--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月31日

新入りオーロがやってきた


最初テトラオーロを5匹飼った時に1匹だけ、他の子と違う感じの子がいました。


~昨年7月、まだ我が家に来たばかり~


テトラオーロの♂は大人になるとグングンヒレが伸びてリボンのようになるということでこの1匹が♀であとは全員♂なのかな~なんて思ってました。
一匹だけ目立つのでシルバーちゃんなんてあだ名を付けてたりして。



しかしその後、ショップで他のテトラオーロを見ると我が家のオーロよりもはるかにヒレが長い子ばかり。
どうやら我が家の子はみんな♀だったようで…。
シルバーちゃんは1匹まだ子供だったのかも?

昨年、冬になるころに1匹が病死してしまい、もう1匹はヒーターとヒータカバーの間に挟まって死んでしまうという悲しい過去があり…
現在は3匹になってしまったのですが、それぞれ個性があってシルバーちゃんと後の2匹は同じような体型だけどヒレの先がちょっと白っぽい子と完全に透明な子という感じです。



3匹は大抵つるんでますが、つるみながらも一定距離から相手が近づくとボディアタックをくらわしたりして仲がいいんだか悪いんだか。
でも相手を追っかけまわすことはしないし(誰かが移動するとなんとなくみんな付いていくけど)餌の時もコリたちの後ろで流れてくる餌を待ってるという非常に平和主義。

威嚇といってもせいぜいこの程度。

※再生終了後にちょっと音でます


年明けくらいからもう3匹くらいお友達を増やしたいと思ってたのですがなかなか販売水槽にはいなくて…
先々週ついにヒレの長い子がいっぱいいるテトラオーロと巡り合えました♪
3匹と思ってたのにあんまりヒレがキレイなのでつい「5匹下さい!」と…


~先住乙女トリオ~


ウキウキで家に連れ帰り、まずはラムズがいる7Lのプラケで二週間ほど過ごしてもらうハズだったんですが…
その後の様子はまた次回に!
スポンサーサイト
2008年03月30日

歩くスピード


貝を飼ってみて思ったのは案外歩くが早いということ。

※再生終了後にちょっと音でます


器用にいろんなところによじ登れるし・・・


見てるとなかなか面白くてつい時間を忘れて眺めてしまいます。
2008年03月28日

イシマキさん


昨年9月頃に3匹お迎えして45-Pに2匹、ダックスに1匹入りました。


~口と触覚が案外かわいい!?~


ひっくり返るとなかなか自力で起き上がれす死んでしまうイシマキさん。
現在残っているのは45-Pに1匹だけ。
1匹になってからはひっくり返ってるとこを見てないのですが、自力で起き上がるのが得意な子なんでしょうか?




見えにくいけど貝殻にうっすらと緑の藻が生えてます。これは一体どうすればいいのかしら?
歯ブラシでゴシゴシこすっていいものなのか・・・良くわかりません。




浮き草に掴まろうとして浮き草ごと沈んじゃって焦ってたりして、なかなかお茶目です。
2008年03月26日

小さくても強気!



一生懸命体の掃除をするヤマトくん。





稚エビにつつかれて・・・





思わず場所をどいてしまいます。

2008年03月25日

5匹のハブロースス


二月の末にハブロススを3匹新たにお迎えしました。



・・・・がっ、!!!紹介する前に1匹亡くなってしまいました…
ショップではみんなとっても元気ですこぶる調子が良さそうでサイズも小さくない!2週間ほど7L程のプラケで元気に過ごしてもらったのち、45-Pの先住ハブロと合流したのですが…

その一週間程後に突然亡くなってしまいました。。。
特に様子がおかしいこともなかったし、餌もちゃんと食べていたので一体なぜ!?それとも調子の悪いサインを見逃していたのか…。
最初のハブロススも確か我が家にきて一ヶ月くらいで突然亡くなってしまい、ほんと不甲斐い飼い主で申し訳ない…。ごめんね。



こうなるとやはり45-Pのどこかに何か問題があるんじゃないかと思うのですが、他の子は元気なので要観察、要注意で様子見をしています。


そんなわけでハブロススは現在5匹になっています。
好き放題に5匹それぞれその辺を掘ってることもあれば、2対3で一緒にいたり。
でも仲のいい相手が決まってるわけではなく目についたハブロ同士が一緒にいるって感じのようです。


~おしあいへしあい~


5匹が集結するのはコリタブを投入したときくらいでしょうか。
2008年03月24日

今度はどうかな?


