下手したら追い討ちをかけるかもしれないけど、思い切ってフィルター掃除を決行してみました。
掃除の刺激(?)でが出てくれないだろうか?という根拠のない期待も込めつつ・・・


とにかく手早く、なるべく負担がかからないようにと急ぎましたよー!
心の中で「シュワちゃん死なないでー!!!ぬおー!!!」とか思いながら必死でした。

なんとか無事に終了したものの、Sシュワがは相変わらずぐったりしたまま。
が!しかし!!少ししたらさっきまで上昇しようとしても力なく沈んでいたのが、無事に腸呼吸してくれたではありませんか~!
オナラ(?)が出て少しスッキリしたのか、その後二回ほど腸呼吸をしに行きました。
相変わらず背鰭はピタンコですが、顔に少し生気が出てきた感じがします。やっぱりお腹が苦しかったのか!?


その日は元気がないまま消灯を迎え、翌日生きてますよーに!とまだ暗い水槽内を覗いてみるとペタンコだった背鰭をきちんと立ててグースカ寝てました。
わー!!!よかったよー!!!生きてたよー!!!

刺激が良かったのか、ただ単に時間がたって良くなっただけなのか・・・
結局よく分からないんですが、この事件から一週間ほどたちましたがSシュワは元気一杯です


2009年06月23日

自己主張激しいっすね!?

底砂洗浄に刺激されてまたTポジしてくれないかなーと、以下同文


ダーターがカメラ追っかけてきた!!!(´▽`*)
2009年06月22日

録ってる以外のひとたちが・・・

底砂洗浄に刺激されてまたTポジしてくれないかなーと、デビットサンジーを狙って動画を録ってたら・・・


何、並んでるんですかっ!?もー(´▽`*)
2009年06月21日

砂が無くなると・・・

洗浄するために砂を半分吸い出したら・・・


床に映った自分の姿が気になって仕方ないダーターたちと、まるでバリアでもあるかのように絶対、砂ゾーンから出ないコリたち。

慎重派のコリとは正反対にダーターテトラは好奇心のおもむくままに行動しちゃうみたいです


自分で自分にケンカを売ってはいけません(^_^;



ほんとに??
デビちゃんは余裕で食いモン探してるように見えたけど(゚∇゚;)

2009年06月19日

水疱再び

ひと月前にNメガメタエの背鰭の付け根に現れた謎の水疱
なんだろ??なんて思ってるうちにあっという間に治り一安心…だったのもつかの間で再び現れてしまいました

しかも今回は背鰭だけでなく、腹鰭と尻鰭の真ん中あたりにも・・・


大きさも前よりデカイのです(T_T)

調べてみるとコリにはたまにあるらしく、命に関わるほど緊急なものでもないようですが、どうも水が悪くなると発生しやすい模様


~痒がるわけでもないし、本人はあまり気にしてなさそう~

測定できる範囲では特に悪い数値は出ないんですが、こういう時こそ危険(のような気がする)!
しかも場所が場所なので餌を探し回る時に擦ってバイキンでも入ったら大事ですので、底砂洗浄を決行。

ひとまず半分吸出して、ガシガシ洗い水槽に戻し、四日後に残り半分を洗って完了。


前回できた時は普段の管理ですぐに治ったので、これで消えてくれるといいなーと思ったんですが消えるどころか小さくなる様子もなく・・・
というわけで今度は再び日を置きフィルター清掃を決行したのですが、その時のことはまた今度に。

早く治るといいねぇ


2009年06月18日

先生、フラれる!?

フェロモンムンムン、女盛りなムチムチ・デビちゃん。


コンディス先生と並んでみました。



やっぱりなんか違ったらしい・・・



告白してもないのに、フラれた感じ?



かっこいいねぇ
(Nメガメタエのことは追い掛け回してたくせに…)

2009年06月17日

その後の様子

その後のデビットサンジーですが、特に変わった様子もなく…
普段どおり、いたって普通に過ごしております。


-オイヤポの間に挟まってみるデビちゃん-



-なんか違ったらしい-

ほんとあれは一体なんだったのかしらねぇ???
2009年06月16日

一体なんなのさ!

な、なんと!!
デビットサンジーがTポジしてましたよ!?!?


