--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月29日

押すな押すなの食事風景


もう誰が誰だか…ものすごい食欲です。



この時はなぜかネオンテトラが遠慮気味ですが普段はすごいです。
コリタブ直接食べは当たり前。小さめの粒だとメタボちゃんなんて軽々持ち上げて独り占めしちゃいます。



テトラオーロは、その丸っこい体型のせいか床にある餌にはあんまり興味が無くて、大抵コリたちが撒き散らした流れてくる餌ををパクパクキャッチするのが普段の食べ方だったのですが、このところ産卵してる♀オーロはお腹が空くのかコリタブ直接食べをするようになりました。



♂オーロと産卵してない♀は、そこまで食に執着しないのでやっぱり産卵というのはものすごいエネルギーがいるんだな~と思いましたね。


スポンサーサイト
2008年04月28日

頑張ってくれました♪


低温にさらしてしまった子が卵持ってました~



一時はグッタリして覚悟もしてましたが、見事に復活した上、抱卵まで…



感動ですね!元気な子を産んでおくれ
2008年04月27日

きみたち誰?


おや?




水あわせ中のこの子たちは・・・?










「アスピドラス・パウキラディアータス」ちゃんです♪
なんて長い名前なんでしょ!?パウキ~以降が覚えられません
前々からなかなか気になる存在だったんですが、二週間前に出会ってしまいました♪♪



動きがハステータスとよく似ていて、ホバーリングを結構するので早速こんなカワイイ姿を撮らせてくれました!

現在体長は、小さい子で3cm、大きい子は4cmってところでしょうか。これでMaxの大きさなのかな?
非常に食欲旺盛で活発です。



う~ん、カワイイ
2008年04月25日

独り占め


エビ餌を食べるめだかちゃん。
ビーたちも餌が欲しくてまわりをウロウロ。
けど、なかなかゲットできません。



アカヒレが来たおかげで無事にゲットできました♪




さんざんフレークフード食べたじゃない…
2008年04月24日

どこにいたの?


先々週末に45-Pのエビは全員ダックスに移したはずだったんですが。



1匹残ってたようで侘び草で溶けた葉っぱを一生懸命食べたました。
今度、みんなのところに移してあげるから待っててね~

低温にさらしちゃった子は、元気にしていますがまだ背中が赤っぽいまま。
治るのかしら??


2008年04月23日

装飾品?


一生懸命ガラスのコケを食べるイシマキさん





なんか色々ついちゃってますけど

2008年04月21日

稚魚がいた!


ハステータスの稚魚発見!どうやらまだ産まれたばかりのようです。

雄がしきりに求愛行動をとってるな~とは思ってましたが、単にオーロたちに刺激されて勝手に盛り上がってるだけだと思ってました。



雌のまるでその気がないような、素っ気ない態度。
だけど実は卵持ってたんですね~!


~必死な目つきになってる♂~


発見した稚魚は2匹。そのままどこかにまた隠れてしまいました。
前回は二ヶ月弱、繁殖モードでしたが今回はどうかな?これからまだ産まれるのかな?


2008年04月18日

キレイな赤と青


テトラオーロがビュンビュン闘っていても、マイペースなネオンちゃん。



二匹のネオンテトラには、かなり体格差があります。
手前の子はシュっとしてるけど奥の子はお腹パンパンでメタボ体型。



こうして写真で見るとさほどでもないように見えますが、実際に見ると倍ぐらい違うような気がします。
正面から見るとお腹の出具合がよくわかりますね~


~えーと、芋洗坂係長・・・?~


ネオンテトラって飼うまでは青と赤の小さくてキレイな魚というイメージだけで実際どんな顔をしてるのかも良く知りませんでした。
大きな水槽に群れで泳いでると、とってもキレイですよね。



でも二匹だけでも充分キレイだよなぁ
2008年04月17日

飼育一年、壁にぶつかる…


ハブロススのかわいいトコはなんといってもその動き。
一生懸命餌をさがすところとか、不器用そう泳ぎ方とか…




そしてやっぱりなんとなく仲間とつるんじゃうとこがカワイイですね。
一匹が前にでると他の子がつられて前にでて…
なんとなーく集まってなんとなーく解散する。カワイイ・・・・

