--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月31日

2008年も残すところあと数時間・・・




スポンサーサイト
2008年12月30日

ヤマトの定位置



最近ヤマトのお気に入り場所は侘び草の上。
葉っぱに乗っかってたり、サナギのように葉の裏にぶら下がってたり…


そして餌を投入すると、あわてて茎をよじ下りて食べに来ます。



餌を探してる時のエビの慌てっぷりは結構カワイイ
2008年12月29日

何をやっても器用だったアスピドラスたち



コリよりシャープなアスピドラス・パウキラディアータス。

外見は全然違うけど、よく泳ぎ、よく食べ、他魚に遠慮を知らないところがハステータスと似てました。




この子たちは小さいながら、なんでも器用にこなす子たちでした。

ビューっと泳いだかと思うと葉っぱにヒョイっと乗っかったり、ホバーリングをしながら佇んでたり・・・




砂の中に頭を突っ込んで餌を探すのも得意でしたが、コリタブの食べ方もとっても器用で。
コリたちはコリタブを食べようとすると前方にコロコロ転がしてしまうんですが、アスピドラスは転がさずに食べるのが上手だったんですねー。


最初の頃はわりと写真を撮らせてくれましたが、だんだんとカメラに感づくのが早くなり、後ろを向いて葉っぱに乗っかってる姿を撮ろうとそーっとそーっと近づいてるのにシャッターを押したらもう居なくなってる…なんてことが多くなりました。
後ろにも目が付いてるんじゃないかと思う程




ズームでやっと・・・・
でもこの後、マッハでいなくなります



テトラオーロがバトルしてるど真ん中に突っ込んで行くところもハステータスと一緒でしたが、模様が全然違うため間違えられて攻撃されることがほとんどなく。



とことんまで要領のいい子たち(^_^;

2008年12月27日

テトラたち




ムッチムチだったネオンテトラのメタボちゃん。




そして、その時後ろでは



♂オーロの攻撃がクリティカルヒットしていた・・・!
2008年12月26日

ろくな写真が残ってない(T_T)

ハブロスス以上に写真がないのが10月半ばにやってきた3匹のチビオイヤポクエンシス。


我が家にやってきて、わずかひと月半で大崩壊ですから・・・

3cm弱の若魚でしたので、とても活発でシャッターチャンスも少なくって。


プラケにいた最初の一週間は、いつも3匹一緒に行動していて一匹が移動すると後の二匹も慌ててついて行く姿は、それはそれは可愛いものでした。

その時私は、45-Pに合流したら大ヤポの後ろを3匹が追う、カルガモ親子状態が見れるのでは…!?とワクワクしましたねー。

そして合流の日、入った直後は緊張して固まってたものの、すぐに3匹合流して、その日のうちにほんの少しですがカルガモ親子が見られたんです!


その後は、どっちかというとチョロチョロとよく動くチビヤポを大ヤポが追うパターンがほとんどで(でもほとんど撒かれていた)、夢のカルガモ親子は最初の一瞬だけでした。

撮影チャンスはこれからまだまだあるさ、なんて甘く考えてたのですが・・・(T_T)ううっ







かなり映り込みが激しいのですが・・・

ロレト・チビヤポコンビ

二匹の動きがなんだか可愛いのでアップしちゃいました♪
2008年12月25日

大きくても気にしない

餌が流れ着くので大人気だったこのスポット。











オイヤポは自分の大きさを気にせず突進してました(^_^;
2008年12月23日

泳いでる姿



葉っぱをチェックするハブロちゃん




お腹かわいい・・・・



ハブロススは、なかなか写真を撮らせてくれないうえピントが合いづらくって、あんまり写真が残ってません。


一度泳いでる姿をちゃんと撮りたいとずーっと思ってたのですが、結局撮れないままだったなぁ…


これがいままで撮った泳いでる写真で一番マシかも
2008年12月22日

よ~く、観察

ダックスにタイガーオトシンが入った時、しばらく一魚暮らしをしていたアカヒレはタイガーが気になって気になって仕方ない様子でした。


こんなふうに何度も回りをウロウロと泳いでました。


テトラオーロと一緒に45-Pにいた時期はオーロに威張りまくり、めだかがいた頃もしょっちゅう自分からちょっかいをだしていましたが、タイガーオトシンに対しては興味があったのは最初だけであとの二週間は知らんぷりでしたね。

もしかして最初に回りをうろついていたのは攻撃するべき相手かどうかを見極めていたのか・・・!?