だけどなんか変だったんです・・・というのも・・・
その時、私はカメラをズームにして水槽から少し離れたところで動画を流し録りしていたんです。
で、もういいやと、ストップを押して再び水槽に目をやるとデビットサンジーの1匹が体を斜めにしていてもう1匹がお腹に口をくっつけているではありませんか!
これは、ハステータス産卵ブームのときにさんざん見た光景!!!
ハステータスの場合はTポジはわりと一瞬で、その後雌は口をモグモグさせると(精子を体内に取り込んで受精させるらしい)閉じた腹鰭の中に卵が一個だけニュっと出てきて卵を産みつける場所を探しに行くんです。
卵が出てくる瞬間は、ほんと「ニュっ」って感じで、よくテレビなんかでも放送される海亀の産卵シーンで卵がニュっとでますよね。まさにあんな感じ。


でもって、今回のデビットサンジーの場合ですが、ハスに比べてかなりTポジが長かったです。
あれ?もしかしてこれ、1匹死んじゃったの??もう1匹が腸に喰らいついてるとこ??なんて一瞬焦る時間があったくらい長かった!(わずか数秒ではありますが)
そして離れた後、雌は腹鰭をちゃんと閉じていたんですが、一向に卵は出てきません。
一回で何個か卵を抱えるコリの場合は産みはじめるまで時間がかかるのかな???とか色々考えいるうちにいつの間にか閉じてた腹鰭が元通りになってました。
????一体なんだったんだ???


そもそもTポジまで到るには雄が求愛して雌をピューピューと追っかけまわし髭で頭の辺りをチュッチュしたり「吸って吸って~♪」と自慢(?)のボディを見せ付けたり…
我が家の場合ではロクソがしょっちゅうやってましたが、誰にも相手にされずいつもフラれまくってました。
ハステータスの求愛行動なんてもう雄も雌もボロボロで、擦り傷だらけで体がところどころピンクっぽくなっちゃうくらい激しいものでしたが。
流し録りをしている最中に全くそんな気配は感じませんでした。

いや、それより何より、私はデビットサンジーは2匹とも雌だと思ってたんです!
1匹はこのところ急激にプックラしてきて光の具合でお腹に粒々が入ってるっぽい感じもしていたんです。
吸われてた方はもう1匹に比べたらお腹は出てなかったけど体つきは雌っぽいプックラ感だったし、腹鰭もカーブがかった丸っこさで、何よりロクソに一番求愛されていたんですよね。


ロクソ君は男の子がお好き…ではなく、やっぱりこれは雌同士だったと考えた方が間違いないような気がします
お腹に卵を抱えて辛抱たまらなくなったデビちゃんは、思わず吸い付いちゃったけど相手は女の子、当然交尾成功ならずで卵は出てこなかった・・・と。
えええ~???そんな事ってあるの???交尾が成功しなくても無精卵を産むケースもあるようだけれど…
しかし辛抱たまらなくなっても、ロクソとだけ絶対に嫌だったんだろうか(^_^;


それにしても雌が産みたそうにソワソワと上下左右するような動き(雄を誘う行動?)は特に見てないんですよねー。
おデブさんのちょっとした気まぐれ、とかだったのか・・・
ああ、もう分からないことだらけです!!!
でもこの後一体どんな展開になるのか、デビットサンジーがどんな行動をとるのかちょっと楽しみでもあります


2009年06月15日

コリ越しにこちらの様子を伺う…



2009年06月14日

サイズは?

ショップでアフリカンダーターを見たとき、「うわっ!でかいダーダーだな~」って思ったんですが。
我が家へやってきて先住ダーターと並んだら、あんまり大きい感じではありませんでした。
実際には先住ダーターの方がずっと体長が短いのですが、なにせ太いので(特に腹のあたり…)さほど体格差を感じないのですね


一緒にいることがほとんどないのでロクなツーショットが撮れず…


一体どれくらい大きさが違うのかな???
というわけで定規の登場~!


ちなみに我が家のメンバーは
コリ大チーム(コンディス・Sシュワ・NMメタエ・デビットサンジ)が55mm~60mm
コリ小チーム(オイヤポ・ロクソ)が43mm~48mm
先住ダーターが推定45mm




こっち向いたりエビ反ったりで、なかなか真直ぐ(?)になってくれないので正確には測れませんでしたが、尾鰭まで入れて60mmぐらいでしょうかね~?
お店の人は「これ以上大きくならないと思います」と言っていたけど、それは長さのことで、我が家の食生活(コリメニュー)では確実に太くなるんだろうなあ(^_^;
太くなったらけっこう迫力がでそうだな・・・

ところでダーターの可愛い仕草といえばやっぱりコレ。


気になるものを発見すると「んんん?」って感じでその方向に顔を向けるとこ
2009年06月13日

好き嫌いなし!



新入りのアフリカンダーターですが、昨日も書いたように人工飼料もよく食べます。
というか、えり好みをせずに目の前にあるものを順次ムシャムシャと食べていきます。
ショップで餌付けされていたのか、ただの食いしん坊なのかはよく分かりません。


先住ダーターも人工飼料を食べますが、生餌があるときは優先的に生餌を食べます。
人工飼料しかない時は「ちっ!仕方ないからこれ食べるか・・・」とか思ってるのかなー(: -_-)

そして我が家にやってきてもうじき半年だというのに、相変わらず一切人工飼料を食べないコンディス先生。


まさか君がこんなにも頑固だとは思わなかったよ(^_^;
2009年06月12日

長細いのは見慣れないもので…

一週間ほど前から実はこんな子がいたりします。


最初のうちは、写真を撮ろうと近づくとすぐに隠れてしまい、こそこそとこちらの様子を伺ったりしていました。






だんだん飼い主と餌の因果関係を理解してきたのか、人の顔を見ると近づいてくるようになりました。


こんな顔して人工飼料もちゃんと食べます。


上層に何か漂流物を発見した模様(多分ゴミ)