不器用そうに泳ぐ姿を一度パリっと写真に収めたいんですが、じっとしててもいまいちピントが合いずらい色合いをしていまして…

ピントが合いづらいうえ、泳ぎが得意なハスと違って水中で静止してることがなく、偶然の一発も未だに撮れたことがありません。

ビュンビュン泳ぎまくってる♂オーロでも適当にパシャパシャ撮ってると、たまに偶然まともなのが撮れることもあるんだけどなぁ…


そんなハブロちゃんなんですが、動画には4匹しか映っていません。
実は先日1匹お亡くなりになってしまいました…
ハブロちゃんは「あれ?もしかして元気ない?」なんて思ったら、あっという間に逝ってしまう。。


今回は病気の症状が出て、ヒレに小さな穴と付け根のあたりが充血っぽくなってました。
前日まではモリモリ餌を食べてて注意して魚体を見てなかったので、すでになんらか体の症状は出てたのかも。気付かなくてごめんね・・・

しかも隔離にこれまた時間がかかってしまい、結構追いかけ回して体力を使わせてしまった…
なんとか隔離してグリーンF顆粒で薬浴を試みましたが、翌日には死亡。
具合悪いとこに私の不甲斐ない隔離→薬の刺激が追い打ちをかけてしまったような気がします。



熱帯魚飼育ではいかに病気を出さない良い環境作りをすることが大事というのが本当に身にしみます。
我が家の場合、底をメインに生活するハブロススばかり被害にあってるということは底砂に問題があるんだろうなと思うのですが。

一回全部洗った方が良いのか…でも、それって結構勇気がいるんですよね。
他の元気な子にもダメージ与えちゃいそうで…
一気に洗わず2~3週に分けて砂だけ吸い出してちょっとずつ洗ってみようかな?



なにもしなくてもいけないし、いじりすぎもいけない。いじって平気な度合いというのは飼育環境によって人それぞれ、水槽それぞれで。
こういうバランスの見極めが飼育初心者にとって非常に難しいとこなんですよね。



熱帯魚飼育を初めてそろそろ1年になりますが、これまで濾過器が壊れた!とか、ヒドラが出た!クサい藍藻が発生した!ヤゴがいた!など、悩ましいことは色々あったけど今回、私にとっての一番大きな壁かも。
2008年04月16日

ヒドラは?


そういえば前にヒドラが発生してしまったと書きましたが、いつの間にか消えてました。
特に何かしたわけじゃないんですが。大事にならなくってよかったけどれど。
でもどうしていなくなったんだろう?

めだかちゃん、何か知ってる?


2008年04月15日

ウロコも撮れた!


アカヒレが我が家にやってきたのは昨年3月。
1年以上いるのに、初めてまともな写真が撮れたかも!


~ウロコまで撮れた!~






アカヒレの泳ぎ方はスイーっとしててかっこいいけど、じっと静止することが少ないので写真を撮るのがすごく難しいです。


~ちょっと暴力的だけどキレイです~

2008年04月14日

食べちゃ嫌っ


藻が生えちゃったイシマキさん。



ラムズくんに藻を食べてもらってるの?



・・・・・・・



まさか中身食べようとしてないよね…?



よかったね

2008年04月13日

大きくなったな~


毎日見てるとあんまり思わないけれど、3月10日に撮影した写真と比べたらあらビックリ!



こんなに成長してたのね~!
固体によって多少大きさは違えど、大きい子は2cmくらい。
ブリリアントオレンジとほとんど同じ大きさになりました。

オレンジちゃんたちといえば…


~うっとりするようなキレイなオレンジ色~


~惜しい!あと1匹で全員集合なのに~


オレンジちゃんたちが小さすぎるのかな?最初の頃とほとんど大きさが変わってないような…
脱皮の殻しか食べれなくて栄養が足りてなかったらどうしよう!?



大人しいのか肝がすわってるのか良くわからない・・・


先々週、低温にさらしてしまい45-Pから移動してきた子もすっかり元気になりました!ちゃんと生きてます!
45-Pに残ってた子も本日、無事ダックスに移し終えました。
でもすぐに隠れてしまった…大丈夫かしら?