テリトリーがガラス面と水草の上だけだったので、攻撃されずにすんだのかしら??
2008年12月21日

タクシーがわり








たまに殻に卵塊つけてるラムズもいますが、産み付けられるほうも産み付けてるほうも問題意識はないのだろうか・・・(^_^;
2008年12月19日

ペラペラ~

今回もなつかし風景です。


体の小さなテトラオーロはピンピンに鰭を伸ばして体を大きく見せ♂同士でケンカしてますが・・・



後ろ姿はペラペラ~!
2008年12月18日

愛しのロレトエンシス

またしてもなつかし風景からですが…


我が家にアイバンドロレトエンシスがやってきた理由は以前にも書きましたが、それまではコロコロした体系のコリばっかり気になってて体高の低いコリはあんまり興味がなかったのです。
だけど家にやってきてからは予想外に可愛くて可愛くて・・・


この子はカメラを近づけても逃げなくて物怖じしない子だったので余計可愛く思えたのかもしれませんが。





大きくて透明感のあるヒレ・・・






まん丸ではなくちょっと横長の目・・・・


水面に息継ぎをしに行くときもススっと上がっていってチョピっと吸ってまたスススと下りてくる。
ドスドスしたオイヤポとは対照的に(ドスドスも可愛いけど)とってもお上品な印象でしたね~


よく食が細いと紹介されてますが、我が家ではあまりそう思いませんでした。
他の方のホームページやブログなどを見ても、別に食は細くないという記述が多いように思いました。


ただ、食べ方もやっぱりお上品であんまりガツガツしてる感じがしないので「食が細い」ということになるのかな??
競争の激しい水槽では負けちゃうのかもしれないですね。


ほんと、可愛くていつもチビコリたちに人気があって(誰かしらチビコリがくっついてる)、いい子だったなぁ。


2008年12月17日

チビコリーズ


またまたなつかし風景です。



チビコリーズがつるんでる姿は可愛い
2008年12月16日

狙われてる!?


なつかし風景です。


ひとり佇むハブロスス・・・・



と、おもいきや、





実はハステータスに求愛されてるとこでした



ハスの目がやらしい
2008年12月15日

よってたかって


子ラムズが・・・・



うらしま太郎さ~ん!!!
2008年12月13日

オトシン

オトシンクルス、大好きです。
熱帯魚飼育を始めた頃からずっと飼いたかったんですが、難しそうなのでなかなか踏み切れずにいました。
そして今年の3月にダックスに念願のオトシンクルスを1匹迎え、ひと月たったらブログで紹介しよう!と思ってたらあえなくひと月弱で・・・(T_T)


ガラスにへばりつく初代オトちゃん

もうオトシンを飼うのはやめよう、と思っていましたが、先月の中頃過ぎに再び…
しかも普通のオトシンよりも更に小さくて一段と難しそうなタイガーオトシンを迎えてしまいました。
その時はもう嬉しくってどっちに入れようかな~♪なんて思いながら結局コケも微生物も多そうなダックスに入れたのでした。

そしてそのわずか5日後に45P悪夢の大崩壊・・・
ダックスに入り、難を逃れたタイガーちゃんは失意のどん底にある一筋の光でした。


ガラスにへばりつくタイガーちゃん

・・・・・がっ、なんと今回はひと月どころか二週間もたたぬうちに・・・・
せっかく難を逃れたのにっ。ダックスでも死なせてしまった・・・
タイガーちゃん、ごめんなさい!!!
とことんまでに自分の浅はかさを知らしめられた数日間だったのでした。


もうオトシンは絶対、自分では飼えません。
でもやっぱり大好き・・・なので他所様のブログで楽しませてもらうことにしますっ!
オトシン飼いの皆様、たまにオトシン動画を見せて下さい<(_ _*)>
2008年12月11日

20分って!

