--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月30日

晴れて合流まで

デビッドサンジーがやってきてプラケ生活2日目・・・


白いモヤが復活することなく体もきれいですが、やっぱりどうも元気がないような気がします。
食欲はどんなものだろうかと、赤虫を一本ずつピンセットで顔の近くに置いてみましたが…

がーん!!!た、食べない!!!

昨年の崩壊前にいたコリたちは、ハステータス以外は水槽に入れる前にプラケ暮らしをしてもらったんですが、餌を入れたとたん動き出してその辺をホジホジ(砂はないけど)はじめたものですが。
顔の近くに置いたにも関わらずピクリとも動かないデビッドサンジーたち。
焦って更に口元に赤虫を寄せてみるとことに・・・そしたらシュポンと吸い込んだ!?
一本食べれば、もっと!ってなるかなーと、また顔付近に置いてみるものの、やっぱり食べず・・・
口元にもっていくと体を動かすことなく吸い込んで食べるんです。
これって、もしかして動きたくても動けない状態・・・?かなりヤバイ状態なのでは???


急激に水が悪くなってすのかもと、持ってる試薬を総動員。
でもアンモニアも亜硝酸も検出されないし、硝酸塩も多すぎるわけではなし。pHも昨日と大きく変動していない・・・
魚体に病気の症状がでてるわけでもないし、一体こんな時どうすればー!?!?
とりあえず購入したショップに何か出来ることはないか聞いてみようとネットで電話番号を調べていたら・・・
ん?デビッドサンジーたちが底をフガフガしながら動き回ってるではありませんか!?

あれ?と思って見に行ってみたら、またピタっと動きを止めてしまいました。
これってひょっとして・・・・


赤虫を今度はコリから少し離れた場所に置いてみることに。
そして、プラケから離れて様子を見てたら、少したったらちゃーんと自分で動いて食べてました。

わ、私が見てるのが嫌だったのかー!?!?
近寄ってもバビューンと逃げることをしなかったのは、ビビって動けなくなってるだけだったの??
そこまで嫌がられてるとは、ちょっとショック…ではあったけど弱ってるわけじゃなさそうなので一安心。

三日目・四日目には見ててもちゃんと餌を食べ、コリタブも好き嫌いすることもなく、元気にしててくれたので、5日目に晴れて45Pへ合流となりました。


プラケには隠れ家に土管を入れてましたが、この中にも後ろにも隠れることはなかったので隠れ家として認識してくれなかったのでしょう。
隠れる場所がなく、しかも狭いプラケで人間が覗いてたから怖くて固まっちゃってたのね・・・ごめん

45Pに移ってからは特別臆病な面も見せることなく、よく前面で底をほじったり水草をクンカクンカしたりして過ごしています
やっぱりコリ仲間がいて、いつでも逃げ込める場所がある方がずっといいよね!


スポンサーサイト
2009年04月29日

ドキドキな初日



話はさらにさかのぼり、メタ&デビをショップから連れてきたときの事・・・

ワクワクドキドキしながら3っつの袋の新聞紙をベリベリ剥がしたら、デビッドサンジーが2匹とも背鰭をペタンコにしているではありませんか!
Nメガメタエは今までのコリたちと同じように、背鰭をバリバリに立てきちんと警戒態勢(?)をとっています。

とりあえず寄生虫がいるとやっかいなので鰭先を確認したかったのですが、背鰭ペタンコデビッドサンジーはビニール越しではよく見えず…

そんなわけで一旦ラムズプラケに入ってもらうことにしたのですが、水あわせ中もなんだか体ごと斜めになっちゃったりして。
お店では元気だったんだけど・・・だ、大丈夫か??


プラケに放ったあとも、なんか具合悪そうな感じだなぁと思っていたら鰭先に何か白いものがモヤっとついているではありませんか!?
しかもその白のがどんどん増えていくような・・・!
最初、鰭が溶けてきた!?なんて思ったけど、よくよく見ると溶けてるというより何か分泌している感じ。ひょっとしてこれって粘膜???
ってことは粘膜保護しなくてはー!と何かの時に買っておいたアクアセイフを入れてみることに。

そのおかげかどうかはよく分からないけど、1匹が体をプルプルっとして動きはじめたら、その粘膜らしきものは剥がれ落ちフワフワーとただよってフィルターに吸い込まれてゆきました。
1匹が動いたらもう1匹も動きだし、無事に二匹ともその白いものは全てとれちゃいました。
底をほじるような仕草もしたし、とりあえず大丈夫そうかな?と・・・


もっと様子を見たかったけど、初日なので早めに消灯(ライトはないのでタオルをかぶせて遮光するだけ)して、ゆっくりしてもらうことにしました。

そんなわけで45P合流まではハラハラドキドキな数日になったのでありました。


2009年04月27日

いきなり豹変!?