2008年04月12日

まだまだ続く求愛バトル


先日入れた新しい侘び草は、葉を落とすものあり、溶けるものあり、新芽を出すものあり、ちょっとずつ変化していますがまだまだボリューム満点なので、すっかりテトラオーロのラブホテル化してます。



新入りオーロ4匹は相変わらず先住♀オーロを巡って毎日大バトル。
5匹いた中の1匹はヒレも短いしバトルに参加しないのでやっぱり♀のようです。

オーロの交尾は♂が水草などの物陰に誘って、♀はOKだと物陰に入っていき♂が上に重なるようにして行われてるみたいです。



なので侘び草の中に入って呑気に餌を探してるハステータスなんかはOKした♀に間違われてよく上からグイグイ押されたり、のしかかられてたりしてるんですが…
背びれの棘とかどうなってるんでしょう?刺さったりしないのかなぁ?ハスはコリの中でも特殊だし、その辺の体の作りは大丈夫になってるんでしょうかねぇ?

今のところオーロは怪我をするということも特にないけど、我が家のハスは若くないので出来ればあんまり刺激しないでほしいなぁと思うのでした。


2008年04月10日

隠れてるの?




きゅんっ

2008年04月08日

ラムズの卵


ゼリー状の物質にいっぱい詰まった卵・・・



スポイトで吸ったぐらいじゃビクともしません。
爪でガリっと剥がします。ベリっとキレイに剥がれる瞬間はちょっと気持ちいい!



あの、あんまり産まないで下さいねっ!
2008年04月07日

やっちゃった!


先々週の土曜日のこと・・・



夕方に45-Pの掃除をした後、しばらくたってから掃除グッズを片付けようとしたそのとき、一旦流木を置いておいたプラケに赤茶の何かがくっついてる・・・?
・・・・・・エビだ!
やってしまいました…流木にビーシュリンプがついたまま水槽から出してしまった。

流木からしたたった水が若干あり、エビは生きてるものの背中がちょっと出てしまうくらいの水の量。
出した時間からすでに6~7時間は経過しており、かなり水が冷たくなっていました。
ストックしてあった500mlのペットボトルを半分切って移してみたら水はホントに少なく、多分100mlもなかったんじゃないかなぁと思います。

このまま水槽に入れてもかなりの勢いで水温は上がってしまいそうなので、とりあえず水槽上の蓋に置いて少しずつ温度が上がるようにして水槽に移すのは翌日に。



次の日に生きてるだろうかとおそるおそるペットボトルを覗いてみると、なんとか持ちこたえてくれてました!
45-Pは一度、抱卵ママさんが現れてくれたものの、その後ちょっとずつ大人エビが亡くなってきていて、ちょっとエビに辛い環境なのかもと思っていたので、一か八かでダックスに入れることに。

早く広い場所に移してあげたかったけど何せペットボトルの水量が少ないので、水槽に浮かせてかなり速度遅めの点滴で水合わせをしてダックスに放ちました。
しばらく見ていましたが足は動かしているけど、なんだかグッタリしてるようでその場所から全然動かず…
ちょっと覚悟していました。



だけど3日目になったらやっと歩いてるところを目撃。さらに餌も食べてました!

そして一週間後には、すっかり元気になったようで他の子と餌に奪い合いをするほどに復活!


~餌食べてます!~



~ヤマトとオレンジと一緒に餌を囲む~


なんだか背中のあたりはまだ赤っぽい気がしますが、もとからだったのかな?何回か脱皮したら治るかな?
けど、しんどかったろうなぁ…ごめんね。

今回は助かったものの、やはり45-Pはメンテの機会も多いし今いる残りの子もそのうちダックスに移動させてこっちにはもうエビを入れるのはもうやめよう…


~もうちょっと待っててね!~

2008年04月06日

失敗だけど



怪獣のようなネオンテトラの失敗ショット。





でもよくよく見てみると・・・・




テトラオーロに間違われて求愛されてるハステータスの姿が。

2008年04月04日

勝つのは誰!?



めずらしくラムズの子供と餌の取り合いをするオレンジちゃん



ビーの稚エビがやってきて思わず退いてしまいました。



今度はラムズとビーの取り合いが始まり・・・



ビーが勝利しました~

・・・・・がっ


すかさずデッカいヤマトくんが登場



あっさり餌を持ち逃げするのでした…



手も足もでぬ、こどもたち。
(貝に手と足があるのかよく分かりませんが…)



がんばれちびっ子!!!