昨年の9月に買った侘び草は当初の面影はまるでなく・・・



色々生えてましたが、ショボショボと残ったのは見事に丈夫な若葉マークばかり。
ハイグロフィラポリスペルマばっかり成長してくれて右ゾーンに何本か移植しました。
グリーンロタラは最初ありませんでしたが後になってからじょじょに頭角を現してきました。でもヒョロヒョロしてキレイに育ちません。右ゾーンに移植した何本かは結構キレイです。光の当たり具合とかかな?

早々になくなったヘアーグラスが最近ちょっと復活しだしました。でもこれまたキレイには生えなくて汚らしい感じ…
奥の方に隠れてますがルドウィジアが一本。ダメにもならないけど育ちもしない。
周りに汚らしく巻き付けられたモスは自分でやりました。


~ハゲ山のようにだけど一応エビの住処になってます~


半年間で色々と表情をかえてくれてなかなか楽しい!
ショップに行くと気中で生き生き育ったキレイな侘び草が沢山あってついつい欲しくなっちゃいます。

先日つい、一個買ってしまいました。今ある侘び草から残った水草をカットして右ゾーンに植え直して新しい侘び草と置き換える予定ですが、とりあえずその作業の日までは空きスペースにドボンと入れてあります。
かなりボリュームのあるタイプを買ったのでなんだか一気にゴージャスになった気分♪


~なんだか水草水槽みたいだ~♪わーい~


臆病なテトラたちは、最初かなり警戒して流木の下に固まってなかなか出て来てくれませんでした。




~ネオンテトラのメタボちゃんもビビってます~


でも翌日には慣れてスペースが狭くなった分、手前で泳いでくれるようになりました。
コリたちも気に入って(?)くれて、よく葉っぱの中をくぐってます。



こんな感じで手前側で泳いだりほじったりしてくれます。



~がっしりした気中葉はハブロススのベットに…か、かわいいっ~


今回はどの葉っぱが残ってくれるのか、これからまたどんな表情を見せてくれるのか!?楽しみです♪
2008年03月23日

ヒドラが咲いた・・・・


でちゃいました・・・ヒドラ・・・



小さくて上手く撮れなかったけど、なんか触覚みたいのが出てます…

とりあえず二匹駆除しましたが、もっといっぱいいるんだろうか…?ぞお~
2008年03月21日

もう暑さ対策


我が家の設定水温は24℃です。
しかし先週末の夕方、ダックス水槽の水温計を見るとなんと27℃に!がーん
我が家は坂の途中にあり、西日が直撃するので夕方あたりに室温がグっと上がるんです。

しかもダックス水槽は水深が浅いのでちょっと室温が上がるとライト熱が加わりあっさりと水温が上がってしまいます…
そこで去年の夏にテトラのプラ水槽で使っていた冷却ファンを設置することに。



今年はビーもいるし、もっと暑くなるとこれだけではパワー不足なのでもうちょっと何か対策をしなければ。

週末水温が上がったダメージは特に見られず稚エビも元気でホっと一安心。


~ヤマトと餌の取り合いしてます~
小っちゃいのにたくましいねぇ。



~めずらしくブリリアントオレンジも集まってきました~


大人しいブリリアントオレンジは積極的に餌をとらないで足元のコケをひたすら食べてる事が多いです。
それと何故かよく誰かの脱皮殻を食べている事が多いです。カルシウム足りてないのかなぁ?弱ってないよね…?大人しいのでつい心配になってしまいます。

茶色の砂の上にいれば保護色なので天敵(メダカとか?)に見つかりにくくて安心できそうな気がするのですが、緑の水草につかまってたり黒いスポンジに張り付いてたり、目立つ場所にいます。



弱ってて判断力が鈍ってるわけじゃないよね…?自分がオレンジ色してることに気がついてない?目立ちたがり屋さん?←エビなのに?
まだまだ謎だらけ・・・
2008年03月19日

ハブロスス感動の再会?