さて孤高のコンディス先生と仲良くして欲しいと期待をこめて、我が家へやってきたNメガメタエ。
話が少し戻ってしまいますが、コンディス先生と初対面の様子は・・・


えー!?いきなりそんなに猛アピール!?
もうすごいです。動画では大人しいほうで、先生が本気になるとものすごいスピードでNメガメタエの目の前に回り込み、しつこいのなんのって。
追いかけっこで砂なんかバッサバサ舞い上げまくりです。
Sシュワが来た時もかなりロクソがアピールしてましたが、Sシュワに比べればロクソはちびっ子ですから軽くあしらわれてて、こちらも微笑ましく見てられたけど・・・


6cmクラス同士の追いかけっこはかなり激しくて、来たばかりのNメガメタエに相当負担になるんじゃないかとハラハラしてました。
今はもうかなり落ち着いてきたようですが、気が付くとドスドスと追い掛け回してます。


う~ん、コンディス先生お気に入りの水槽奥で二匹チョコン(ドデン?)と並んでる姿を想像していたんですが・・・
こういう展開になるとは思わなかったなぁ


求愛行動なのか縄張り誇示なのか、コンディス先生が雄なのかもよく分からないけど。
今まで餌にしか興味が無くて、それ以外は大人しかった先生に何かスイッチが入ったことは確かなようです


2009年04月26日

もう一種は・・・

新入りさんは、Nメガメタエだけではなく、もう一種。
じゃーん!


って、後姿ですがデビッドサンジーが二匹です!

二匹は最初ラムズプラケに入ってもらいました。
プラケの大きいラムズは「ごめんよ…少しの間辛抱しておくれ~」と、ダーターがワクワクしながら待ってる45Pへ・・・


なぜプラケに入れたのかは別の機会にまたお話しますが、この度無事にプラケを卒業して45Pへ合流しました!


いや~、かっこいいです特に派手な種ではありませんが、大きくて(6cmぐらい)見栄えもするし、チョコマカよく動きます。

以前に一度ショップで見てどうしようか悩んだのですが、その時はリセット後間もなかったので次回…と思ってたら次に行ったときにはもういなくなっちゃってました。
今回はNメガメタエが目当てだったのですが、前回のこともあり二匹しかいなかったので思い切って一緒にお連れしてしまいました。


45Pのコリはこれで10匹。
ダーターは出会いがあればもう1匹入れたいのですが、コリはそろそろ満員かな?


2009年04月25日

新入りさん、いらっしゃ~い!

45Pに新しいコリが仲間入りしました。
じゃ~ん!


ニュースポットメガメタエです
もー、なんのこっちゃって感じですね(^_^;
コリって種類が多くて名前がややこしいうえ、ニューとかメガとかスーパーとか…
正式な学名がついてない種類だそうで、別の販売名がつくこともあるみたいです。


もともとコリはショートノーズが絶対可愛い!!!と思ってたんですが、コンディス先生があまりにも魅力的なもので、もう1匹アイバンドのあるセミロングノーズの子を飼いたいなーとは思っていたんです。
そしてこの子は、Sシュワ購入時にさんざんどっちにしようか迷った子でして…
結局Sシュワに決めて、赤虫も1シート購入したんですが(そもそも赤虫を買いに行った)帰り際に「次に赤虫を買いに来る時に、この子がいたら連れて帰りますね!」って店員さんに言った子なんですねー。
そしたら店員さんは「多分、いますよ」と言っていました。
何故??あまり可愛いとは言いづらいタイプだから!?


私の目にはめちゃくちゃ可愛くうつったんだけどなー

今回赤虫を買いにいったらまんまといてくれたので、めでたく我が家の子になりました♪


コンディス先生よりも、さらにとぼけた顔をしてます。ポイントは目かしら!?

ショップでは、SシュワやSプルケールと同じ水槽の中にポツンと1匹いて、小さくて色白で可憐な感じが逆に目立ってました。


でもやっぱりうちに来ると大きいな~
コンディスやSシュワと、ほぼ同じくらいのサイズ(6cm近く)です。

孤高のコンディス先生!はたしてお友達になれるのでしょうか!?


2009年04月23日

忍び寄る恐怖・・・

水草の上でまったり休憩中のダーターテトラ。



・・・・と、思いきや、アレを狙ってる最中でした。


可愛い顔してわりと凶暴




逃げてーーー




らむずー!うしろー!!