2008年04月03日

テトラオーロ・スイッチオン!


いきなり元気になったオーロたちですが、翌日には元気すぎるというか…
なんかものすごい闘ってるんですけど~



激しすぎる・・・今までオーロ同士のケンカはちょっとボディアタックを一撃食らわす程度だったのに。

新入り5匹のうち1匹はヒレが短くて闘いにもあまり参加しないようです。
ケンカしてるのはみんな♂。
う~ん、、♂はこんなにも気性が荒いのか!?


~動きが激しすぎて・・・~


・・・と思ったら先住のデップリオーロと新入り♂オーロがなにやら水草の陰で怪しげな行動を…どうやら交尾してるみたいでした!
先住のオーロはただのデブじゃなく性成熟した♀だったんですね。
それで新人♂オーロたちに一気に繁殖モードのスイッチが入ってしまったようで♀を巡っての大バトルだったようです。

オーロの交尾は何度も行われてましたが、卵は???でした。
しっかり探したわけじゃないけどよくわからないまま。
成魚でも3cmほどの小さなオーロは、たとえ孵化したとしてもミジンコみたいな大きさなんだろうなあ。



今日も相変わらず♂同士は闘ってますが繁殖モードが終われば大人しくなってくれるのか…

ちなみに♂のハステータスもそれに刺激されたのか求愛行動をとってました…
♀は全然その気がない素振りでしたが。もう若くないんだから無理しないでってば~



そんなわけで長くなりましたが45-Pでは8匹のテトラオーロが元気に泳いでおります。
2008年04月01日

ビビリまくりのテトラオーロ


プラケに入ったオーロたちはとにかくビビリまくりで蓋に手をかけようとしただけで「ぎゃ~ころされるぅ~」と言わんばかりの大パニックぷり。
壁に激突するわジャンプするわで糞とりのスポイトを入れようものなら、あまりにビビリすぎて床で斜めになってグッタリしちゃったりして…


~傷だらけのプラケで写真が…~


このまま死んじゃったらどうしよう~なんて心配しましても数分後には5匹で普通に泳いでる…そしてプラケに近づくとまた大パニックという感じで。
餌を入れてもパニック状態になってると全然口にしなくなっちゃうので、とにかくパニックにならないようにそーっとそーっとものすご~い遅い動きで餌を入れるという作業はなかなか気をつかいました。


~この写真も数十枚撮った中でまだマトモなもの~


隠れ家を何か入れようかと思ったのですがパニックになったときに怪我しそうなのでなるべく外界が見えないように目隠しをしたりしてなんとか一週間。
前回テトラオーロの時はどうだったかなぁ?と考えてみたけど、その時は水あわせだけしてすぐに水槽に入れたのであんまり参考になりませんでした。

このままにしといたらストレスでプラケにいる間に弱ってしまうかもしれない、ということで一週はやいけど45-Pに入れることに。
45-Pなら温和な子ばかりだし、万が一先住オーロとぶつかっても水草の隠れ家があるので大丈夫だろうと。


~平和な風景~


水あわせはタッパに魚を移してタッパの水温が下がらないようプラケに浮かしながら固定して点滴方式にしています。
これだと多少水がこぼれても被害はでないし放っておけて楽なので我が家ではアカヒレでもエビでも皆同じ方式。

タッパーの中では相変わらずぐったりしてます。
そのうちだんだんタッパーにも慣れて泳ぎだしましたが、水を減らそうとするとまたパニック!はやいとこ広い場所で落ち着かせようといつもより早めでしたが水槽に放ったところ緊張で薄まってた尾びれのポイントもすぐに色が戻って隠れることもなく先住と一緒に元気に泳いでくれました♪よかった~



こっちに入った途端、水槽前で多少動いたって全然へっちゃら!嬉しいけどなんだ、このいきなりの変わり様は・・・
この頃休んでることが多くなったハステータスもつられて泳ぐ泳ぐ・・・
あの、もうあんまり若くないんだから無理しないで~



初日はこんな感じで先住オーロも新入りオーロもハステータスも入り混じって仲良く泳いでいましたが翌日になるとその風景は一変してしまいまして…
続きはまた明日に・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。