まるで久しぶりに会って喜んで感動してハグしてるみたい!
毎日会ってるんですが・・・

それにしてもハブローススの動きは可愛いです。


~必死にコリタブを食べてて可愛い~



~後ろ姿も可愛い~


泳いでる姿も餌を捜してる姿もボーっとたたずんでる姿も寝てる姿も可愛い…
もうとにかく、何やってても可愛い。



ああ、可愛い
2008年03月18日

サイズの落とし穴


45-Pで使用しているライトはオークションで買ったマイナーメーカーのデスクライトです。



なかなか明るいしライトを付けたまま作業ができるので気に入ってます。
でも安物なのでアームの首がなんだかグラグラしてきちゃいました。

そこでそろそろ新しいものを買おうと思い、せっかくなのでアクア用をと買ったのが現在ダックスに設置してあるアクシーキュート450

両サイドを水槽の縁にひっかけるタイプで、ライト部分が可動式になってて使いやすそうだし見た目もなかなかいい感じ!
少々高いけど気に入ったので買ってしまえーと買ったはいいのですがとんだ落とし穴がありまして・・・


~パカっと開く可動式~


ライトを縁にかけるとガラス蓋が閉まらない!!!がーん
もしかしてアクアシステムの水槽じゃないとダメなの!?
水槽幅が同じでフチ無しならなんでも付けられるのかと思ってました・・・

そこでダックスに装着したら、かなりぎゅうぎゅうのギリギリでガラス蓋は閉まるけどライトを乗せたまま蓋を開け閉めすのはどうやっても無理。
いちいちライトを外さないといけないなんて可動式の意味がないではありませんか~


~デザインとか好きなのに…~


仕方ないのでガラス蓋をサンドペーパーで削ってます。
でも削るのって結構疲れるので一気にやらずにちょっとずつ日をかけて…。

途中あきらめてサイズオーダーで蓋買おうかとも思いました。でもそれもなんかねぇ…。蓋あるんだし。なので頑張りました。そしてもう少しで乗せたまま蓋が外せるくらいまで削りましたよ。
んも~腱鞘炎になりそうだよ・・・


~なんとか削ってこの隙間~


次回、何か買う時は必ずよく調べてから買おうと決意した出来事なのでした。
あ、ちなみに45-Pのデスクライトはグラグラの首をラックに針金で固定してそのまま使用してます。



せめてもうちょっとキレイに止め直そうと思ってはいるのですが、なんかずっとこのまんまにしちゃいそう…
2008年03月17日

レッドラムズホーン


先月、10匹のビーシュリンプと一緒に二匹のレッドラムズホーンをお迎えしていました。
繁殖力が旺盛な貝なのでそれぞれの水槽に一匹ずつ。

そのうち、水草やガラス面にゼリー状の塊が付いてまして…
ほ~これがラムズの卵か~。ちょっと気持ち悪いようなキレイなような…まぁ一匹しかいなから無精卵ね。なんて思いながら呑気に気が向いた時だけ剥がしていたんですが。



ある時気がつくと45-Pに、ちっちゃくて丸い粒のような貝があっちこっちに付いてる…
これはもしや・・・・???でもラムズの稚貝って見た事なかったし、色も薄透明というか赤に見えるような見えないような…。ほんとにラムズかなぁ?別の貝の卵が混入してそれが孵ったのかも、とも思ってました。

しかし段々大きくなってくると・・・・



しっかりレッドラムズです。すでに体調1cm近い子もいます。成長早いなぁ!
ショップで妊娠してたのか、我が家に連れ帰る際に袋の中でやっちゃってたのか…
よく分かりませんが、貝だらけ水槽になってしまったらどうしましょ。。



水質が弱酸性だと増えすぎないですが我が家は、ほぼ中性~アルカリ寄り。
今まで水質調整剤ってカルキ抜きぐらいしか使ったことが無いのですがもうちょっと貝が大きくなったらピートでも使ってみようかなぁと考え中です。
2008年03月15日