2009年04月22日

自らを高める



水流に身を置き自らを高めるコンディス先生



他の者に邪魔をされても・・・・



平静を保ち続ける強い信念。


ほんとのところ・・・・


人工飼料の日なのですることが無いだけなのでありました。


相変わらず人工飼料は絶対に口にしないコンディスキプルス。
ものすごい徹底ぶりです。
それでも丸いのは、赤虫の日は猛スピードで他の子の倍以上食べてるからなんだろうなぁ(: -_-)


2009年04月21日

新しいカメラは嫌い!



デジカメを新しくしてから、ロクソゾヌスの写真があまり撮れなくなってしまいました
水槽前面にいることが多いので前のカメラでは撮り放題だったんですが…


普段から前面にいるのは相変わらずで、近寄っても急に動かなければへっちゃらなんですが、カメラを向けた途端ピューっといなくなっちゃう
レンズがちょっと大きくなったのがイヤなのかなぁ?


逆にコンディスは前のカメラの方が嫌いで、新しいカメラの方が怖がりません。
前のカメラは本体がシルバーだったのがイヤだったのかも(新しいのはブラック)
普段から奥に隠れてることが多いので、シャッターチャンスは少ないけど。


でも赤虫パワーの前ではレンズが嫌いとか色が嫌いとか言ってる場合ではありません!




そんなこと言ってたら、食いっぱぐれちゃうもんね


底なしの食欲・・・・
2009年04月20日

踏んじゃイヤ!

貝には強気な(?)ダーターですが・・・


赤虫おねだりをしに来たら、Sシュワに踏まれて逃げてっちゃいました


こないだSシュワの頭に乗っかってたクセに
2009年04月19日

貝は美味しい!?



1月の半ば頃でしたか・・・

ふとした好奇心で12Lプラケに投げ込みフィルターとヒーターとラムズを二匹入れてみました。
(好奇心=二匹がどのくらいの早さで増えるのか…)
その二匹はまんまと卵を産んで稚貝が生まれ、コリタブを食べてスクスクと成長してゆきました。


さて45Pのラムズはというと、ダーターに触覚を千切られたりコリに転がされたりするので、普段は水草の裏などに隠れてひっそりと暮らしております。
餌はあっという間にコリたちが食べてしまうので、コケや溶けかけた水草なんかを主食(?)にしてるのか、成長もプラケに比べると遅いようで。


そこで、プラケのプリプリラムズと45Pのボロボロラムズをトレードすることにしてみました。

プラケに移したボロラムズは早速・・・


(^_^;


45Pにうつしたラムズたちといえば、プラケで天敵もなくヌクヌクと育ったので、触覚をニョロニョロさせながら呑気に砂の上を歩いたりなんかしておりました。
翌日45Pのラムズを見てみると・・・


みーんな触覚が短い!(もしくは無い!!)

10匹ぐらい移したんですが、ことごとくやられてましたねぇ
まさかたった一日でこんなに被害者がでるとは!


どうもダーターは以前よりも触覚への食いつきがよくなってしまったようで…
触覚が無くなったラムズは今度は身を狙われてしまいます。
貝が美味しいということに気がついたのか!?(ラムズが美味しいかどうかは、食べたことないので知らないけれど)


そのうち、またプラケに戻してあげるからそれまで頑張ってね
2009年04月17日

ちょっと嬉しい♪

ロクソ&Sシュワは、よく同種コンビでつるんでいるけど、オイヤポ&コンディスの尾鰭シマシマトリオは単独行動が多いので、こういう光景を見れると「おっ」ってなります。


欲を言わせてもらうと、向きが揃ってればなお可愛いと思うのだけれど・・・
2009年04月16日

餌の時だけ

物怖じしないSシュワたちと対照的に、一番臆病でシャイなのはコンディスキプルス。


普段は、大体ひとりで奥の方に隠れてることが多いです。

でも、餌が投入されるとマッハで飛び出してくる・・・


2009年04月14日

コリとコミュニケーション!?

ダーターテトラにピンセットで冷凍ブラインを1匹掴んでユラユラと見せていたら、Sシュワがフワフワ~とやってきてパクっと食べてしまいました!?
それ以来、たまにSシュワにはピンセットから直接あげることがあります。


こんなことするのはSシュワだけだったのですが(二匹とも食べてくれる)、この動画を撮ってる時はじめてロクソも食べてくれました

なんだかコミュニケーションがとれてるようで結構嬉しい(*^^*)
とはいえ、コリは基本的に臆病なのでちょっとしたことにビックリすると結構な勢いで逃げていっちゃいます。
ピンセットを持つ手は絶対急に動かさず、ゆっくりゆっくりとを徹底して守ります。
ビックリした勢いでピンセットにぶつかって魚体が傷ついては大変です!