というわけで新入りのアフリカンダーターテトラです。


ちょっと黄がかったボディにシミのような黒模様、先住のダーターより目が大きく各鰭も大きいです。


なんか長細くってちょっと変な感じ~なんて思ってたんだけど・・・

よく考えたら変なのはこっち↓だった・・・

2匹は顔を合わすとたまに突き合いをしてますが、追いかけたり大喧嘩するほどではなく。
基本的に、食べること以外は無関心のようです。

食欲の具合から考えると、今は長細いアフリカンダーターもそのうちデブンデブンになるのかしら


2009年06月10日

実は面白顔



Sシュワのガングロじゃない方の子は鼻の穴あたりにちょうど模様があるので、


あやしい手品師とかパーティの髭メガネとかの髭に見える
あとハクション大魔王


2009年06月08日

それぞれの食べ方

おやつのテトラミンフレークの食べ方。


ダーターちゃんの食べ方はちょっと感じ悪い

まったく、おねだりする時ばっかりカワイイ顔しちゃって・・・


はっ!もしやこれが「ツンデレ」ってやつなのか・・・!?
2009年06月06日

コリの棘条

Sシュワ自慢のいかつい背鰭と胸鰭



かっこいいんだけれど、こういうのを見るとハラハラしてしまう↓


Nメガメタエは顔に似合わずお肌が弱そうなので、あまりムチャしないでいただきたい…
2009年06月05日

底なしの食欲



ダーターテトラがいつの間にか人口飼料を食べるようになりました。
最初はおやつにあげたテトラミンフレークにかぶりついてはペッペと吐き出していたのですが、最近はしっかり食べてるようで…


この間なんてコリタブの欠片をこのおちょぼ口でしっかりくわえてピョコピョコと奥に持ち去り、一人で食べてました

目がとてもよく、コリより餌とりが上手いものだから好き嫌いすることなく同じ物を食べていると・・・


あっという間に、このお腹・・・


そして、食べ放題・・・(: -_-)
2009年06月04日

たまのご馳走


コリタブの欠片をたまにはエビにもおすそ分け。


でもやっぱりヤマトが独り占めしちゃいました。



ヤマトがばらしたカスを狙ってウロウロするアカヒレちゃん。



ビーは呑気・・・(^_^;

2009年06月03日

半年を振り返り・・・


45Pも悪夢の大崩壊から再スタートして半年たちました。
なんだかつい先日のことのように思えるのだけれど・・・
もう半年かぁ・・・なんだか月日の流れが早いです。


再スタートの最初の住民は生き残りラムズ。
まだコリに転がされることなく、ダーターに触覚を引き千切られることなく平和にうじゃうじゃ暮らしてました。


そして12月末に2匹のオイヤポクエンシスが入りました。
2匹は見た目にほぼ同じサイズでしたが、半年のうちに体格に差が出てきました。
1匹の子はほとんど大きくなってないような・・・?


1月にはコンディスキプルスとロクソゾヌスの計3匹が仲間入り。
これがきっかけで、今まであまり興味が無かったセミロングノーズに興味が湧きはじめました。


2月にダーターが2匹仲間入り。
・・・が、早くに1匹を死なせてしまい(T_T)ごめんよ…


3月にスーパーシュワルツィが2匹仲間入り。
ひと月ほどで背鰭が結構伸びたので期待するも、その後は全く伸びる気配なし。
伸びなくても可愛いからいいけれど(*^^*)


4月にNメガメタエとデビッドサンジーの計3匹が仲間入りしてコリはこれで満員!現在の計11匹に落ち着いております。

こうして見ると月に一回誰かしらお迎えしてますねー(^_^;
過密ってほどではないと思うけど、45cm水槽に6cmクラスが6匹いると(コンディス・Sシュワ・Nメガメタエ・デビッドサンジー)餌の時なんかに集合すると狭苦しい感じがします。


せめて60cm水槽で悠々と泳げた方が、Sシュワの背鰭も悠々と伸びるんじゃ…?
あ、可愛いから伸びなくてもいいのだけれど(*^^*)


もし赤虫を買いに行ったショップにアイバンドロレトエンシスとかいたらきっと我慢できないなぁ。
60cm水槽にしとけば・・・
フィルターは60cm水槽用だからそのままでも使えるし・・・
ラック幅は60cm水槽でも置けるんだよなー・・・

はっ!いかんいかんっ!振り返るつもりがつい妄想に走ってしまった!!


2009年06月01日

スケスケ




Nメガメタエは色白ボディなので内臓の赤虫も透け透け・・・



でも・・・



お腹は気持ちよさそう~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。