アカヒレのアピール


必死にヒレを開いてめだかを威嚇しています。


※再生終了後にちょっと音でます



だけど相手にしないめだかちゃん。




~猛アピール~




~開いてます~




~めいっぱい開いてます~




~スっとよけて大人の対応~

2008年03月13日

初代ヤマト・最後の一匹ちゃん


45-Pに1月末までいたヤマトヌマエビ。
いつの間にか姿を消し、先日水槽外で亡骸を発見・・・
このヤマトは昨年3月、4匹でやってきた中の最後の一匹ちゃんでした。

実は我が家に来て一ヶ月ほどの頃に一度死にかけたことがあるんです。
一旦は横に倒れて動けなくなるほどでしたが別水槽に移動したところなんと復活。

その後は5月にダックス→9月に45-Pへと水槽間引っ越しを乗り越えてくれ、コリタブを独り占めしたりハブロススを餌と間違えて運ぼうとしたり、色々ありましたが愛着があってカワイイヤツだったので非常に残念です。


パイプを登って外に出てっちゃったんですね。パイプ周りももっとガッチリガードすればよかった…悲しい。



そんなわけで45-Pには小さなピーシュリンプをお迎えしたのですが、ビーシュリンプも結構力もちでやっぱりコリタブを持ち逃げするんですね。
しかもこのところ45-Pのビーがぽつりぽつりとお亡くなりに…
抱卵してたママさんもどう見てもいません。



45-Pは餌が多いのか(未だに適量が分からない…)硝酸塩がたまるのも早く、藻も生えているので週1回6~7Lの水換えと底床1/3ほどをローテーションで掃除します。
ビーには辛い環境なのかなぁ?

そこで白羽の矢がたっているのが5匹のブリリアントオレンジシュリンプたち。
現在、ダックスにいますが大人しくてビーvs二代目ヤマトの餌とりバトルにも参戦せず足元のコケをひたすらもくもくと食べているという感じ。まさか弱ってるわけじゃないよね…?


~謎、多し~


エビの中ではけっこう丈夫とのふれこみですが、なにせまだ情報も少ないしウチの環境はどうだろう?
そのうちビーとオレンジをトレードしてみようかなと思うのですが、稚エビがいるダックスはあまりいじりたくありません。
稚エビちゃんたち、早く大きくなってね!


2008年03月12日

水槽買いの歴史


歴史というには大袈裟でありますが、最初の頃はどんな水槽がいいのかさっぱり分からず買ってもあまり気に入らず他のが欲しくなったりして、ちょいちょい新しくしてきました。
その度、アカヒレには特に苦労をかけたなぁ…。ごめんね。


~苦労かけてた頃~



2006年9月 1Lプラケ(メダカ稚魚)
2007年1月 GEX小型水槽セット+3Lプラケ二個
2007年2月 GEX→アクアシステムNR250
2007年3月 プラケ→テトラ小型プラ水槽セット
2007年5月 NR250→コトブキダックス45
2007年9月 ダックス45→ADAキューブガーデン45-P
2007年10月 テトラプラ水槽→ダックス45
現在にいたる


~テトラのプラ水槽~
使いやすい形でしたが、プラスチックなのですぐ傷だらけになりました


こんな感じでちょいちょい色々やってたので当然なかなか安定もせず…
コケといえば不安定の代名詞(?)茶コケばっかりで、初めて他の苔が出たときは、いっちょまえになれた感じでちょっと嬉しかったりしてました。


~昨年7月のダックス水槽~
エアーカーテンは気に入っていたのですが、
結構音がうるさいので現在はディフューザーでエアレーションをしています。



~昨年8月、テトラ水槽のめだかたち~
猛暑でした。ファンの近くで涼んでるの?


しかし最近は45-Pに、あのくっさーい藍藻がでてきちゃいまして…
水槽自体がにおってくるほど大量じゃないので見つけたらスポイトでチュっと吸っちゃいますが気がつくとまた水草のてっぺんにくっついてる!