ものすごく気を使うし、腕もプルプルして疲れるのであんまりやりません。
でも、たまにどうしてもあげたくなってしまうのは、餌をドサっとあげたときよりも、なんか懐いてくれてるような気になれるから…


ホントのところは他の子に比べて物怖じしない性格と、餌に対する執着が非常に激しい食いしん坊さんだからってだけですけどね


2009年04月13日

灯台下暗し?

じっとしながら目を凝らして餌を探すダーターテトラには、動き回って餌を探すコリの存在がうっとおしく感じるのではないかと、最初の頃は心配していましたが。
どうやらモフモフするコリにすっとばされない位置に乗って、じっとしていることにしたみたいです


先日、ふと水槽に目をやると隅っこにいたSシュワの頭にダーターが乗っかってました

しゃ、写真!!!と、思ったけど残念ながら間に合わず・・・くやし~
かなり可愛い光景だったけど、乗ってる方も乗られてる方も違和感を感じないのか!?


2009年04月11日

カスでもいいから・・・

コリの餌が人工飼料の日、ダーターにだけ冷凍ブラインを1匹ずつこの場所であげていると…



ブラインのカスを求めてコリたちも集まってきます。
人工飼料を食べたくないコンディスは特に必死(^_^;


赤虫はいつも他の子の倍食べてるんだから、ブラインは我慢しなさい!
2009年04月10日

フィルター掃除は嫌いだけれども・・・



先日45Pのフィルター掃除をしました。
昨年12月に完全リセットをしてから、初のフィルター掃除。
以前より飼育数は減ったけど(以前は30匹)体が大きい分、みなさんそれはそれはよく食べます。
なのでフィルター内もなかなかの真っ黒っぷりでした。


私はかなり不器用な上、根性がないのでホースを外してるあたりでもう嫌になります。
ホースとパイプがなかなか外れないし、ものすごい気をつけてるのに水がボタボタたれてきたりするし・・・
毎度毎度ムキーってなるんですが、ホース内の汚れをブラシでにょーんと掃除するのだけは大好き。
たまった汚れがブホっと出てくる時の爽快感ったら…( ̄∇ ̄*)
これで最初の方のイライラはスキっと吹っ飛びます。


ホースだけだったら毎週でも洗いたいぐらい好き。
でも汚れが溜まってなければ楽しくないのです。

一度でいいから流量が落ちちゃうくらい汚れのたまったホースを掃除してみたい・・・ウットリ~


2009年04月09日

平和~







コリってほんと平和・・・・( ̄∇ ̄*)

2009年04月07日

伸びてきた♪

Sシュワの背鰭が最近伸びてきました


写真の色味がちょっと違っちゃってますが、全部同じ子(ガングロじゃない方の子)です。
左側が来たばかりの頃、右側が最近の写真です。

この部分がしっかり伸びてきています


コリの背鰭は水流が強いと伸びやすいそうです。
45PのフィルターはEXパワーフィルター60ユーロにディフューザーをつけてるので水流は強めですが、ひと月足らずでこれだけ伸びてくれるのは予想外でした。嬉しい誤算です♪

ガングロちゃんの背鰭も少し伸びてきたけど、もう1匹の子に比べると少し遅いみたいです。


もう1匹の子の方がよく泳いでるからかなぁ?

以前は背鰭が伸びるコリはそんなに興味がなかったのですが、背鰭が長い子ってかっこいいなーと思うきっかけはこの子。


最初はオイヤポのオマケ的存在で買ってきたのですが、物怖じしない性格でいつも前面でチョロチョロ餌を探したりしてホント可愛い子でした。
ロレトエンシスもよく食が細いと紹介されてますが、この子は特にそうでもありませんでした。
でもロクソと同じでやっぱり食べるのは遅い方だったかな?
食が細いと紹介されるコリは、遅いから充分食べる前に他のコリがみんな餌を食べちゃって、痩せてしまうことがあるのかもしれませんね。


2009年04月06日

それ、疲れとれます??