通販でヒーターのついでにアンモニア試薬を買いました。
随分前に買ったのはたいして使わないうちに中身がガビガビになってしまいました。

前回はセラのものでしたが今回はテトラ製。
せっかく買ったので試してみたくなって45Pを測定。


テトラのボトルは可愛い

初めて使うので説明書を一読。
まず試薬1を7適いれて…と、この辺は大体どのテストも一緒。
そして最後に少し時間を置いて色の変化で数値が分かるわけですが・・・
「発色まで室温で20分ほど放置します」と、書いてあります。
え!?20分!?!?そんなに待つの? がーんっ
てっきり5分でいいのかと思ったら20分ですって!
そんなに放置してたら他のことやってる間に忘れちゃいそ。
でも買っちゃったので仕方ない、アラームかけて20分待ちます・・・

20分待つ間にヒマなのでpH・亜硝酸・硝酸塩を測ります。


pH7.1・亜硝酸 0.3mg/l以下・硝酸塩 10~20mg/l

おっ!なんか数値だけ見るともういけそうな!?
でもまだ水面がアワアワで水もなんかネバっこい感じでヤバそげです。

そんなこんなで20分・・・他を測ったり試験管(?)を洗ったりしてたので思ったよりは長く感じなかったけれど…
でもなんかまた、あまり使わずにガビガビにしてしまいそうな予感が

あ、ちなみにアンモニア、検出されませんでした。


おまけ



なんのことない風景だけど、すごく懐かしい
2008年12月09日

ヒーターの色

各水槽にそれぞれ新しいヒーターを一本ずつ通販で買いました。
それと一緒に小物色々。


箱の中身を出しているとかわりにネコが入ります


今回買ったヒーターはどちらの水槽も背景が黒なので黒管にしました。
45Pはコトブキ製、ダックスにはGEX製です。


GEX製は温度調整ダイヤルに通電表示と温まってるときに付く、ヒートランプと二箇所あるのが魅力でしたがダイヤル部がデカイです。
設置場所の都合上45Pにはなるべくダイヤル部がコンパクトな方がいいなー、と思って若干お値段は高めでしたがコトブキを選んだのですが、管の色がちょっとイマイチ・・・
GEXの方が黒っぽいです・・・失敗したなぁ(T_T)


ヒーターが隠れるほど水草があるわけでなし、来シーズンはコトブキはやめよ。


ああ、、コリが居ないのはやっぱりさみしい
2008年12月08日

再びセット

45-Pで使用していたフィルターや底砂は全て洗って乾かしておいたのですが、2個のプラ水槽で使用していたエアーポンプがブーブー鳴りはじめてしまいうるさくてしょうがないので結局、4~5日前に45-Pと外部フィルターを引っ張りだしてきて再び使用することにしました。
そしたら田砂も入れたくなってしまい、プラケにとっておいた水草を入れてみたりして・・・


こうなってくるとやはりコリがいないと寂しいよう・・・ということになってしまい。
あの惨劇を思うと当分魚は・・・という思いと、再びコリが飼いたい!という思いが交差しちゃいます。

もともとあったラムズ水槽を種水に使ったとはいえ、しばらくは魚を入れられる状態にはならないとは思いますが今アクアショップに行ってテトラオーロでも見ちゃった日には「少しの間、ダックスに入っててもらうことにして5匹だけ…」なんて思っちゃいそうで危なくて近づけません


現状ではパっと見の水はキレイなものの、水面がなんだかアワアワしてます。


ほぼ新規立ち上げ状態なので水がえらく不安定な状態なのでしょう。
ラムズたちは元気ですが、43度でも平気だった方たちですから・・・
水質測定はしてませんが、きっと魚を入れたらすぐに病気になってしまうような水質なのではないかと。
ほんとラムズって丈夫ですね。


ちなみに以前ラムズを入れてたプラケでは、たまにpHを計ると平気で5を切ってたりしました。
でもプラケのラムズは成長もわりと早くてプリプリしていた・・・

だけどコリが来たとき、もっと小さなプラケ(フィルターなし)にラムズを移したら翌日に小さなラムズの貝が溶けてしまったことがありました。
もしその時に計ったら、計り終える前ににpHメーターが溶けちゃったんじゃないかしら・・・!?
そんなとこでも平気なヤツは平気なんですよね。
(もちろんその後、換水しました)
丈夫すぎてちょっと怖いよ(: -_-)

2008年12月01日

生き延びたラムズ

現在45-Pは当日に全て撤去し洗って片付けてあります。
43度まで温度が上がったにもかかわらず、なんとラムズはみな無事でした。
1cm以下の小さな子ばかりですが30匹ぐらい、昔使ってたプラ水槽に入れてあります。
最初に見たときは隅っこにかたまって動いてなかったものの、水温が下がってきたらすぐに元気になりました。



当分はまた45-Pで魚を飼うことはしません。
今、ダックスにいる子や生き残ったラムズをいままで以上に大事にお世話しなくちゃ。


時がたったら、またいつか一緒に暮らしてみたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。