きっとどこかに問題があるのだろうと思いつつ、大幅にいじりたくはないので、ちょっと水流を変えてみたりとかして少しずつ様子を見ています。


2008年03月11日

貫禄の泳ぎ


ネオンテトラのメタボちゃん。
我が家では一番でかいので泳ぎにも貫禄があります。

※再生終了後にちょっと音がでます



コリたちが掘り出した餌が流れてくると急に素早くなります…
2008年03月10日


まるで絵に描いたようなシマシマ。


まさにBee(蜂)ですね!




稚エビたちはちょっとずつ大きくなってきてますが、成長が遅いような…?



いっぱい食べて大きくなってね~
2008年03月09日

ネオンテトラ行方不明事件


熱帯魚すくい出身の二匹のネオンテトラは実は一回ずつ行方不明になったことがあるんです。
派手な体色のネオンテトラは大体どこにいてもすぐに目につきます。二匹しかいないし餌を入れれば飛んでくるので点呼をとるのは超カンタン。



しかし昨年の秋頃でしょうか。夕方、水槽の中にはネオンテトラの姿は一匹しか見えません。餌を入れても食べにくるのは一匹だけ・・・
これはおかしい!と水槽の中を目をこらしてもどこにもいません。もしや…外に飛び出した!?ということで水槽周りもくまなく捜索。しかしいない!どこにもいない!!
そもそもアカヒレがダイブして以来45-Pの隙間は厳重にしてあり、そうそう魚が飛び出せないようにしてあるんですが。



そこで徹底的に水槽の中を調べようと、流木を動かしたりスポンジフィルターやヒーターをずらして裏を覗いたり…それでもどこにもいない!?
朝に二匹ちゃんといることを確認していたのでわずか半日足らずで遺体がキレイに食べられてしまうのは、我が家の生態数ではとても考えられません。
完全に消えた・・・なぜ!?どうして!?と、思いましたね。

しかし、しばらくしてからふと水槽に目をやると・・・なんとビックリ!フラフラと泳いでるもう一匹のネオンテトラがいるではありませんか!?
「どこに行ってたの~!?(泣)」と、、、よく見ると体の周りにカビみたいなものが付いてるし、いつもはキレイなブルーのラインも色あせヒレもボロけてる、これはヤバいとあわててプラケに隔離。速攻で薬浴を開始しました。


~まだ小さくてみんな輪に入れてもらえないネオンちゃん~


正直、ダメかと思いました。まだ体も小さかったし、見た目もかなりボロボロで。
でも翌日にはカビ(?)もとれてなんだか泳ぎ方も元気だし食欲もありました。
一週間ちょいですっかり元気になり、無事に45-Pに戻れましたが、なんとその一ヶ月後くらいに今度はもう一匹の子が消えてしまったのです!
その後の捜索活動→薬浴は前回と全く同じ。

結局、どこにいたのかは未だに謎のままなんですが、水槽内の物を水から出さずにずらしながら捜していたので死角に逃げつつ後から出て来たって感じでしょうか。
どこかに挟まって暴れて怪我したのか、何か病気だったのかも不明のまま…
今ではすっかり元気な二匹ですが体格にかなり差があり一回り以上大きさが違います。


~体長も胴回りも倍以上?!~


小さい子も大きい子の食欲に負けないくらいよく食べるんですけどね。雌雄差でしょうかねぇ。

大きい子、通称メタボちゃんはこの行方不明事件の後遺症で未だに尾ビレがぱっくり切れたまま。



でも今では45-Pの中で一番の巨体になり、でっぷりとしたお腹に5cm近くありそうな体長。
この体で暴れたらビビリーなテトラオーロたちにはかなりの脅威になりそうですが先住をうやまってるのか、はたまた性格なのか、大人しくしてくれてます。


~大きくなっても一歩下がった位置で遠慮気味~

2008年03月06日

おねだり


犬猿の仲である我が家のアカヒレとめだか。
アカヒレの視界にめだかが入るとものすごい勢いで追い払います。
だけど餌の前だと仲良くおねだり。

※再生後ちょっと音がでます






~食後まだ食べたりないめだかちゃん~



アカヒレは泳ぎが速くてなかなか写真が撮れません。


~ボケてる上に後姿…~

2008年03月05日

やっぱり長生きしてほしいなぁ


ハステータスが我が家にやってきたのは昨年4月の末。


~昨年5月のハス。ピチピチヤング~


ということは、その頃生後2~3ヶ月だったとしてそろそろ1歳くらいでしょうか?
小さなハステータスは大体寿命が一年くらいと言われているようで、我が家でもそろそろ覚悟をしないといけないかなぁなんて思ってます。