水草の上にチョコンと乗っかって休んでるコリは非常に可愛いのですが、うちにはコリが乗れる大きい葉っぱがないので・・・


乗ってるっていうか、挟まってるっていうか…
はたして休めてるんだろうか(^_^;


もしかして修行?
体、鍛えてるとか??
2009年04月05日

ちびっ子プラティ

たまに行く銀行のロビーに水槽が置いてあるんですが(多分90cm)水草水槽にプラティやグッピーがいっぱいいます。
水草にはオトシンやアルジイーターがモフモフしており、底ではコリがホジホジしています。


~昨年行った東京タワー水族館にて撮影~

行く度に覗いているんですが、先日コリを見てたら水草の影にすんごい小さくて赤い魚を発見!
プラティの赤ちゃんでした
体はまだ1cm未満なのに大人と同じデザインで、もー可愛いのなんのって!


~同じく東京タワーにて~

今まであんまりプラティに興味がなかったんですが、あの可愛いちびっ子を見ると沸々と興味が湧いてきちゃいます
とはいえ、興味の湧いた魚に全部手をだしていたらキリがないので、銀行で見るだけで我慢します。


~昨年行ったスカイアクアリウムにて撮影~

写真を撮ろうかなぁと思うのですが人がいっぱいいるのでどうも恥ずかしくて勇気がありません
あまり人がいないときにチャンスがあれば撮ってこようと思いますp(^^)q


~同じくスカイアクアリウムにて~

2009年04月04日

モテナイのは・・・?



最近、オイヤポが縮んでるんじゃないかと思う程小さく感じます。
Sシュワが来るまではコンディスが1匹だけ大きいくてあとは普通という感じだったんですが。
心配になって定規を水槽前に置いて体長を測っちゃいました。
・・・別に縮んでなかった(^_^;


Sシュワは結構活発でよく泳いる(というかホバーリングをしながら葉っぱをモフモフしてる)おり、コンディス&オイヤポは、食事タイム以外は奥のほうでモフモフしてることが多いので、自然とSシュワを目にする機会が多くなります。


6cm近くあるSシュワをよく見るので4cmちょいのオイヤポがすごく小さく見えちゃうんですね。
ロクソも45mmほどでしたが(なんかちょっと大きくなったらしい)ヒレが大きいせいかあんまり小さく感じません。


なんかいつまでも子供みたいで可愛らしいオイヤポですが、最近ちょっと色気づいてるらしく、お腹見て見て攻撃をしてるとこをたまに見ます。
ロクソは相変わらずSシュワ好きですが、オイヤポは誰かれ構わずちょっと節操がありません。

でも何故かコンディスにはやらないんです。
顔が長いのが嫌なの・・・・?


こ、コンディスだって可愛いよヾ(´▽`;A
2009年04月02日

アカヒレ難易度高し



もともと写真が撮りづらいアカヒレでしたが、カメラを新しくしたらますます撮りにくくなっちゃいました。
色々なモードがあるので、そのうちビシっとくるのが見るかるとは思うのですが…

動画ならちょっとは寄れるかな・・・?



カメラが映りこまないようにしたら変な角度になってしまいました
しかも肝心のアカヒレにピントが合ってない・・・

なかなかキレイでかっこいいお魚なんですが、私には撮影難易度が高すぎます。
結構前に旧ブログでアップした写真ですが、偶然撮れたウロコまでしっかり写ってる写真です(2008年4月頃)↓


目が大きくてカワイイ顔してます


お・ま・け

上のアカヒレ写真を探していたら、アスピドラスが葉っぱに乗ってる可愛い写真を見つけて載せたくなっちゃいました。(2008年6月頃)
2009年04月01日

もしかして食べてます??

私は見てしまいました。
ラムズの触覚の部分、結構ニョロニョロ動いてるんですが…


ダーターテトラがこれにかぶりついてる瞬間を。

ラムズはすぐに体を貝に引っ込めましたがフェンシングの突きのような攻撃をされ、ひっくり返ったところをさらに二度ほど突かれ、ダーダーは諦めて去ってゆきました。
でもなんか去っていくときにダーターがモグモグしていたような


脇からでた水草の根に乗っかってます。器用

最近すっかり貝が減ったのは、コリに転がされて弱ってしまうせいだと思ってたんですが…
ダーターが攻撃していたからだったのか!

一撃必殺ほどの攻撃力はないものの、触覚をつつかれ床に落とされたところをコリに転がされたりしてうち、どんどん弱ってやがて死んでしまうようです。
ラムズたちには悪いけど、あんまり増えすぎても困っちゃうのでダータちゃんは必殺仕事人として頑張ってもらっちゃってます。


でもさすがはラムズなので、頑張って生き延びてるツワモノも、ちゃーんといます。


その場所は、かなり目立つからやめた方が…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。