もちろんウチの子は魚もエビも貝も(わいちゃった小ちゃいのはアレだけど…)みんな可愛くて大切だけどやっぱり人生で初めて飼った熱帯魚であるハステータスには、特に思い入れが強かったりしちゃいます。



最近は以前より食欲も減って来たし泳ぎ回るのも少なくなってきたように感じます。
特に繁殖活動をしていた3匹は、他の子と比べて見た目が老いてきてるような…
あれだけ激しい行動をするのだから老いが早くなるのも当然なんですが、それなのに一匹も稚魚を残せなかったのは我ながら不甲斐ないなぁと反省…


~昨年8月。我が家で生まれたチビめだかも元気でした~


そんなわけでこのところハステータスが一匹でも食事にでてこないと心配で心配で仕方ないのです。
以前から奥の方で寝てる子は餌を入れても気がつかないで出てこないなんてことはしょっちゅうで、そのうち気がつくといつの間にか出て来てるパターンでした。

しかしこの頃は一匹でも出てこないと奥で死んでるんじゃないかと心配になり、ついつい目をこらして姿を確認しないと気が済まないのですね。


~こういう場所で斜めになってたりすとかなり焦る~


だいたい水草の根元かスポンジフィルターの下でこっちにお尻を向けて寝てるだけなんですが…

寿命が短いのは飼う前から分かってたことだから覚悟しないといけないけど、いざその時期が近づくと・・・なかなか覚悟がつかないものですね。


~長生きしてね~

2008年03月03日

バランスの難しさ


ビーを飼う時にめだかアカヒレと同居なので隠れ家として一緒に買って来た竹炭ハウス。
いかにもエビが好きそうな感じだ~と思いましたが、我が家のエビたちはちっとも竹炭の中に入らない!
なんだかモスが汚らしくなってきたし、キレイなとこを流木にうつして撤去しちゃおうかな~なんて思ってた矢先、よくよく見ると稚エビが結構隠れてました~!



竹炭の中にも何匹が入ってるし、大人エビやブリリアントオレンジまで利用してくれて…もしかしていつの間にか人気スポットに…?



それにしてもダックス水槽はコケだらけになってきて見た目が汚いです。


~引き目だと多少まとも?~


水量が少ないのでちょっと掃除をしただけでなんだかバランスを崩しちゃいそうで…さすがに手前のガラス面はこすらないと観察すらできないので多少掃除しちゃいましたが奥と横はコケでエビの足場がでてます。


~へばりつくブリリアントオレンジ・ヒーターも汚い!~



体の大きなヤマトでもガラスに貼付けちゃいます!


~へばりつくヤマト~


なんかちっちゃい貝とかも涌いちゃったりしてます。
あまり手をかけなくてもキレイに維持できる水槽というのが理想だけど私にはまだまだ難しそう!?



稚エビは少し大きくなってきたせいか大分前に出てくてくれる様になりました。



最初に一匹見つけてから少しの間、一匹ずつしか確認できてなかったのでもしや生き残りはこの子だけ?とか思ってましたが、みんなモスの中とかに隠れてたのですね♪


~最近はこんなとこ歩いてたり。魚に見つからないようにね~


表面に出て来てる子で10匹くらい数えられたので、隠れてる子はもうちょっといるかな?



そういえば45-Pのママさんは、最近ちっとも見かけません…もしや?
いやいや、どこかに隠れてることを祈って・・・
2008年03月02日

混ざってます


ハステータスがテトラオーロのフリしてます。

※再生終了後にちょっと音がでます


オーロの間に入るとオーロ同士のいざこざ(というほどでもないけれど)に巻き込まれるのに、ついつい間に入ってしまうのはやはり本能なのでしょうか…!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。